« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/31

ゲームサークル坂戸8/30-31

この週末はゲームサークル坂戸@赤羽の例会へ。

P1080092
土曜日の昼食を摂った国分寺のカレー屋でのひとコマ。
21エモン@藤子不二雄のゴンスケを思い出しました。

2時過ぎに会場に着いたら、周りはゲームに熱中しており、あぶれてしまったのでしばらくはゲーム雑誌などを読み過ごす。やおら「ピーパー」を5人で数回プレイ。これは写真有りません。

でもって、イエローストーンパーク。
P1080094
国内でも一部の人々の間で高評価なカードゲーム(絶版)。
6月中旬にBGGのマーケットで見つけ、イギリスのゲーマーから3ポンドで購入したもの。ちなみに送料は4ポンドだ。船便で2ヶ月かかって先日とどいたので持ち込みました。
ルールが分かればトランプでも出来るゲームです。手持ちカードを場に出していくのですが、3×3のゾーンに入らないカードを出すと枠外のカードをすべて引き取らなくてはいけません。(失点に繋がる。)我慢比べゲーム。
評価:(竹) まずまずのゲームですが、3回くらい続けてやったので少し飽きました。

初日の土曜日はこれだけ。

明けて日曜日。ここで大きな発見が!いつも赤羽に行くのに中央線を使って新宿周りで通っていたのですが、武蔵野線のほうが早いのでは?しかも座れるぞ!と思って試しに浦和周りで行って見たところ、確かに早い!ことを発見。こんどからはこちらを使おう。

フィルシーリッチ
P1080097
この日も到着は2時過ぎ。あぶれたFさんと二人でこれをプレイ。この日は大盛況でテーブルがフル稼働。仕方なく椅子の上にボードを広げてのプレイです。

オリジナルルールでは、税金のルールが強すぎるので、BGGで調べたバリアントルールをいくつか導入しました。
・税金「ダイス目=0」は同時に何個出ても払うのは1回(1個分)のみで良い。
・2~3人プレイでは、ぜいたく品の6と7(最安値の2つ)を取り除く。

このゲームの欠点は、税金のペナルティがきつすぎるのと、ぜいたく品を最初に買い占めることが出来るとあっさりゲームが終わってしまうことにありました。このバリアントルールで少しはまともなゲームになったと思います。
また、二人くらいの少人数のほうが、いろいろお店を出せるし、展開も速いので面白かったです。2~3人用のゲームといって良いと思います。

このあと、閉会近くになってから3人でもう1プレイしたのですが、そこでは以下のルールでやりました。

・税金ルールは上記と同じ。
・ぜいたく品はとりのぞかずすべてを使う。
・手番最後のフロア指定ダイスは2個振って、次の手番の人が好きな目を選べる。

このゲームのもう一つの欠点は、思い通りのフロアを選べないことです。この3つめのルールでいくぶんフラストレーションが軽減でき、思い通りの出展や収入の目算を計ることができるようになります。
3人プレイでも1時間ほどで終わりました。

評価(竹)まずまず面白いゲームになりました。元ゲームは大味のアメリカンゲームでしたが、上記のルールを盛り込み、2~3人でさくさくやればかなりイケルゲームだと思います。


アメリカンメガファウナ
P1080098 P1080100
Tさんの持込で、土曜日もプレイされていました。
続けて日曜日もメンバーを替えて始まりましたので参加しました。

アメリカ大陸を舞台に、原始動物がさまざまな環境の変化や外来種の脅威に耐えながら、新しい能力(DNA)を獲得し、進化成長を重ね、個体数を増やし勢力を拡大するゲームです。

私は4本足の哺乳類(カバ系の始祖)をもってプレイ。序盤からなかなか新DNAを獲得できず、古代種のまま時を重ね、ひ弱な存在を続けます。やがて進化した犬族のシマリスなどの他プレイヤーの生物にやっつけられ全滅してしまいます。圧倒的な敗戦ムードの中、アジアから進入してきた最強の外来種「ホモサピエンス!」に生まれ変わり、アラスカにて繁殖を試みますが、そこに立ちはだかるは人間より大きいシマリス!!勢力を拡大しようにも進路上に立ちはだかっており、戦っても勝てないので、動くに動けず手詰まり状態。そんなところでゲーム終了。得点は人間一人生き残った1点のみ。完敗。

評価(竹)能力を表すアルファベットがいくつもあり、ゲーム中何度もこの数を見比べます。これが大変。パズルチックで頭が混乱します。確かにゲーム自体はまぁ面白い要素はあると思いますが、プレイはちょっと大変ですね。英語も生物用語のオンパレードなので、動物・生物進化萌え~の方はたまらんかもしれませんが、辞書や下調べ無しにはなんのことやら訳わかめです。ゲームはたくさんの山札のうち5分の1位しか使用しないのでゲームごとに展開が変わります。プレイはおよそ4時間ほど。半日弱で終わりますので、中量級のゲームといえます。ボードも含めて日本語化すると親しみがわくかも。あとユニットが二つ折りの紙相撲みたいな感じなのがちょっとなぁ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/08/30

広島旅行記

8月22日~24日にかけて広島出張に行ってきました。

仕事以外の時間に観光をしてきたのですが、ま、私の場合には、ゲームショップ、ジャズ喫茶、グルメ、、、くらいなもんですからたかが知れてますけど。

写真がそこそこあるので、別のページにレポートをまとめました。
(ブログだと写真を1枚1枚アップしなくてはならないので、枚数が多いときには通常のホームページのフォーマットを使っています。)

広島旅行記はこちらから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/18

杉並ボードゲーム(8/17)

 杉並の8月例会に参加。会場には10時半過ぎに到着。すでにその時点で1846(5人プレイ)、ASL、ウィザードキングス(5人プレイ)がプレイされていました。みんな早い!

P1070982
 話題のチャイナ(DG)。往年のブリタニアシステムで中国の秦王朝から国共内戦(毛沢東と蒋介石)までを扱った壮大な中国史ゲーム。昼過ぎにプレイヤーが集まりゲームが開始、夕方には24ターンまで行き無事終了してました。カードがタロットカード級の大きさなのはグッドですが、ディシジョンらしい「イケテナイ」グラフィックがあちょ~です。個人的には同システムのマハラジャをもっているので、まぁいいやって感じですが、プレイは盛り上がっていました。

P1070983
レースフォーザギャラクシー
到着時2人であまっていたので、これをプレイ。先日ようやく購入することが出来ました。で、早速スリーブにカード訳の切抜きを入れ持ち込みました。
2人プレイのノーマルルールでプレイしたのですが、1ターンあたりのアクションが双方の一つずつなので、あまり変化が無く、単調な感じで進み、12枚のカードを出したところで終了。2人でやるときは拡張ルールの1手番に2アクション選択の方が面白そうですね。あまり盛り上がらずに終わりました。
評価(竹)そんなわけで、評価がちょっと下がりました。慣れてくると、割と普通のゲームかなと思えてきました。


P1070989
ブラス BRASS / Warfrog社
最近人気のマーチンワレス作のマネジメントゲーム。先日イギリスのショップに3つのゲームを注文してなぜか先にこれだけ届いたのでルールを読み込み、ようやく初プレイ。あとの2つ(アグリコラ、ティンナーズトレイル)はまだ家に届きません。(涙)

各地でレポートがすでに上がっていますが、評判になるだけのことはある面白いゲームです。ただ、かなり難しく重厚なゲームだと思いました。蒸気の時代と同じかそれ以上かもしれません。経験者がいたのでインストしてもらっての4人プレイ。序盤は何をしていいのか良く分からなかったので、プレイヤーガイドに出ていた「紡績工場と港を作って収益を上げることからはじめてみよう」とのアドバイスに従ってみました。

そのほかに、炭鉱、製鉄所、造船所などを作れるのですが、ゲーム展開に応じて、それぞれにメリットがあるので、盤上の変化を楽しみつつ、どれを建てようかと悩みながらゲームが進んでいきます。写真はゲーム終了時の様子。私は緑プレイヤーで2位でした。勝ったのは経験者のM川氏(赤)。序盤に開発を繰り返し、技術レベル2の建築物をいち早く盤上に展開したので、赤タイルが数多く残っています。運河時代に立てた2レベルの建物は、2回決算が出来るので、事実上額面の2倍のVPをたたき出します。場所を押さえておける効果もあるので、後半の鉄道期での勢力拡大も楽になります。このあたりが基本戦略なのかなとおぼろげながら見えてきたような気がします。

ま、この日のプレイは初めてということもあり、弱小建築物の小さい収益効果からじっくり楽しむこととしましたので、あまり開発はしない方針でやってみましたが、ま、そこそこの点数は取れたのでこうした戦略でもまずまずいけるのかもしれません。

評価(松)これまたしびれるゲームです。ちょ~面白い。ただちょっと難しい。


P1070990
ピーパー
重いセットとマットも持ち込みました。トランプゲーム大貧民のアレンジゲームですが、それを中国麻雀で使用するような牌を使ってプレイします。空いた時間に空いている人を誘って何回かプレイしました。評判はそこそこでしたが、これは中毒性のあるゲームです。写真はある回での私の牌。初手でストレートを出したところ。これを切られなかったので、12~15のストレートを出し、1のボム2で切って13を出して勝ちました。他プレイヤーはほとんど動けず。トランプでやるのと違い、スートが無いので、ストレートが出来まくります。この豪快さがたまりません。

評価(松)バカゲーだけど、クセになる面白さです。持ち運びが重いんだよね~。


会場では他に、大統領選(1960年)のゲームなどがプレイされていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/08/12

夏休みその2

 夏休みも中盤に差し掛かりましたが、月曜に千葉県は稲毛駅前のジャズ喫茶「Candy」に行ってきました。
 ここは、JBLのD66000という600万円する最新スピーカーを導入していることで知られています。以前から注目していて、ジャズ喫茶通で知人のIさんも行ったことがあるそうで、「ぜひ一度行くべきだ」と言われていましたが、中途半端に遠く、夏休みのこの機会にようやく行くことができました。

 大型スピーカーによる大音量ジャズ喫茶といえば、東のベイシー(岩手県)、西のブルーライツ(大阪)が双璧かと思いますが、かのベイシーの店主が66000は凄い!とノタマッタとか。かなりの評価がされているスピーカーです。かく言う私もオーディオショーで何度かその音を聞いたことはあるのですが、ジャズだけをたっぷり聞いたわけではありませんので、、、、というのも、たいていそういうところでは、ボーカル、クラシック、などが中心になるのだ、、、ま、期待しておりました。

P1070977 P1070979
 3時営業開始なので、実家で用を足したりしながらのんびりと稲毛へ。外見は普通の一軒屋です。入り口は2重扉になっていて、中に入るとカウンターに対するように66000がありました。店内は思っていたよりも狭く、ロストアンドファウンドとあまり変わらないかもしれません。

 とりあえずスピーカー正面の席に陣取りコーラーをオーダー。炭酸は辛口のジンジャエールしかないとのことなのでアイスコーヒーにチェンジ。ちょっとしたお菓子が付いて1000円と値段は高め。2杯目にコーヒーを頼んだら700円でした。2杯目はちょっと安い。

 音は、営業開始当初はまだアンプが温まっていないのかちょっとイメージとは違って取り立てて特色の無い音だと感じましたが、だんだんんと調子が出てきたのか徐々に迫力を感じる音になってきました。店主は1~2曲で次々とアルバムを替えてくれるので、いろいろなアルバムを聞くことが出来ました。カーラブレイ、キャノンボールアダレイ、ハンクジョーンズ、モンティアレキサンダー、オスカーピーターソン、チャールズミンガス、ロイヘインズなどなど。結局3時から5時半まで2時間半も滞在しました。リクエストも出来るようなので、一番最後にポールデスモンドのテイクファイブを1曲だけ。なぜか周りの客からは失笑が・・・・(そんな初心者っぽいのを頼むなよ、って感じでしょうか、たぶん。)この時点でお店には5~6人の客がいたのですが2~3人はトイレにいったり帰ったりしました。

 でもそんなバカにしたもんじゃないんですよ、この曲は。CMでおなじみですが、有名なテーマの後に延々とドラムソロが続きます。かつてブログにも書いたと思うのですが、オーディオショーで、この66000と600万円のレコードプレイヤーの組み合わせでテイクファイブがかかりまして、びっくり仰天。ドラムの凄さにノックアウトされた思い出がありましたので、果たして、ここでもその感動を味わえるか?と大いに期待していたのです。

 余談ですが、翌年のオーディオショーで別のメーカーのスピーカーで同じくテイクファイブがかかったのですが、今二つくらいでまったく別物でした。

 さて、キャンディでのテイクファイブですが、、、、うーん、だめでした。ダーン!ダダーン!と太鼓の音がカッ飛んでは来ませんでした。

 キャンディに行く前に、ネットでもいろいろと調べてみまして、行った人の感想なんかも参考にしたのですが、そこそこ音は出てるんだけど、なぜか感動しないとありました。その後、隣の西千葉駅すぐにあるビリーズバーというお店で聴いたジャズが良かった、、、とあったので、6時ごろ行ってみました。

P1070980
一応6時開店なのですが、開く気配なしだったので写真だけとって退散。店のシャッターがレッドガーランドのグルービーになっているのがイケています。

P1070981
ジャズ喫茶に行った後は、必ずユニオンに寄って、CD漁り。今回の戦利品です。 プレミア物(廃盤)をいくつか買ったのでちょっと高くつきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/08/10

夏休み

昨日から水曜まで夏休みです。

というわけで、土曜はまず、市営プールへ。小平市民として初のプール利用。東部公園の流れるプールで流れてきました。

日曜(今日)は、新百合ヶ丘のジャズ喫茶ロストアンドファウンド(Lost and found)に行って来ました。もう一年ぶりくらいになるんでしょうか、2回目です。ウッディでまとめられた店内で、実体感のあるサウンドを堪能してきました。なかなか良い音だと思います。お店の主人はファンキーで面白いです。あと椅子が座りやすい。カリモクのチェアです。吉祥寺のメグなんか音はいいけど、椅子がちゃちで座っていて疲れます。ジャズ喫茶は椅子が大事です。

明日は、千葉方面へ出没予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »