« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/21

7月例会:ゲームサークル坂戸

日曜はゲームサークル坂戸@赤羽へ。

Through the ages
P1070803
話題の文明ゲーム。古代から、中世、近代、現代と4つの時代を駆け巡るカードゲーム。膨大なカードに、時代ごとのキャラクターや、歴史建造物、イベントなどが盛りだくさんで、歴史好きな人は思わずにんまりしてしまう。

ただ、ゲームが届いて最初に思ったのは、コンポーネントが小さいこと。通常のウォーゲームの箱と同じサイズなので、カードもトレカサイズかと思っていたら、カタンの資源カードサイズなので、ちょっとがっかり。ゲームボードは単なるスコアトラックなので、こんなの付けなくていいから、トレカサイズにして欲しかった。スリーブにも入らないので、ぼろぼろになる予感も。最悪、カラー拡大コピーをしてトレカとともにスリーブに入れる手もあるが、枚数が多いので億劫だ。

ルールには初級、中級、上級とあるが、駒(マーカー)の扱い方が分かりにくく、やや難しい印象を受けた。マーカーには、人口(黄)と資源(青)とあるが、カードに配置されると、「それ」になる。ここがちょっと分かりにくかった。はじめは人なんだけど、カードに乗ることで、兵士になったり(これは分かるが)、神社になったり、農地になったりする。要するに黄駒は「人付きの施設 Something with man」なのか、な?うーん、とりあえず、カード右上のfarmとかtemple、arenaなんて書いてあるものになると解釈するのが良いと思います。

この日は中級ルールまで読んでから臨んだのですが、やはりゲームの展開が分かりにくいと思ったので、まずは初級ルールで3ターンやってみました。初級ルールでは、他プレイヤーを攻撃するアクションが無いので、箱庭作成ソロプレイゲームになります。これで流れをつかんだところで、中級ゲームをやってみました。

P1070804
農地と鉱山はしばらくは改良せず、積極的に神社や学府に人を送り、ポイントをチョコチョコゲット。騎士もいち早く取り、用兵カードでファランクスを構成。そこそこの武力を蓄えるも、植民地や新しい領土は損失がもったいなくてあまりビッドせず。リーダーはアリストテレスをとりました。

時代がAからI、そしてⅡまでと入ったあたりで時間切れ打ち切り。4時ごろから説明と初級プレイ3ターン込みで、8時まで、約4時間でした(4人プレイ)。中級ゲームではⅡデッキに入って1ターンくらいのところまで進みました。

(評価)松
最初はとっつきが悪かったのですが、慣れてくると、デザイナーの意図が見えてきます。「あ~、このカードはこれを表現している(したかったのね)」と、これがけっこうニヤリとさせられるもので、 歴史が好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

ただ、一般的なボードゲーマーにはちょっとヘビーかもしれません。時間もかかります。その意味では、長時間プレイを厭わないウォーゲーマーとプレイするのに適しているように思います。7agesのカード版というイメージを持っていましたが、文明の曙(シビライゼーション)あたりの影響ももちろんあると思います。もちろん、ユニットが基本的にはありませんので、いわゆるエリア獲得を目指すウォーゲームではありません。単に歴史フレーバーをカードで楽しむ・・・というところだけが7agesとの共通点です。
 このゲームの秀逸な点は、地図が無いこと。各自が独自の文明を発展させていくわけですが、すべてがリソース管理によるマネジメントで、そこにカードプレイが歴史フレーバーを加味していきます。やりこんでいくと、いろいろな発見がありそうで、その意味では7agesファンの人にもやってもらいたいところです。

カードスリーブに手ごろなものが無いので、カードはヘタリそうです。とくに、7agesと違って、途中の時代からはじめることが出来ないので、時代Aのカードはぼろぼろになるんじゃないかと心配です。Aカードだけでも拡大コピーしてスリーブに入れようかなぁ?


*ルール間違い
回り親(スタートプレイヤーを順に流してプレイ)でやりましたが、最初に決めたらあとはひたすらその順番でプレイするだけのようです。間違ってプレイしてました。第一ターンにポイントで差をつけてるんだから、あえて回り親にする意味がないと気づきました。

*****
終了後はみんなで、赤羽の大勝軒に行きました。スープがしょっぱく、麺が固かったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7月例会:JAGA参加

この週末は3連休。土、日と例会に参加。
まずは土曜日、目黒のジャガへ。

Race for the galaxy (Rio grande games)
P1070794 P1070796
ちょっと前の作品ですが、世界中で大評判&在庫切れで再販待ちとなって早半年というゲーム。プエルトリコをカード版にしたサンファンをさらに改良宇宙版にしたもので、私の記憶では、当初はGMTから出ていたような気がするんですが、これは気のせい?なんとかギャラクシーって別のゲームかな?ま、いいや。

個人的にはプエルトリコはまずまずいいゲームだと思っていますが、サンファンになってこれは猿ゲー間違いなし!と大いに期待したものの、プレイした感じではなんか盛り上がらなくて、イマイチの評価でおりました。

でもって、今回、このゲームをプレイする機会に恵まれたのですが、ルールを聞いていた段階で沸々と湧き起こる感情が!これは面白い!!ちょー傑作です。

このゲームをプレイしてサンファンのだめなところが見えてきました。私がサンファンでどうもなじめなかった、あえて言えばプエルトリコでも同じところが気に入らないのですが、「アクション選択」の方法がなんか違うと感じていました。場に展開されている職業を順に選択していく、、、、まぁテーマがテーマなのでしょうがないのですが、これがなんか好きになれない。一方、RftGでは、あらかじめプレイヤーが6アクションのカードを持っていて、好きな1枚をプロットできます。これにより、必ずやりたいアクションが選択できるメリットがうまれ、「取りたかったのに~」という悶々とした不満が生じません。

逆にプレイヤー間でアクション選択の邪魔が出来なくなるわけで、より多人数ソロプレイ感が強くなっていますが、個人的にはそれも好印象です。他人に邪魔されず、好き好きに箱庭を完成させていくことが出来ます。RftGでは、他のプレイヤーはタイムカウンターでしかありません。(と言い切ってしまおう。)
〔余談ですが、最近のゲームでは、「王への誓願」(さいころを使って箱庭(というか能力アップを繰り返す)をつくる感じ)にもちょっと似てるかなと思いました。もっともキャラクター取得は早い者勝ちなので、その点で言うとサンファンに近いかもしれませんが・・・。〕

つまり、このゲームは、いかに12枚(周)のカードを場に展開するかのスピードレースゲームであって、他のプレイヤーの展開状況はライバル車が今何週目を走っているかの指標にしか過ぎません。これに追いつかれないように、抜き出るように、カードを出し12枚出したらゴールとなります。

当然能力アップにはいろいろなコンボも生じますので、拡大生産系のゲームとしての面白さがあります。

RftGは、各所でリプレイやレビューが上がっていますが、カードに言語依存はないものの、アイコンの意味が慣れるまでは分かりにくいところがあるので、プレイ中はチャートと首っ引きになります。慣れると1ゲーム30分くらいで終わるそうなのですが、逆に、初プレイでゆっくりと時間を掛けて、1枚1枚のカードの価値を吟味し、どうやって使おうかとウンウン唸ってプレイするのもとても楽しいです。今回は初プレイなので、もちろんそういうプレイでしたが、むしろその方が面白いのでは?!というくらい楽しく、面白いゲームでした。

P1070797
ゲームは12枚のカードを展開できて勝利しました。何度もやってみたいと思わせるすばらしいゲームです。

(評価)松 これは買いですね。5~6月には再販するといっていたリオグランデ(メーカー)ですが、一向に沈黙。でもそろそろ売り出されるという噂もちらほら。


ケルト (コスモス社)
P1070799
2008年度ドイツゲーム大賞受賞作。無冠の帝王クニッツァが初受賞した作品ということでも注目を浴びてる作品。

いろいろなゲームの要素をミックスした感じはしますが、さすがに賞を取っただけのことはあるように思いました。近年の受賞作は、あまり難しすぎず、子供から大人までが一緒にプレイでき、1時間程度で終わる、コンポーネントが楽しげなゲーム、、、、という条件を考えるとまさにぴったり。

ベースとなっているのはクニッツァのロストシティです。よく言われてますが。あとサクソンのチョイスとか、Oさんに言わせると、36マジックコースのグリーンとかなんとかいろいろ、これは良く分かりません。

昨年の受賞作ズーロレット(コロレット系ゲーム)にも少し似ていて、あまり多くの色を展開すると苦しくなるし、また、はじめたからには、ある程度の枚数を出せないと失点を喰らってしまう、、、このあたりがチョイスに似てるかな、、、というまぁシステムとしては見たことのあるものですが、これをうまく、簡単で飽きが来ないファミリーボードゲームにまとめてあります。

このゲームの秀逸な点がもう一つ。ルールにも「重要」と書かれていますが、ゲームの終了条件の一つである、5つ目のマーカーがダークゾーンに入ったときに、そこにあるチップが取れない!こと。これがもう爆笑です。「なんだよ~」とがっくりきてゲームが終わります。そこが実に素晴らしい。この素晴らしさは、プレイしてみると分かります。

(評価)竹  佳作です。ゲーマーじゃない人と一緒にプレイするのにも良いと思います。乗車券なんかよりもルールが簡単だし、パーティーゲームとしておすすめです。値段が安ければ買ってもいいかなと思います。

*****

9月の伊東合宿の申し込みが始まっていましたので早速申し込みました。合宿には何を持っていこうか、最近いろいろとゲームを買っているので、あれこれと迷います。でもほんと、最近は良作のゲームがたくさん出ているので、なにやっても面白いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近購入したCD

P1070807
すべてディスクユニオンで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/18

最近購入したゲーム

Dscn8535

1 ずーっと購入を悩んでいたスルージエイジが訳付で売られていたのでつい購入。通勤時間などに少しずつルールを読んでいますが、アイコンの意味がいまひとつ分かりにくい。プレイヤーが行動したことは何でもVPに還元されうるので、理詰めで行くとかなり計算が必要なチマチマしたゲームに思えてきました。

2 イギリスのショップに頼んでいたゲームのうち一つが届く。ブラス。全部で3つのゲームを頼んだんだけど、一つのパッケージにすると重いらしく、3つに分けてくれた模様。包みには「2/3」とメモ書きが。1と3はいずこへ?でもって届いたのは良いんだけど、金曜の夜に受領しても週末のプレイには間に合いません。ルール読みきれんぞ。

3 今日は営業で新狭山へ。駅前のおもちゃ屋でみつけたデッドストック品。コスミックエンカウンター。とりあえず購入。

今日のところはこのくらいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/13

この週末

ここの所忙しくて残業続き&土日もイベントなどで勤務だったりして忙しかったわけですが、忙しいとかストレスたまると、世間の人はよくドカ食いしたり、あれこれと買い物をしてしまうなんてことをよく耳にします。私にはそんなことは経験無いなぁ~、と思っていたところ、あれこれとゲームが欲しくなり注文を乱発、なんとなくストレスが解消されたようなされないような、、、ということで土曜日に。

池袋でイベント(仕事)があり参加。
5時に終わって駅に向かって歩いていると「ゆるキャラ」発見。
P1070783
宮城県物産館がここにあったとは知りませんでした。でもってその店頭で「むすび丸」と写真取りませんか?と、良く分からない店頭デモの真っ最中。みんな携帯で写真を取っていました。
せっかくなのでお店に入り銘菓「萩の月」を購入。うまい。


家に帰るとドカドカと注文していたものが届いていました。
ちょっと前に買ったものもありますが。
P1070784
手前左は、ようやく入手できたピーパー。右手前はしびれるゲーム「ビネータ」。
他に、K林さんと以前杉並でやって面白かったコンドッティレリの第三版。初版をもっていたけど売ってしまったやつですが、コンポーネントが小さくなり、新しいカードも追加されておりより面白くなっていました。で購入。
後ろの麻雀マットは、4分割で収納できるやつで池袋のハンズで購入。Wさんがピーパーをプレイするときに持ってきていたものでロール式のと違って持ち運びが可能なタイプ。
他に、テラノバとフィヨルドはパズル系(囲碁系?)の快作?

でもって、現在、国内ショップにあと1点注文を出していて、イギリスのお店にも3点、それと別にイギリス人個人から購入し、すでに発送されている(今頃船に揺られている)ゲームが1点、数ヶ月以内に我が家に届く予定です。

買ったところで満足してしまうので、ちゃんとプレイするのか不安ですが、9月に合宿があるので、それに期待だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/06

杉並ボードゲーム(7/6)

昼過ぎに荻窪の会場へ。ゲームマーケットなどで購入したもののプレイしていなかった軽めのゲームをいくつか持ち込みました。


フライングカーペット
P1070757
 ラベンスバーガー社の往年の作品。10年位前にHさんの家で一度プレイした記憶がある。先日のジャガゲーム放出大会にて売れ残っていて、100円じゃんけんで勝ち購入したもの。空き時間に軽く3人でプレイ。
 ゲームが初めての人なんかと遊ぶのには良いかなと思って、一応キープしたゲームではあるが、まぁベテランゲーマーがプレイしてもそこそこ面白いゲームにはなっている。ゲーム終盤、一発逆転を狙ってイベントマスに入り、「位置交換」を出しそのまま逃げ切り勝利。うーん、なんだかなぁ。10年に一度くらいやれれば良いかなという感じ。一般人とゲームをやる際には良いかもしれないが、他にも楽しいゲームは多々あるので、これである必要は無いかなと。来年のゲームマーケットに出すか。放出候補。

評価(梅)悪くは無いといった感じです。



ビネータ
P1070761
 メビウス便の新作。数年前に、「エスケープフロムアトランティス」という立体フィギアを使った脱出ゲームがあったような気がするが(タコとかサメとかが出てきたような・・・)、それに似ていて、島タイルがどんどん洪水で沈んでいく(取り外していく)ゲーム。
 見た目はパッとしないゲームだが、これがびっくりの拾い物!チョー面白い。「コンドッティレリ」のように勢力カードを投入したり、また、カードで「エルグランデ」のように駒を動かす要素があったりと、どこかありがちなシステムながら、面白いエッセンスをうまく取り込んでいる。誰がどの色かわからないブラフの要素もあり、ゲーム中はもうしびれっぱなし!言語依存は無く、カードのイラストも分かりやすい。ハラハラどきどきのカードプレイが最高です。カードプレイの感じは、GMTより最近出たパシフィックタイフーン(≒AHのアトランティックストーム)にも似ています。

評価(松)しびれるゲームです。



ダージリン
P1070765
 正月に草場亭ゲームパーティでプレイし気に入って購入していたもの。インドの形に並べたタイル(紅茶タイル)の上を動き回り、取ったタイルを組み合わせることで紅茶を出荷し、得点を稼ぐ。大量出荷作戦の威力が強いイメージがあり、プレイヤーがゲーム慣れしてきた中盤は積荷満載の船がどんどん作られた。ここで得点を伸ばしたプレイヤーが多かったものの、前半いち早く大量点を稼いでいたM川氏がそのまま逃げ切って勝利。思っていたよりも得点の伸びが凄いので、意外と早くゲームが終わります。

 評価(松)大量出荷できると気持ちいいんだよね~。ボードがやたらでかいくせに、スコアリングボードでしかないところがいけてません。半分に切っちゃおうかなぁ。でも売るときに価値が下がるからなぁ、と決断できず。っておい、売るのかよ。いや、ゲームの好き・飽きって分からないからね。



ホリデイAG
P1070767
 これまた往年の名作で、かつ、ジャガゲーム放出イベント売れ残り品100円じゃんけんで勝ち購入したもので、10年位前にTさんの家で一度プレイしたことがあるだけという、先のフライングカーペットとまったく同じようないわれ(私にとって)の一品。
 アクワイヤにも似ていると言われているゲームですが、7並べ+フリンケピンケという評価も見たことがあります。
 確かにゲームはそれらゲームに似た要素を持っています。初プレイ時にはそれほど面白さを感じていなかった記憶があるのですが、今回プレイしてみたら、これまたチョー面白かったです。ベースは7並べですからシンプルだし、言語依存も無いと言えますので、初心者でも楽しめます。狙っていた2連続の都市があったのですが、あと一枚出れば10以上の連鎖(旅行ブーム発生!)が出来るので、出さずに我慢していたところ、他の旅行会社の列で先に旅行ブームを作られてしまいゲームエンド。いまひとつ得点が伸びませんでした。

 評価(松)これは傑作ですね。ルールもシンプルだし、繰り返し遊びたいと思いました。



Tinners' Trail (Warfrog)
P1070771
 邦題は良く分かりませんが、ビジネスゲームの第一人者マーチンウォレスの最新作?
 半島状の地形を舞台に鉱山ビジネスを行うものです。各エリアを競りで入手し、銅と錫を堀り出します。ボード上から自分の手元に産物を持ってくる(採掘する)と、地下水が発生します。これが次に掘る時のコストに加算されるので、あれやこれやの手を使って水を抜く作業も行います。水を抜くアクションも大事ですが、産物が枯渇しないようにと増やすアクションも必要だしと、まぁそういうゲームです。
 ゲーム序盤は展開が良く分からず、つまらないゲームだと思っていましたが、最終ターン近くになってだんだんと面白さが分かってきました。結局、水を抜くなどのアクションには選べる回数に限りがあるので、毎ターン後半は、なるようにしかならない感じになります。逆にそれがゲームスピードをアップしているとも言えるし、こなれていれば1時間ほどで終わると思います。手順の進み方などは、ドラゴンイヤーのように、使用時間の逆順に行っていくなど、面白い要素が取り込まれており、なかなか良くできていると思いました。この時のプレイでは、最終ターンに銅の値段が最高の10(ダイス目が最高だった)となったおかげで、ビリをうろうろしていた私の得点がグンと伸び、2位に食い込めました。

 評価(竹)もうすこしやりこんでみたいと思わせるゲームでした。


 洪水沈没ゲームと、鉱山採掘ゲーム、ともに買ってもいいかなと思っています。プレイするたびにゲームって欲しくなっちゃうんだよなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最近購入したもの(CDヤフオク編)

ここ1週間ほど、ヤフオクで購入したCDです。
P1070774

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »