« JAGA 9/25 ゲームサークル坂戸 9/26 | トップページ | 杉並ボードゲーム (10/10) »

2010/09/28

ギャラクシートラッカーバリアントルール

●ギャラクシートラッカーバリアントルール

 ギャラクシートラッカーは良いゲームだと思いますが、なぜかさほど面白く感じません。スピード勝負でタイルを同時にめくって取り合うというシステムに違和感があるのと、苦労して船を作った割に、カード捲りアドベンチャーがあっさりしていて短時間で終わってしまう、という不満があります。これらを解消できたかわかりませんが、バリアントルールを考えて見ました。

 *オリジナルルールとの差異のみ記載します。

1)セットアップ
・パーツタイルはすべて裏返します。
・適当に10枚を選び表を向けてドロープールを作ります。

2)ドローフェイズ
・宇宙船の建設に先立って、このステージで使用するカードを各プレイヤーに配ります。
・配られた手札を見ながら船の建設を行うことができます。

2人プレイ  
第1ステージ I 5枚
第2ステージ I 2枚 + II 5枚
第3ステージ I 2枚 + II 2枚 + III 5枚

3人プレイ
第1ステージ I 4枚
第2ステージ I 1枚 + II 4枚
第3ステージ I 1枚 + II 1枚 + III 4枚

4人プレイ
第1ステージ I 3枚
第2ステージ I 1枚 + II 3枚
第3ステージ I 1枚 + II 1枚 + III 3枚

3)ビルドフェイズ
・第1ステージでは適当な方法でスタートプレイヤーを決めます。第2ステージ以降では、前のステージで到着が1位だったプレイヤーがスタートプレイヤーになります。スタートプレイヤーは砂時計を(マーカーとして使用します)持ちます。
・ スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。
・ 手番には、場にある表向きの10枚のタイルのうち1枚を取り、自分の宇宙船に取り付けなくてはいけません。
  ・接続できるパーツがある限り必ず1枚とって取り付けなくてはいけません。
  ・もし、ルール上取り付けることができるタイルが一枚もない場合には、タイルを取ることはできず、残っている最も数字の小さい順番タイルを取って、ビルドフェイズからは抜けなくてはなりません。
・ 裏向きのタイルのうち1枚をめくり、ドロープールに置きます。(ドロープールは常に10枚になります。)
・ 自分の船が完成したと思ったら、残っている最も数字の小さい順番タイルを取り、ビルドフェイズから抜けることができます。
・ 誰かが1の順番タイルを取ったら、残りのプレイヤーの手番はあと3順で終わりになります。以降3順目の手番が終わるまでに、順番タイルを取らなくてはなりません。
・ スタートプレイヤーから順に、1回ずつ手番を行ったら、スタートプレイヤーは砂時計を左隣の人に渡し、スタートプレイヤーから上記の手順を繰り返します。
  ・ABCDの4人プレイの場合、 ABCD BCDA CDAB DABC ABCD ・・・ という順番で手番を行っていきます。

4)フライトフェイズ
・先頭のプレイヤーは手札の中から1枚を場にだし、そのイベントを解決します。
・以下、宇宙船の位置が前にいるものから順番に1枚ずつプレイします。
・全員が一枚ずつプレイしてから、2順目を先頭にいる宇宙船のプレイヤーから行います。
・配られた手札のうち、最後の一枚は使用しません。全員が1枚ずつ手札を残したところで航海は終了です。

このルールのポイントは、
・焦ってパーツを配置しなくてもいいので、初心者とベテランが一緒に楽しめる。
・カード順を選べるので、壊れそうな宇宙船がいるときに攻撃を連発したり、攻撃カードの後に積み荷を得るカードをだすなど、完全に運ではなく、多少の戦略を考えることができる。

・・・と思われます。

|

« JAGA 9/25 ゲームサークル坂戸 9/26 | トップページ | 杉並ボードゲーム (10/10) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/49589494

この記事へのトラックバック一覧です: ギャラクシートラッカーバリアントルール:

« JAGA 9/25 ゲームサークル坂戸 9/26 | トップページ | 杉並ボードゲーム (10/10) »