« Wikipedia | トップページ | 共和制ローマ »

2006/04/08

Game Aid

新しくGame Aidのコーナーを作りました。
たいしたもんじゃないけど。

ゲームのサマリーなどを置く予定です。
とりあえず共和制ローマを作ってみましたが、これだけの可能性もあります。

|

« Wikipedia | トップページ | 共和制ローマ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

一部修正しました。バージョン1.1です。

投稿: buqbuq | 2006/04/08 22:48

なるほど。これが例会を休んでまで得た成果かwww

投稿: 坂戸某 | 2006/04/08 23:59

すいません、「共和制ローマ」のサマリーはどこで読めますか?
過去のゲーム記録のことでしょうか?

投稿: | 2008/05/07 09:52

旧ホームページで長い間掲載していたので、ブログ化した時にもういらないだろうと削除していました。

まぁ、ご要望があるようなので、トップページからダウンロードできるようにしました。buqbuqトップページへのリンクをたどってみてください。

投稿: buqbuq | 2008/05/07 18:54

和訳マニュアルだけではわかりにくいところがあったので、さっそくサマリーを読ませていただいてます。
ルールで2、3わからない所があるのですが質問させていただいてもよろしいでしょうか?

投稿: | 2008/05/09 18:26

最後にプレイしたのが数年前なので、お答えできるか分かりません→MUST ATTACK(ミクシィのようなSNSのウォーゲーム版)などで聞いてみたらどうでしょか?

もちろんここにアップしていただいてもかまいません。
私がわからなくても誰かがコメントしてくれるかもしれませんし。

投稿: buqbuq | 2008/05/09 22:41

 ではお言葉に甘えて2,3質問させていただきます。
①訴追についてですが、権益も持っておらず汚職もしていない潔白な議員についても訴追することはできるのですか?

②戦闘後の司令官の死亡チェックですが、敗戦(defeat)だと
無条件に即死、その他はすべて(勝利も含む)損失軍団分の
死亡チットを引くということでよろしいですか?

③死亡チットで「2枚引く」が出た場合、1枚ずつ引いてその内容を1枚ごとに確認するのですか? それとも2枚いっぺんに引いて確認するのですか?

④戦争の処理についてですが、例えばpunic warが2枚活性化しているのに、そのpunic warシリーズを完全に放置して、後に出た別の戦争を先に処理するというのは許されますか?
あとマニュアルに書いてある、第二次punic warの方から片付けてもよいが同じターンのうちに第一次も攻撃しなくてはいけないというのはその通りですか? 同シリーズなら第一次の方から先に
片付けないといけないということはないですか?

投稿: | 2008/05/10 23:00

和文ルール、英文ルール、リビングルールなどを見てみました。
周囲の皆様、適宜フォローお願いします。

(1)訴追には2種類<大訴追(#9.42)小訴追(#9.411)>あり、それぞれルールに条件が書いてあります。汚職の意味が良く分からないのですが、小訴追の場合、権益カードが無くても官職をもっていたら対象になります。職に就いていた=汚職という意味でしょうか。質問のお答えとしては、こうした条件を満たさない議員に対して訴追は出来ません。

(2)その解釈でよいと思います。

(3)ルールでは明確化されていませんので「決め」の問題だと思います。「two more chits are drawn」をどう解釈するかですね。一枚ずつとも同時にとも触れてませんが、個人的には同時引きが良いと思います。

(4)先に処理してもかまいません。逆にその制限がかかってしまうと、活性化した順番でしか戦争には対処できなくなってしまいます。ポエニ2、ポエニ1、スパルタクス、海賊の順でこのターンまでに4つの戦争が活性化していた場合、ポエニ2を片付けないと、海賊に対応できないことになってしまいます。活性化した戦争はすべて「今」起こっている戦争ですから、常識的にどれから対処しても良いはずです。議会で各方面軍を編成するために「まず手安い海賊を片付けたいと思います。4個軍を私にお預けください!」などとアピールするのがこのゲームの面白いところです。

 連鎖戦争については、例えばポエニ戦争のように1次と2次が有る場合、1次をまず片付けるのはもちろん可能です。1次を置いておいて、2次に先に対処する場合、その後同じターンに1次も攻撃する必要があります。これは、1次があっての2次という歴史性を維持するためだと思います。2次のみ対処して仮にそれをやっつけてしまった場合、1次だけがボード(ゲーム)上に残りますよね。こうなると、結果として、ローマは第2次ポエニ戦争を殲滅した後、第1次ポエニ戦争を殲滅する(予定)となってしまい、歴史上おかしな展開になってしまいます。ゲームバランスを考え、かならずしも、1→2の順でなくても良いけど2からやるのであれば2+1として同時に殲滅(というか、「出兵」ですね)した形にして欲しいということだと思います。
 2+1の順に同時に戦った場合、2次は殲滅したけど、1次は残ってしまうこともあります。ただこの場合、とりあえず1次にも出兵したわけだし、たまたま2次は片付いたが、1次とはまだ交戦中ということで、ゲームとしては許容されていると考えられます。
 実際のゲームでは、ポエニ戦争は1次の方が強力です。これは対応するのに大量の海軍が必要なためで、その準備に一苦労します。ポエニが連鎖した場合、通常は2次から攻撃することが多いと思いますし、実際そうならざるを得ないと思います。

 と、ここまで書いていて気づいたのですが、連鎖しなかった場合、個別に2次を殲滅してから1次を殲滅するという展開になるわけで、必ずしも歴史性の再現にはなってないですね。でもカード山からランダムに出てくる以上その場合は仕方ないということでしょう。

投稿: buqbuq | 2008/05/11 13:11

さっそく答えていただいてありがとうございます。
「汚職」は属州での個人収入のつもりでしたが、どうやらCALPURNIAN LAWなどを除けば訴追で追求されることはなさそうですね。
実は「共和制ローマ」のプレイ記録を拝見して「なんて面白そうなゲームなんだ!」と影響を受け
現在vassalでソロプレーを試せる程度のモジュールを作ろうとしてるところなのです。
遅々としてあまり進んでいませんが、この度は製作を進めるためにも参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: | 2008/05/11 20:16

最後の所の補足:リプレイを読み直してみたのですが、第一次ポエニ戦争のカードはもともとボードに配置しておくのね。したがって山札から「ポエニ2」が先に単独で出てくるって事はありえないのね。といいつつ、ルールなどを見直してるわけではないので、間違いがあるかもしれませんが・・・。

もし、東京近郊在住orアクセス可能の折には、プレイしましょう。声を掛けてください。私はゲームサークル坂戸か杉並ボードゲーム同好会に参加してます。共和制ローマなら、他に数人メンバーが集まると思います。

投稿: buqbuq | 2008/05/11 21:08

お誘いありがとうございます。
ただ関西在住なんですよね。
もし東京方面に行く機会があるかオンラインで対戦する機会があればお手合わせお願いします。

投稿: | 2008/05/13 23:06

ゲームルールについて、またいくつか質問してもよろしいでしょうか?

·死亡フェイズや疫病で死亡チットを引くときは「draw2」を適用しますが
その他の戦闘などで死亡チットを引くときも「draw2」を無視せず適用するのでしょうか?

·実際ゲームをしていると、ひとつの派閥に議員·属州·権益カードは最高で何枚ぐらい所持しますか?
vassalでモジュールを作っているので派閥deckのマス目をどれぐらいにしようか迷っています。
属州や権益カードは半分にずらして並べるようですが3×3(9枚)ではスペースが足りなくなりうるでしょうか?
3×4ぐらいは必要でしょうか?

·派閥資金の金額は基本的に秘匿されるようですが、実際のプレイでは厳密に秘匿されてるものなのでしょうか?
相手の資金額を把握することがゲームを左右したりしますか?

投稿: | 2008/05/24 00:08

いろいろと立て込んでいて返事が遅れました。

・ドロー2は適用していたような気がします。

・中期シナリオをプレイしたときのリプレイ記事を見ていただければ、結構写真があるので、何枚くらい並んでいるか見て取れると思います。

・資金は裏白の丸いカウンター(ユニット)です。通常はそれを裏返しておきます。数字はいろいろなので、枚数だけでは一応判断できないようにはなっています。

投稿: buqbuq | 2008/05/26 21:59

参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: | 2008/05/30 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Game Aid:

« Wikipedia | トップページ | 共和制ローマ »