« JAGA 5/15 | トップページ | ゲームサークル坂戸 5月22~23日 »

2010/05/22

ラングフィンガー(Langfinger)を考える

先日のジャガ例会でプレイした「ラングフィンガー」について、先の発言で「竹」評価としましたが、実はプレイ直後に違和感を覚えており、それがなんだか分からずもやもやしていました。最近その理由に気づいたので、ここにまとめておこうと思います。

まず、このときの私のプレイについて。
・ 1ターン目:道具カードを手に入れ、住宅街で泥棒しました。手元にはお宝カードが1枚あります。しかし、換金アクションを毎回やるのは効率が悪いと思い、お宝をある程度貯める作戦をとることにしました。
・ 2~4ターン目:お宝をためるには、道具カードもある程度貯めて、効率の良い組み合わせを作れるようにしたほうが、さらに有利だと思い、道具カードを集める作戦を取りました。具体的には、1)道具の仕入れ、3)手札交換(手札が+1枚増えるアクション)にワーカーをつぎ込みました。
・ 5ターン目:ところが、他のプレイヤーは、毎ターン換金を行っており、すでに10点以上の得点。わたしもあわてて2枚ほど換金しましたが、6点ほどにしかならず。この時トップは15点。このターンにボーナスを含め5点のお宝を換金し20点に達したためゲーム終了となりました。

Kさんいわく、「ゲーマー(ディープな、という意味)ほど、カードを溜め込もうとして、自沈する。」とのことで、私もその罠にまんまと掛かってしまい惨敗しました。とはいえ、まぁアクション選択など、シンプルながらも切れのあるゲームだったという感想から先の「竹」評価をつけました。

と同時に、「惨敗」という結果による心情的なこともあるのですが、なにか腑に落ちない。うーん、違和感があるんだよなぁ・・・と思っていました。

で、その理由がここ数日なんとなく分かってきました。

1回しかプレイしていませんので、展開にもよるのかもしれませんが、多数のプレイ経験のあるKさんも言っているように「カード溜め込み作戦(以下、「溜込作戦」)」は往々にして自滅するようです。おそらく20点という勝利条件も絡んでいると思いますが、「毎ターンこつこつと換金する作戦(以下、「換金作戦」)」の方が優れていることになります。相対的な傾向としても、溜込作戦では届かない可能性が高いのであれば、このゲームで取りうる基本作戦は「換金作戦」となります。

そして私はこの「換金作戦」について違和感があるのです。

ワーカープレイスメントゲームというのは、マネージメントを主眼とするゲームが多く、アクション選択の妙だけでなく、集めた資源の効果的な運用(換金)などにも焦点を当てていることが多いように感じます。そして、そうした要素も含めた魅力を含めてワーカープレイスメントゲーム、という「錯覚(先入観)」を持っていました。

ところが、このゲームでは、毎ターン換金して得点を得ていかないと、間に合わないわけです。ということは、「資源を集めて換金方法をあれこれと考える。」という要素が(全くではありませんが)「無い」んです。つまり、そのターンにオープンにされた道具カードやお宝、そして換金可能な組み合わせ、にたいし「その場しのぎで対応していくだけのゲーム。」というように感じられるのです。

「ワーカープレイスメント」というふれこみから「マネージメントゲーム」を想像していた私も悪い(?)のですが、これは、「マネージメントゲームではない」のです。極端に言うと、ターンの最初に場札が公開された瞬間、そのターンの自分の手番順から逆算して「最善手」がその時点で分かりうる、という「読みあい」のゲームです。熟練者によるプエルトリコみたいなもので、手筋がきまっちゃう。ということは、あんまり考える余地(選択)が無くて、場の状況から「これを選ばざるを得ない」が連続するだけのゲームなんじゃないかなぁと思えるのです。

私がなぜ「溜込作戦」をとったかというと、「効率が良い」と思ったほかに、「そのときの手札で毎ターン換金するようなその場しのぎの作戦を取りたくない」とも思ったからです。「じっくり考えられるゲーム」を期待していたのに、「その場しのぎ」感が強いことに気づきがっかりしました。カード運、手番順により有利不利が出やすいゲーム、ということになり、個人的には評価を下げざるを得ません。逆に言えば、その分敷居が低く、簡単に楽しめるゲームとも言えます。

まだなんともいえない感じもしますが、以上の理由により、ちょっとイマイチ感を感じましたので、評価を「梅」に下げておきます。

|

« JAGA 5/15 | トップページ | ゲームサークル坂戸 5月22~23日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/48423354

この記事へのトラックバック一覧です: ラングフィンガー(Langfinger)を考える:

« JAGA 5/15 | トップページ | ゲームサークル坂戸 5月22~23日 »