« ラストトレイントゥウェンズレイデールのファーストインプレッション | トップページ | God's Playground (Warfrog) »

2009/10/18

杉並ボードゲーム 9/18

昼ごろ会場に到着。


Last train to wensleydale (Warfrog games)

3人でプレイ。

初プレイということもあり、プレイの指針がよくわからないので、ソロプレイをした時に感じたことから、「とにかく荷物と人をたくさん運べば点になるので、荷物や人の多いところに線路を引いてみてください。」とアドバイスしました。

このゲームではボード左下から赤会社が、ボード右端からは緑会社が伸びていきます。

ボードは逆向きで撮影していますので見難いかもしれませんが、地図の右上に水色の線路が延びています。これがMさんが伸ばしたもので、オレンジキューブ(チーズ)や、白キューブ(石)が比較的たまっているところを狙っています。

2番手が私で、画面左上から紫の線路を引いています。同じように広がるオレンジキューブを集めつつ、中央の丘陵地帯にある石を狙う体制です。

3番手のプレイヤーは、ボード中央の黒い線路です。私も含め先番の2人が見落としていたルートですが、丘陵地帯に分け入るように平野が入り込み、キューブも石もお客さんも、たっぷりというおいしいルートです。

で、以下のように進みました。


1ターン目の様子
P1100250



2ターン目の様子
P1100251



3ターン目の様子
P1100252


<アップ画像>列車に乗客と荷物をこんな感じで積み込みます。
P1100253


5ターン目、ゲーム終了時の様子。
P1100256

このゲームのミソは、付近に資源が無くなった線路(ポイントを生み出さない部分)を大手鉄道会社(緑または赤)に売却する(というか乗っ取らせる)ことができることです。5ターン目となると、ほとんど盤上に資源が無く、各プレイヤーとも、線路を赤、または緑会社に売却しているのがわかると思います。

やってみて思ったのですが、前半は資源もボードに多数有ることから収支はプラスになるんですが、後半、資源が無くなると一気に赤字になります。このとき、いち早く不良資産である線路を処分しておかないとポイントがどんどん下がっていきます。このときのプレイでも最初の数ターンはインカムチャートが皆プラスだったのですが、4、5ターンともなると、一気に下に振り切ることとなり、チャートの最後は結局マイナスで終わっています。(画面右下にある5みたいな形のくねくねしたのが収益チャート。逆向きに撮影しているので、上に行くほどマイナスです。)

評価(竹)佳作です。まずまずのゲームだと思いました。傑作とまではいえないかなぁ、という感じです。先日久しぶりにプレイしたスチールドライバーをかなり見直したこともあり、あのゲームのようには切れ味がないなぁ・・・と比較してしまいます。いろいろとコメントがコロコロと変わりますが(スチールドライバーは最後に運の要素が大きく大味だなぁ・・・等という感想を書いたこともありますので。)、スチールドライバーのような切れ味勝負のゲームではなく、もう少しモッサリとしています。プレイの結果は他者二人が26点、私が22点でした。



ルアーブル
P1100259
4人でプレイ。久しぶりにプレイする機会に恵まれました。

やってみたいなぁと思っていたので、M川さんにインストしてもらい、ところどころ思い出しながらのプレイ。相変わらず資源を集めるのが楽しく、夢のあるゲームだと思いました。

ルールも大体頭に入ったし、またプレイしたいです。

 

|

« ラストトレイントゥウェンズレイデールのファーストインプレッション | トップページ | God's Playground (Warfrog) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/46519922

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並ボードゲーム 9/18:

« ラストトレイントゥウェンズレイデールのファーストインプレッション | トップページ | God's Playground (Warfrog) »