« Rise of Empires | トップページ | 杉並ボードゲーム同好会 5月1~2日 »

2010/04/18

ゲームサークル坂戸 4月17日

土曜日は坂戸@赤羽へ。

テンパス TEMPUS (cafe games)
マーチンワレスのアブストラクト文明ゲーム。前回の杉並でもプレイの機会があったのですが、なんか見た目が地味だったこともあり敬遠していたもの。ルールを教えてもらって3人でプレイ。
P1120608
ゲームは10ターンほどで、各ターンにプレイヤーは3~6アクションを行います。ゲームを通してできるアクションの種類はどのターンもほとんど同じですが、時代(ターン)が進むと、アクションの効果が強化されていきます。例えば移動アクションでは、序盤は1歩しか移動できなかったのが2歩移動できるようになったりするわけです。この進化の様子はゲームボード脇のチャートに色分けされた数字で書かれており、簡単に確認することが出来ます。

マップは人数に応じて、6角形が組み合わさったタイルを順に配置していき、ゲームごとに架空の島国を作ります。平地、畑、森、丘、山の5種類だったかな?が適度に散らばります。各プレイヤーは3箇所の土地を持ってゲームスタート。自分の人口駒(丸駒)を増やし、エリアを押さえていくことで得点を稼ぎます。人口は平地でしか増えないので、「平地で出産」→「他地形に移動」が基本サイクルとなります。ターン終了時に、次の時代で必要とされる地形に一番駒を置いていた人だけが一歩抜きん出て進歩することが出来、他のプレイヤーよりも少しだけ有利になります。人口は何枚かスタックすることが出来、2コマ以上あれば都市化することが出来、積み重なった駒を手元に戻し、都市タイルと置き換えます。都市はVPになるのですが、人口駒は置けなくなります。したがって平地で増やした駒をそのまま使って平地を都市にしてしまうと、もう人口は増えなくなってしまいます。そこで、あらかじめ幾つかの平地を押さえておく、または、平地で貯めた人口駒を隣接地域にこつこつと移動させ、森や畑などに都市を作る、といった駒の運用を色々と組み合わせる必要があります。

なかなかにアブストラクトな感じですが、これに「発明カード」が加わることで、深みが一段増えています。カードはイベントとして使うほかに、戦争や文明進歩の際の修正カードとして使用することも出来ます。カードの背景の色が地形の色と対応しており、そこでの戦闘や文明進歩に際し+1点分の効果を発揮します。

評価(竹)松を付けてもいいかなと思いますがとりあえずファーストインプレッションとして。アブストラクトゲームは嫌いではないので、ゲーム自体の評価は竹以上、でこれにカードによる混沌さがうまい具合に調和していると感じました。もう数回やって面白さが変わらなければ松とします。ゲームのルールはシンプルで、チャートも見やすく、それでいてなかなか悩ましい好ゲームだと思います。買おうかなと思っています。


グルーム Gloom (atlas games)
不幸な出来事を積み重ね、マイナス点を溜め込んだところで死ぬことで、ゲームに勝利する(もっともマイナス点の多いプレイヤーが勝利します。)というアメリカンブラックユーモアたっぷりのカードゲームを3人でプレイ。各プレイヤー5人持ちで、手番に手札から2枚のカードを自分または他人のキャラクターにつけていきます。不幸な出来事ほどマイナスが大きく得点になりますので、自分のキャラクターにつけ、ハッピーな出来事は他人のキャラクターにつけていくのがセオリーです。
P1120611
評価(梅)カードは透明で、重ねていくことでパラメーターを変化させます。英語の文面は韻を踏んでいるためか、難しい単語が多く和訳シートと首っ引きになってしまうことがマイナス。こまごましたテキストにちょっとうんざり気味でした。



ハンマーオブザスコッツ(コロンビアゲームズ)
Hammer of the Scots (Columbia games)
積み木のスコットランド。はるか昔にプレイした時にはそこそこの評価でしたが、BGGなどでも好評価のゲームであったこと、また最近ウォーフロッグの木製駒入りウォーゲームをプレイしたことなどから積み木シリーズへの情熱がメラメラと湧き起こってきたことから、久しぶりにルールを読み直しプレイしてみることにしました。

シナリオは「ブレイブハート」。1ターン目は駒をオープンにして、ルール確認をしながら。
P1120614

2ターン以降は駒を立てて通常モードで。
イングランド側をプレイしましたが、スコットランド北部はもとより、マップ中央までの進出もおぼつかないという体たらく。6ターンほどプレイしたところで貴族数3-10で圧敗判定。
P1120617
評価(竹)佳作。このゲームは貴族が寝返るという前例の無いシステムを取り入れているため、通常の「撃破すればいいんだろうゲーム」とは異質の感覚に戸惑います。貴族の確保は勝利条件でもありますが、「やっつけると味方になる」と、「エリアをとれば味方になる」の二通りのアプローチがあり、そこを考えるところまで頭が回れば楽しいんでしょうが、かなりテクニカルなムーブが求められ、なかなかそこまで考えが及びません。その点でいえばかなり難しいゲームなんだと感じました。イングランドとしては、マップ中央のくびれの部分までの連絡線を安定確保した上での北方展開が理想なんでしょうが、スコット軍のワレスがかなり強く、また私のムーブが稚拙なこともあって攻勢が国境付近で頓挫してしまいました。なぜ傑作とされているのか、評価が高いのか、という点についてはなんとなく賛同する気もしてきましたので、もう少しやりこんでみたいと思います。評価はいずれ松になると思います。

ハンマーの成功を受けてか、このあと、リバティ、クルセイダーレックスとほぼ同様のシリーズゲームが2つ発売されました。ハンマーはエリア、リバティはヘクス、クルセイダーレックスはポイントトゥポイントのマップをそれぞれ採用しており、これらの違いなどについて触れたスレッドがBGGにありました。また最近ばら戦争ものがでましたが、いずれも高評価のようなので、機会が有ればやってみたいと思います。クルセイダーとばら戦争は未プレイなので分かりませんが、現時点ではリバティが積み木シリーズの最高傑作だと思っています。今後スコッツのプレイを繰り返すと、この評価が変わるかもしれませんけど・・・。

|

« Rise of Empires | トップページ | 杉並ボードゲーム同好会 5月1~2日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

GWは東京に帰省するんですが、どっかでゲームできたらいいっすね。
プラシーボ!(私が喜ぶ。)

投稿: トンデモブラウ | 2010/04/19 11:40

5月1日、2日は杉並ですよ。参加の方向で考えていますが、、、、いけるかはまだ未定。

投稿: buqbuq | 2010/04/20 07:26

おぉぉ、参加の方向で検討します。
行けるかは・・・まだ定まらず。

投稿: トンデモブラウ | 2010/04/21 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/48117717

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームサークル坂戸 4月17日:

« Rise of Empires | トップページ | 杉並ボードゲーム同好会 5月1~2日 »