« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/27

JAGA 9/26 坂戸 9/27

土曜はジャガ。

まずは草場さんに誘われて「エスカレーション」(写真なし)を4人で。
バースト系のカードゲーム。以前にもプレイしたことあり。軽いゲームですが、個人的にはイマイチかなぁ。

Maori
P1100219
続けて同メンバーでプレイ。中央に4×4で広がる全員共通の海からタイルを取ってきては、マイボードに配置していきます。島が徐々に出来ていく様子は楽しいです。
(評価)竹


ファイブシー
P1100222
このたび、20年ぶり?に復刻された国産カードゲーム「ファイブシー」の大会が行われ参加しました。Sさんの長男(小学生くらいかな?)に1回戦で敗戦。
(評価)竹 この新版では3人以上でもプレイできるようになったそうですが、2人プレイが抜群に面白いそうです。(2人でしかやってないので良く分かりませんが、ノリとしてはタキと同じです。)


テールズオブアラビアンナイト(旧版)
P1100224
最近復刻されたようなので、買おうかどうか迷っています。その前に自分で持ってる旧版のコピーを持参しプレイしました。もともとはe-bayで1万円ほどで入手したのですが、コンポーネントがしょぼかったので、ボードを作り直し、カードも拡大カラーコピーするなどしてプレイしやすくしたものです。その後、オリジナルは売却しましたので手元にはありません。

このゲームのキモであるパラグラフブックの英語が難しく、なかなかうまく状況を説明できないことが多々ありました。3人で2~3時間プレイしたところで打ち切り。20ポイント稼ぐところを10ポイントで勝利としましたがそれでも達成者は出ず。難航しました。

(評価)竹 面白いエピソードに出会うこともあるのですが、いかんせん英文が難しすぎます。書いてあることの半分くらいしか理解できません。あと、待ち時間が長くなるので3人くらいまでが限界かと思います。


ヴァルドラ
P1100226
アラビアンナイトをプレイした3人で。Oさんの持ち込み。ちょっと前のゲームですが、初プレイです。本のように置かれたカードをめくるところがなかなか面白いです。基本はお使いゲーム(材料を仕入れて目的地に持っていく)ですが、見た目の重厚さとは裏腹にあっさりとした軽いゲームです。なかなか面白かったです。
(評価)竹 何度かプレイしてみたいと思いました。



日曜は坂戸

テールズオブアラビアンナイト(新版)
P1100229
Tさん持参の新版を3人でプレイ。旧版と違い、ステータスは複数持てるのが基本ルールなので、混乱すると思ったのですが、幾つも持てるとしてプレイしてみました。

案の定英文が難しく、なかなか理解できないところも多かったのですが、豪華なコンポーネントはプレイしやすく、楽しめました。3人でプレイしてもダウンタイムを感じるので、このゲームの特性を理解し、のんびりと一日かけてプレイしても良いと思ってくれる人でないと厳しいかもしれません。帰宅後BGGの評価を見てみましたが、おおむね好評でした。ただし、評価の低い人も少ないながらいました。このゲームのダメな点として、運の要素が強すぎることが挙げられていました。パラグラフに対峙する際に、いくつかの選択肢があるのですが、選択する際の根拠が無く、良い結果になるのか悪いことが起こるのかは、完全ランダムなため、努力のしようがありません。例えば、武器を持っているからといって、戦闘を選択することがいいとは限らないのです。そういう不条理さを含めて雰囲気を楽しむゲームなのだとは思いますが、ゲームとしては確かに、首をかしげる部分はあると思います。
(評価)竹 豪華なコンポーネントにぐらっときていますが、旧版があるのでとりあえず購入は我慢しようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/09/23

MUGA 9/22

5連休のうち、一日だけゲーム会がありました。MUGA@吉祥寺です。


エンデバー
P1100208
先日プレイして面白かったので早速購入しました。
この日のプレイも5人で、皆いい感じで終盤を迎えたのですが、6ターン途中でテーブルが崩壊してノーコンテスト。急にガクンと来て駒が飛び散りました(笑)


詐欺師
P1100210
草場さん持参のカードゲーム。7人?だったかな。
カードでやるブラフ。アーカンサスブラフともちょっと違う。昔ゴールドジーバーが販促用?に作っていたカードブラフがあるのですが、それに似ているかも。でも0~7までと数字の範囲がでかいし、まぁお手軽に出来るゲームです。デザイナーはクニッツア。


スチールドライバー
P1100211
最近はシカゴエクスプレスと比べてしまうためか、評価が低かったのですが、いや~、やっぱり面白い面も持っていますね。この日のプレイは楽しめました。

このあと、新版のTales of the arabian nights を見せてもらい、マスター一人、プレイヤー2人のスタンダードゲームが始まったのですが、帰宅時間が迫ったいたため横で見学。

ウエストエンド版を数年前にe-bayで購入し、2~3年持っていたのですが、コンポーネントがしょぼく、ボードやカードをコピーして裏張りするなど見栄えとプレイアビリティを向上すべく工作しました。立派なものが出来たので本品は処分(売却) してはや数年。ここに来て豪華コンポーネントの新作が登場しました。これは買いだな!と思ったものの、旧版(のコピー)を持っているので(しかもここ数年プレイしていない)、もてあますかとも思ったりしています。久しぶりに今週末のゲーム例会(ジャガor坂戸)に持参してプレイしてみようと思います。面白かったら新版も買おうかなと。

余談ですが、所持していたゲームのコピーをつくり、後になってオリジナルが不用になったから売却したとしても、法的な問題は無いと考えますが、大丈夫かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/09/19

ヤフオク

8月末にヤフオクキャンペーンのお知らせが来て、9月の登録料がただになるというので、いまプレミアム会員になっているんですが、これで一応5000円以上の入札もできるようになりました。

不用ゲームもたまってきたので、久しぶりに売るかと思って、ゲームの写真を撮ったところで、いよいよアップしようかと思ったら、本人認証手続きというのが必要だとか。へー、しらんかった。昔は無かったよなぁ・・・。

1週間近くかかるらしいと知って、ひとまず断念。10月になったら月会費必要になっちゃうしなぁ・・・どうしようかと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/14

杉並ボードゲーム 9月13日

 今月の杉並は低調。午前中は4名、午後といっても夕方になってぼちぼちと人が増えてきました。


Heroes of th world (Sirius)
P1100148
バカゲーだよ、といわれ軽い気持ちで4人プレイ。しかしながら結構手堅いエリア獲得ゲームでした。歴史上の著名人がカードになっており、その特徴を生かした能力を持っていて、ヒストリアンには受けがいいかも。唯一の不満は駒。フィギアなのですが、あまり意味が無い。ウッドキューブかディスク(木製トークンの類)のほうが良いと思いました。

評価(松)個人的には気に入りました。傑作!だと思います。特にカードに書かれた数字を上から順番に解決するだけなので、ヒストリーオブザワールドは難しいという人でもプレイできます。簡単ながら、登場人物の能力になるほどと、うならせる(笑わせてもらえる)こともありますし、一見運の要素だらけですが、逆に地味で堅実なゲームとして取り組める面白さも含有しているように思いました。


Endeavor (Z-man games)
P1100150
最近の新作で注目度の高いゲーム。5人プレイ。先の「世界の英雄」が簡単なルールであったことから、続けてプレイしたこれは、ルールを聞いていてちょっと難しく感じました。ゲームボード上に散らばっているチップやカードを獲得し、「利益廃液」や「ゴア」のように、4つある自分の能力をこつこつ上げていったり、、「プエルトリコ」のような建物タイルをマイボードに建築します。建築は1ターンに皆1軒のみ。全7ターンなので、7軒しか建ちません。そしてそれらの能力を使ってボード上のチップやカードを集めていく・・・というスパイラルゲームです。

実際にやってみると、かなりガチガチの思考ゲームで、プエルトリコのように、定石や熟練プレイヤーが育ってしまい、うっかり初心者が入ると怒られてしまうような感じが・・・。いい意味でも、悪い意味でもプエルトリコ的で、はまる人もでると思います。最初のチップばら撒き以外は運の要素が無いので、18系など運の要素を極力排除したゲームの好きな方も面白く感じるかもしれません。

評価(松)これまた面白いと思いました。ゲームは惨敗でしたが。カードの取得が重要です。効果も大きいし。1~5まであるのですが、3前後の中くらいのカードをたくさん獲得し、安定した基盤を築くのがいいかなと感じました。

Kansas Pacific (Winsome games)
P1100156
今年のエッセンの新作その2。シカゴエクスプレスシリーズ最新作?カンサスパシフィックです。4人プレイ。6社で株は各6枚。マップ右端から起業し西を目指します。途中グラントラインを越えると追加のキューブ(線路)を購入することが出来、さらに西端まで到達すると「GO WEST」モードに突入し、莫大な利益を配当する会社になります。

6社のうち3社が西を目指し爆走したものの、それほど利益が上がらず、結局このシリーズ共通の法則である、「株の枚数の多いものが勝つ」どおりになりました。私は配当の大きい会社を独占営業していたのですが、株の枚数が少なく全然勝負になりませんでした。

評価(松)簡単で面白かったです。これをやるんならシカゴエクスプレスのほうが面白いから買いなさい、といわれ驚嘆。シカゴにはまったから、このシリーズを買い続けているのです。もちろん新作ですからテイストが若干違いますが、シリーズゲームとしてなかなかの作品だと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »