« ジャガ参加(JAGA) | トップページ | 大丈夫なんでしょうか? »

2007/07/22

ゲームサークル坂戸in赤羽

今日は昼過ぎに赤羽に行ってゲーム会に参加。

まずは目当てだったコンバットコマンダー(GMT)をプレイ。
Dscn8260
ASL+UPFRONTとの触れ込みで注目してたものです。シナリオ1でドイツをプレイ。
押し寄せるソ連軍の前に崩壊かと思われたものの、白兵戦で勝機を見出し勝利。
カードプレイについてはアップフロントの方が好きだけど、戦力がユニット化されている点はアップフロントよりいいですね。グループの編成とか考えなくていいし。

百科審議官を1プレイはさんでフィギアゲームを。
Tide of iron (メーカーどこだ?FFGあたり?)
Dscn8262
発売当初21000円で売り出され度肝を抜いたものの、すぐに通販で1万以下で買えるらしいとの情報があり、別の意味で注目を浴びた作品。
こちらもコンバットコマンダーに似た感じのゲーム。ただし西部戦線のみを扱っているため、ドイツとアメリカしか出てこない。
練習シナリオでドイツを担当。アメリカが突破し勝利するのはかなり難しいと思った。

ルールも簡単で盛り上がる要素もあると思うので、次回にでも2対2で大掛かりなシナリオをわいわいとやりたいと思った。

おまけ~帰りの埼京線で。挟んでありました。
Dscn8263

|

« ジャガ参加(JAGA) | トップページ | 大丈夫なんでしょうか? »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

鋭い!
ToIはFFGだったような。(流石)
独ソ戦が出たら買いたくなりそうで、怖い。
『Asian Engulfed』が9月なのに・・・

投稿: トンデモブラウ | 2007/07/23 15:53

CCお疲れでした。
あそこまで押し込んで負けるとはアホでした。
百科審議官面白かったです。
ああいうのをゲームに仕立てちゃう人にはシビれます。

投稿: N村 | 2007/07/23 20:48

Tide of Ironは戦闘システムが良いですね。攻撃側が攻撃力の分だけさいころを振るのはまぁ、ふつうですが、防御側の修正を、ふつうはダイス修正などに使うところ、その分だけ攻撃側が一緒に赤ダイスを振り、出たヒットを相殺します。

ヒット差を求めるシステムのゲームは他にもありますが、攻撃側がすべて振るところが良いです。時間の短縮にもなりますし、斬新に思いました。

たしかに、東部戦線版は、近いうちに出そうですね。買うとすればそっちでしょうかね、やっぱ。

次回の坂戸8月5日かな?で2対2でビッグシナリオをやりたいと思います。主催者と私と、あと帝王がなんかやりたそうでした。これにN村さんで4人ですな。(あれ?N村さんはToIの話題には触れてないか。)

投稿: buqbuq | 2007/07/23 21:06

ワイワイやるのは楽しそうなので、お呼びとあらば出向きます。

ToIについては某氏の日記がらみで少々腐した記事を書きましたが、簡易な「6出ろシステム」でちゃんとWW2の歩兵戦ゲームになっているところは評価しております。

どっちが好きかというとCCの理不尽さの方が好きなんですけど。

投稿: N村 | 2007/07/23 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/15848255

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームサークル坂戸in赤羽:

» Combat Comander 三戦:07/22GCS [閑人工房]
某氏からプレイ希望が出たため、日曜日は Conbat Comander(GMT) [続きを読む]

受信: 2007/07/25 21:01

« ジャガ参加(JAGA) | トップページ | 大丈夫なんでしょうか? »