« 高円寺盤友会 9月11日 | トップページ | ギャラクシートラッカーバリアントルール »

2010/09/26

JAGA 9/25 ゲームサークル坂戸 9/26

土曜は目黒のジャガヘ。日曜は坂戸@赤羽へ。


<土曜日ジャガにて。>

ギャラクシートラッカー

P1130811

 この時のプレイでは、別掲のバリアントルールを導入してみましたが、かな~り時間がかかりました。2時間かかってやっと第2ステージが終わったところ。あまりに時間がかかったのでここで打ち切ることにしました。

 評価(竹)じっくりプレイできるようになったのですが、オリジナルに比べて相当重いゲームになりました。慣れてくれば、サクサク建設できるようになるので、時間もかからないようになるとは思いますが、初プレイの人が混じると、オリジナルに比べて2~3倍の時間はかかると思います。オリジナルではあっさりしすぎて物足りない方には良いバリアントだと思います。2ステージでおなか一杯になります。


ばるばろっさ
P1130813
 禁断のカードゲーム。
 最近はやりのドミニオン派生ゲーム。テーマがウォーゲームでおなじみの独ソ戦「バルバロッサ作戦」を扱っているものの、カード絵が「萌え」であることが賛否両論の作品。

 評価(竹)初プレイ&5人プレイということで、かなりテンポの遅い、ダウンタイムの長いゲームでした。「くにとり」と同様に、ゲームに存在するすべてのカードを使用しますので、最初にどんなカードがあるのかをざっとでも把握するのに時間がかかります。ゲームは、都市のカード12枚が攻略されれば(取られれば)終わるのですが、逆に言うと、これを取りにいかないとなかなかゲームが終わりません。とにかく長かったです。

 ゲームとしては、まぁまぁです。つまらないわけではありませんが傑作でもないかな。「くにとり」やドミニオンと違うのは、手札を毎回使い捨てていくだけでなく、自分の場札としてプロット(戦力の配備)出来ることです。というよりも戦力系のカードは、手札から出して即「攻撃力+5」などとはならず、あらかじめ場に展開しておき、以降のターンでタップすることで攻撃力を生じさせます。このため、戦力カードを何ターンかかけて、こつこつと場に出しておき、10~20戦力程度たまったところで都市カードを攻撃する、、、という流れになります。使用した戦力カードは捨て札になるので、次の都市を攻略するには、またこつこつとターンをかけて場に貯めていく必要があります。つまり、自分のデッキの回転を考えるだけでなく、場に展開する戦力のローテーション(回転)というもう一つの軸があるので、この両輪の回し方をうまくやっていくゲームのようです。

 イラストについては、残念の一言です。これがミリタリー写真だったらもっと売れてるんじゃないかなぁと思いました。まぁ萌えでもいいんだけど、ほぼ全員がパンツ出してるっていうところがなぁ・・・。しかも?「くにとり」に比べて「萌えキャラ」の年齢度が低めです。イラストのところに、自分の好きな戦車や都市の写真を貼れば、ミリタリー版として生き返ります。それなら欲しいかも。とにもかくにも、カードの認識は最悪です。「股を広げた女の子が戦車で、笑顔で振り向く女の子が砲兵で・・・(注:適当な組み合わせです)」とまるでパズル(爆笑)。カードにはタイトルとイラスト、そして説明文が書かれているのですが、一番面積を割いているのが萌えキャライラスト。しかしそのキャラクターに馴染みがないため、カードの絵を見てもなんの効果を発揮するものかさっぱりわかりません。結局、見にくいカードタイトルと小さい字で書かれた説明文のところしか見ないわけで、何の為のイラストなのか意味不明です。こういう絵が無いと売れないのであれば、ルールブックにでもイラスト集を付ければいいんじゃないかと思いました。


エルサレム
P1130815
メビウス便新作。
今月のOさん持込みゲーム。エルサレムを舞台としたエリアマジョリティゲーム。

 評価(竹)まずまずの佳作ですが、2010年の作品とは思えませんでした。現代版エルグランデ。イベントでエリアが吹っ飛ぶというのは斬新ですが、まぁ15年前の作品という感じのオーソドックスな(今プレイすれば古さを感じる)ゲームでした。エルサレムや十字軍をテーマにしたものって心惹かれるんですが、傑作と呼べるゲームはありません。このゲームも雰囲気は気に入りました。



<あけて日曜日。坂戸にて。>


ゴッズプレイグラウンド God's Playground (treefrog / warfrog games)
P1130818

 トンデモブラウさんのリクエストで持参したこれを。
 1~3ターンまでは、ポーランドは平和を保ちました。エスターテ イステイト(荘園・領地)も順調に増えていきました。
 3ターンにポーランド軍はオスマン領土へ進軍するも、3戦力がウィーンへ進軍。この結果4ターンはオスマンが猛威を振るうことに。

P1130821
 最終の4ターンは、ポーランド国王が無能で、国王軍がわずか2ユニットという体たらく。ポーランド全土で大量の外敵の進入を許してしまう。

P1130822
 結局エスターテ  イステイトが根こそぎぶっ飛ばされて、秋風がひゅ~るひゅる。
 プレイヤーが雇える戦力駒には限りがあるため、26金あれば全てを購入できますが、この全軍を持ってしても、外敵ボックスに10ダメージ(駒)置くためには3回くらい攻撃しなくてはなりません。ゲームも最初のうちはまだいいんですが、最終の4ターンでは軒並み10戦力の外敵だらけになるため、単騎集中しても勝ちきれないことがあり、一気に国が崩壊しかねません。終盤に向かって国がどんどん弱くなっていくこのダイナミズムがたまりません。最終ターンの国王の無能さ!弱さ!!にしびれました。

 評価(松松)いや~、素晴らしいゲームです。シカゴエクスプレス、ビザンチウム、プロイセン東鉄道、孔子(士大夫)に引き続き、5つ目のダブル松評価(に格上げしました)。プレイするたびにルールに不明瞭な点がいくつか出てくるんですが、そんなことはちっとも気にならない面白さがあるゲームです。5つの外敵それぞれに個性があり、毎ゲーム、どこを主軸に戦うかで、ゲーム展開が全く変わってくるので飽きません。確かに初プレイでのルール理解は難しいのですが、覚えてしまえばサクサク進み、決して難しさを感じないゲームです。DKHさんはワレスの最高傑作といっていましたが、確かにそういえるかもしれません。これまで、トレドとビザンチウムがワレスの双璧だと思っていましたが、ゴッズ確かにすばらしいです。この時のプレイまで、イエズス会アクションを馬鹿にしていたのですが、戦力をかき集めても対抗するには限界があるため、教会への寄進により点数を稼ぐ手もありなんだと認識を改めました。


デュエルオブザジャイアンツ
P1130824
 Z-manゲームのミニュチュア入りゲーム。ファミリーウォーゲームです。フリーセットアップのゲームなので、ゲームごとにシチュエーションを変えることが可能です。ゲームにはダイスを使わず、LOSが通れば、戦力差にて自動的に攻撃判定をします。ダミーカウンターを多用したブラフゲームでもあるため、読みあいに主軸を置いたゲームが好きな方には良いかと思います。プレイ時間は1時間程度です。

 評価(竹)ドイツ軍は戦車の移動をカードプロットするのですが、これがちょっとめんどくさい。紙に書いたほうが早いんじゃないかと思いました。ゲームとしては、まぁそこそこです。軽い気持ちでプレイしたのですが、本腰を入れてプレイするともっと魅力を感じられるのではないかとは思いました。

|

« 高円寺盤友会 9月11日 | トップページ | ギャラクシートラッカーバリアントルール »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

ばるば★ろっさ のプレイ感想や如何に?

投稿: Y崎 | 2010/09/28 08:16

「ドミニオン+萌えイラスト」ゲームが次々に縮小再生産されてしまう業界の閉塞性を目の当たりにしたようで、ちょっと暗い気分になりましたよ。

投稿: KOW | 2010/09/28 21:23

『ゴッジ・プレイグランド』は凄く面白いですね。
3人限定というのも魅かれます。
初見で展開が読めずに、最終ターンに売国奴と化してイエズス会に入れ込みました。(笑)
他人の領地を守る気がしない。
ポーランドに着目した時点で、デザイナーの勝ちですな。
素晴らしい炯眼です。
スウェーデン、ロシア、オスマントルコと時代の帝国に侵略されまくりで、世界史の知識に薄い自分でも楽しめました。
今回使用しなかった特別行動はいらない気もしますけど。

一方的に傾いていく、オール・オア・ナッシング的な戦闘システムも痺れます。
最終的な足の引っ張り合いは、単純な協力ゲームよりも100倍面白い。(黒いですなぁ…)

投稿: トンデモブラウ | 2010/09/29 09:37

ゴッズですが、国内ではPS広島にまだ在庫があるようです。
http://www.ps-hiroshima.com/board/index.htm

投稿: buqbuq | 2010/09/29 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/49571354

この記事へのトラックバック一覧です: JAGA 9/25 ゲームサークル坂戸 9/26:

« 高円寺盤友会 9月11日 | トップページ | ギャラクシートラッカーバリアントルール »