« God's Playground (Warfrog) | トップページ | MUGA 11/7 »

2009/10/25

ゲームサークル坂戸 10月25日

土・日と坂戸@赤羽でしたが、土曜日はゴッズプレイグラウンドのソロプレイを行いルール習得に励みました。でもって、日曜に参加。

God's Playground (Warfrog games)

まずはゴッズプレイグラウンドのゲーム概要を簡単に。

1400年~1700年のポーランドの歴史を体感するゲームでプレイは3人限定です。
各プレイヤーはポーランド貴族の1派を率い、ポーランド国内の勢力争いをしつつ、外敵にも当たらなければなりません。アバロンヒルの名作リパブリックオブローマ(共和制ローマ)に似た雰囲気のゲームです。

先に紹介したウエンズデイレールよりもさらにルール量が多く読み通すのは結構大変でした。というのも、ゲームはわずか4ターンですが、1ターンが16ものフェイズに分かれているのです。

ゲームは大まかに次の流れで構成されます。

1 収益フェイズ 自分の所有する領地によりお金をもらいます。

2 ポーランドは5つの地域と王への影響エリアの計6エリアあり、0~5までの数値が書かれた四角いブロックを秘密裏に配置します。(AHクレムリンやシグマファイルのような影響力プロットです。)配置後に公開し、数値分だけ自分の貴族駒(正方形チビキューブ)を配置します。王エリアで最高値だったものが、第一プレイヤーになります。また、王エリアに配置された影響力の合計(3プレイヤー分)により、このターンの国軍の戦力が決まります。

3 外敵イベントが発生します。5つの外敵のいくつかの戦力が増えます。

4 王エリア以外の5地域で最高数の貴族を持つプレイヤーは1駒を除去し、かわりに議会(ボード中央に丸が5つあるゾーン)に丸トークンを1つ置きます。(議会での発言力を1つ得ます=議員。)

5 領地を購入します。(得点に繋がりますが、外敵にやられやすく、守るのは大変です。)

6 各プレイヤーは8つの中から任意のアクションを行います。
7 もう一度任意のアクションを行います。アクションには、貴族駒を動かしたり、収益を得たり、外敵と和平交渉をしたり、などがあります。

8 軍隊を購入します。お金がかかるのと、駒に制限があるので、外敵を圧倒できるほどの強大な戦力は作れません。このあたりのバランスがしびれます。戦力はダイスを1つ振って、歩兵は56命中、騎兵は456命中、砲兵は味方戦力のダイス目+1です。

9 遠征。ポーランドの5つの地域にはそれぞれ対応する外敵があり、そこに攻めていくことが出来ます。先制攻撃により、外敵ゾーンに自駒を配置でき、この数が多いとVPになります。

10 外敵の攻撃。逆に敵が攻めてきます。この、攻めて、攻められてのところが面白いです。9遠征のところで何駒置くことが出来たか、外敵は基本戦力からその数を差し引いた数だけポーランド領内に侵攻してきます。ポーランドにいる戦力駒はここで一度反撃が出来ます。

11 ポーランド国軍が反撃を行います。王支配プレイヤーは1回無料で、また全プレイヤーは議員を1つ消費することで、国軍を使用することが出来ます。

12 ポーランド国内に勢力をもつ外敵(国軍をもってしても除去できなかったもの)が隣接エリアに浸透する可能性が有ります。

13 エリア内の外敵の数により、領地が外側のものから除去されていきます。

14 得点フェイズ。

まぁ、これを簡単にまとめますと、好きなエリアに自分の貴族駒をプロット配置し、その駒を消費しながらそこでさまざまなアクションを行って行きます。で、得点を得るためには、外敵を攻め敵地に駒を送り込むか、ポーランド領内に領地を建設する、の大きく2つあるのですが、領地がやられやすいので、守るためにも、また、敵地に攻めるためにも戦力を雇います。先に外敵に攻撃を仕掛け、その後反撃があり、最後に国軍の力を借りて抵抗します。それでもポーランド国内に侵攻し残ってしまった外敵駒は隣のエリアに広がることもあり、また、最後にその外敵の数だけ領地が破壊される、と、まぁこんな感じのものを4ターン繰り返します。

ルールはかなり難解で、一応このときもざっと4ターン、最後までプレイは出来たのですが、特に難しいのが、外敵であるハプスブルクとオットマン(トルコ)の特殊ルールであり、このときのプレイでも正しかったのかどうかは若干の疑問が残ります。オットマンは3ターン目に、ポーランドではなくハプスブルクに侵攻(歴史上あったウィーン攻囲を表しています。)するのですが、その際の駒の扱い、次ターンに持ち越す駒はどれなのか、ケースにより色々考えられるのですが、例示が少ないのと、肝心なところが「あとは敵の攻撃フェイズと同じ手順です」などと、曖昧な指示になっており、「敵の攻撃フェイズ」で説明される一般的な状況とは違う環境が故に生じるこまごました例外事項についての説明が非常に分かりにくくなっています。

おそらく、現行のルールブックでは、日本のゲームショップでは和訳は作れないと思います。エラッタや明確化が発表されない限り、このルールを訳せる人はいないと思います。丁寧に直訳してやれば体裁は整いますが、ルールの整合性が不明な箇所がでることでしょう。


第1ターンの様子
P1100266
私は白だったのですが、赤プレイヤーと青プレイヤーが同じエリアに固めて領地(丸トークン)を購入しています。私は分散したのですが、結果的に良くなかったようです。


第2ターン
P1100267




第3ターン
P1100269


第4ターン(最終ターン)
P1100270



ゲーム終了時の様子
P1100272
図右の方に黒い駒がたくさんありますが、これは外敵プロイセンです。結局このエリアはなすがままにやられてしまい、領地は残らず、敵駒も多数という状況です。

評価(竹)なかなか重厚なゲームです。5つの外敵それぞれに個性があり、戦いもサイコロ勝負で白熱するなど面白い要素が多々ある佳作です。ハプスブルクとオットマンのルール解釈さえ分かれば、ゲーム自体はさくさく進みます。どちらかといえばウォーゲーマーに受けるテイストのゲームなので、ファミリーゲーマーには向かないかもしれません。ルールの明確化が直にBGGなどでも行われると思いますので、(現時点では公式発表が無いためBGGでも議論中)それを待って、正しいルールで何度かやってみたいと思っています。



ボードゲームリンク付録ゲーム

マーチャントギルド
P1100277
先ごろ創刊された、ゲーム雑誌付録ゲーム。
材料を集めて特殊効果のある建物を購入し、その能力を使用してさらに有利にゲームを進めていく・・・というドイツゲームのエッセンスを盛り込んだ今風?のゲーム。ただし、かなり簡単で軽いテイストに仕上げているので、この手のゲームをやったことが無い人に、ドイツゲームっていうのは、こういう感じなんだよ、と説明するにちょうどいいかも。

評価(梅)とはいえ、買ってまでプレイしたいとまでは思えませんでした。かなり簡単で軽いゲームなので、そういうのが好きな人にはいいと思います。私は、もう少しヘビーなほうが好みなので。カードゲームといってもいいくらいの、軽いテイストです。一般受けはすると思います。

Sector41(セクター41)
P1100280
時間が有ったので、これもプレイしてみました。タイルには色々な惑星?や宇宙ネタが書かれており、特殊効果があります。要は、数字の書かれた星に行ってチップを獲得し、母船に持ち帰ればよいというだけのゲームですが、タイルには連続移動できるものが数多くあり、一手番で驚くような移動が出来ることがあります。パズルチックなゲームなので、好みが分かれるところですが、私は面白く感じました。ただし、惑星の絵を見てもどんな効果があるのか覚えきれず、チャートと首っ引きだったので、インデックスを作りタイルに張るなどしないと、プレイアビリティの面では大幅にマイナスで、クソゲーよばわりされうるゲームでもあります。持ち主がプレイ後にげんなりしていたので格安で譲ってもらいました。なんかシドサクソン作っぽい感じもします。

評価(竹)タイルに直接説明を書いたシールなどを貼ろうと思っています。

|

« God's Playground (Warfrog) | トップページ | MUGA 11/7 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/46583151

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームサークル坂戸 10月25日:

« God's Playground (Warfrog) | トップページ | MUGA 11/7 »