« ゲームサークル坂戸 7/26 | トップページ | 杉並ボードゲーム 8/9 »

2009/08/09

杉並ボードゲーム 8/8

この週末は杉並2日間。

まずは初日。

最近3rd editionが出版されるという噂が飛び交っているトワイライトストラグルを持参しプレイしました。

このゲームは発売当時に購入したものの、M崎さん所有のゲームで1度プレイしたきりで、マイセットは未プレイ状態で4~5年放って置かれていました。2006年に修正(2nd edition)カードデッキが発売され、それも購入したものの封を切っていない状態であり、かつカード和訳も公開されていないことから、とりあえず、初版(カード)セットでプレイしました。

対戦したFさんも私と同じではるか昔に1度プレイしたくらいの記憶しかないということで、まずはルール説明をゆっくりと1時間ほどかけてやりました。

私はソ連、Fさんがアメリカを担当します。

カードの内容を全く知らない状態なので、毎ターン、配られたカードをじっくり読み込んでからヘッドラインフェイズへ。ところが、外野がうるさい(爆)いいから黙ってろって感じで。

まぁ、よく言われることですが、ゲームプレイの当事者でない外野は、ルールの明確化など、質問されたことには答えてもいいが、聞いてもいないのに勝手に口出ししたりアドバイスしてはいけないのです。作戦を自分で考えるのが楽しいのに、楽しみを奪ってどうする。「カード見せて」って言う人も多いんですが、見てどうすんの?挙句の果てに「こりゃきつい」とか、余計なお世話だよ。まぁ、あと何度もプレイしてるのは分かるんだけど、早くゲームを終えるのが目的ではないので、「慣れればこのゲームは○時間で終わるよ。まだ△ターンなの?まだやってんの?」とか、何を急いでいるのか、何を主張したいのか意味が分かりません(爆)

と、まぁそんなことありながらゲームは進みます。

カードの内容を大体把握し、全体像をつかみたいと思っていたので、サドンデス(勝ち、負け)にはならないようにして、最終ターンまで持っていくことが今回の私の目的でした。じっくりとカードを読み込んでプレイしたので、最終ターンまで4時間ほどかかりました。つまり、全くの初心者とプレイしても、説明込みで最終ターンまでやって5時間ほどで出来ます。

P1090721
ゲーム終了時の様子(10ターン)
ターン終了時のデフコンレベルチェック時にVPがソ連側に振り切って終了しました。


評価(竹)まずまず面白かったです。ある理由があってこのゲームをずっと積読状態でプレイしていなかったのですが、GEEKでも評判が高いことや第3版が出ることなどもあって再チャレンジしたわけですが、佳作といえるのではないかと思いました。

で、ずーっと積読だった理由ですが、このゲームに対するかなり大きな不満があったからです。最初のプレイのときに感じたことなのですが、得点の高いアジアに両プレイヤーがエフォートを注ぎ込みだすと、どちらも引き下がれない状態になり、ある国(地域)にだけ影響力を足していくという「いたちごっこ」や「千日手」になってしまうことです。同様に、スコアリングカードを持っている側が、対象地域にポイントを集中投下することで、相手プレイヤーも対応せざるを得ず、全世界的な展望ではなく、個々の地域での体力勝負(鏡打ち)状態になり、興ざめしたことにあります。(リアリティはあるかもしれませんが、ゲームとして面白くありません。)幸か不幸か今回はその展開にならなかったので、(意図的にそうならないよう配慮していたこともありますが)初プレイ時に比べて楽しめました。

|

« ゲームサークル坂戸 7/26 | トップページ | 杉並ボードゲーム 8/9 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

私もプレイ機会のないまま、押入れの奥に。
ルール読んでまでやるのが面倒臭いという・・・今度教えてチョ。

投稿: トンデモブラウ | 2009/08/10 10:28

以前Fさんと杉並でプレイしたのは私なんですが、その時も外野が煩くてウンザリした覚えが……。
久しぶりでネガティブ話題ですいません。

投稿: N村 | 2009/08/10 12:38

ぜひ、やりましょう。

カードの内容を覚えていない(知らない)方が楽しめると思いますので、事前学習はしない方がいいと思います。毎ターン配られるカードにしびれることうけあいです。

2~3年たって、カード内容を忘れた頃にプレイするとまた新鮮。

投稿: buqbuq | 2009/08/10 12:38

ま、もう一つ不思議ネタを。

「いまどっちが勝ってるの?(誰が勝っているの?)」

これも、それを聞いてどうするの?ってかんじで、いつも心の中で独り言をブツブツと・・・。

特に「今」という途中経過を聞く意味がわかりません。
ゲームが終わって、仮にその人が逆転負けした場合に、「途中はよかったけどね」という慰めを聞いたためしがありません。ほんとに何の意味があるのか・・・。

投稿: buqbuq | 2009/08/10 12:44

 別にこのゲームやらないのは所有者の自由だけど、
「得点の高いアジアに両プレイヤーがエフォートを注ぎ込みだすと、どちらも引き下がれない状態になり、ある国(地域)にだけ影響力を足していくという「いたちごっこ」や「千日手」になってしまうことです。」
 とか、全然わかってないじゃんw

 素直に「今一やるきにならないから」やらなかったといいましょう。
 知らないものを知ってる振りするのは 恥を書きますよ。

投稿: 通りすがり | 2009/08/11 15:33

 今から5年前の初プレイ時のへタレプレイに対して、経験を積んだ目線から突っ込みを入れることに何の意味があるのでしょうか?(この業界では、昔から、経験者が初心者プレイに対して、聞いてもいないアドバイスをしたがるという悪しき風潮があります。経験者は聞かれた時にだけ答えるべきです。この一連のコメントにも出てくる「外野」問題と根は同じで、「おれはこんなに知ってるぞ」「おまえは分かっていない」という優越感に浸りたいだけではないでしょうか。)

 というわけで、何をおっしゃりたいのか良く分からないのですが、このゲームに不満を持ってはいけないのでしょうか?(通りすがりさんが、GMT関係者かデザイナーの親戚の方であればまだ分かりますが・・・。)

 ご希望どおり(?)に言い直すとすれば、

 一回目のプレイがとてもつまらなかったため、これはダメゲーだと思い、ずっと積読状態でした。ところが、GEEKでの評価が高いことや、このたび第3版が出るということで再チャレンジしたわけです。で、二回目のプレイでは、佳作だと思うようになりました。

 とでもなるでしょうか。(正直どうでもいいんですが。)


 なお、通りすがりさんが「わかっている」このゲームの姿(経験者の共通認識)については、書き込まないようにお願いします。それを探すのがゲームの楽しみであるとともに、それが分かった段階で、ある意味私とこのゲームの関係が終焉を迎えるからです。(最近このゲームのプレイ報告をネット上でさっぱり見かけないのは、ほとんどの方がそこまで行き着いてしまったからでしょう。)

 私はまだそこまで行ってませんので、今後のこのゲームの楽しみを奪わないようにお願いします。

投稿: buqbuq | 2009/08/12 10:00

やる気だけではゲームはできませんけどね。
解っているつもりがショボいプレイだったりするのが、このホビーの凄いところ。
個人的には、引きがほとんどのカード・ゲームを研究するというモチベーションが解りません。
麻雀で「ここで何切る?」的な問題をどうこうする趣味と一緒でしょうかね。
実践では無意味ですけど。
こういう人は将棋のような完全情報型ゲームでは無敵なんでしょうかね。
本音を言うと、ヘンテコなコメントが、ちょっと面白かった。

投稿: トンデモブラウ | 2009/08/13 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/45875325

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並ボードゲーム 8/8:

« ゲームサークル坂戸 7/26 | トップページ | 杉並ボードゲーム 8/9 »