« ギャラクシートラッカーバリアントルール | トップページ | JAGA 10/23 »

2010/10/10

杉並ボードゲーム (10/10)

連休の日曜日に杉並に参加。
この日は参加者が少なくのべ6名でした。


チャイナタウン
P1130826
 長い間積読ゲームとなっていたものをちょくちょく持ち込んでみようかと思い持参。アレアのゲームっていうのは一昔前にブームになったくらい、しっかりとした名作が多いように思います。プエルトリコを先日プレイして、やっぱ手堅い出来だなぁと思ったので、アレア初期の作品であるこれをやってみることにしました。

 先日、しばらくプレしていなかったプエルトリコを開けてみたらタイルの1つにカビが生えていたのですが、チャイナタウンもルールブックにシミがあり、また、湿気があったのか、ページがパリパリにくっついていました。ほかにもスチーブンソンロケット(リオグランデ版)のルールブックにもシミ&カビが。チャイナタウンはほとんどプレイしていないのでボードやカードは大丈夫なんですが、結構やりこんだゲームっていうのは、久しぶりに引っ張り出してみるとボードやカードなんかにも結構ゴミやシミ、カビがついていますね。

 評価(竹)余談はさておき、ゲームは4人で行い、盛り上がりました。交渉をせず、大きなグループを作らせないように邪魔をするプレイも考えられますが、みんなでなかよく交換し合うほうがゲームとしては楽しいようです。商売の種類は結構あるものの、区画が限られていることからなかなか大きなグループを作るのは難しく、かといって、まったくできないわけではないので、適度な野望と適度な妥協に悩まされる良いゲームだと思いました。6ターンという長さもちょうどよく、ゲームバランスがよく考えられているなぁと感心しました。


プエルトリコ
P1130830
5人プレイ。ハチエンダを活用してのコーン作戦。大量生産するも出荷がうまくいかず。



プロイセン東鉄道
P1130832
今秋(エッセンにて?)ジャーマンレイルとしてリメイクされる予定のプロイセン東鉄道を4人でプレイ。オリジナルのマップではなく、BGGにアップされていたマップをラミネートした物を持参。


(ゲーム終了時の様子)
P1130838
BGGのスレッドで、うまくプレイすれば1000点(ドル)くらい行くとあったのですが、700点越えで1位。

評価(松)以前ダブル松を付けましたが、まぁ普通に面白いゲームです。久しぶりにプレイしたことからプレイ感覚を忘れており、プレイ感は斬新でした。ゲームは、最近クイーンゲームズから発売されたサマルカンドに似ています。
 合併は都市でしかできないのですが、合併したほうは、2倍の収益を得られるため、サマルカンド同様、先にタッチできるかどうかがポイントになります。序盤はプレイヤーの資金が限られているため、鉄道会社の資金もカツカツで、思ったようには線路が引けません。合併できるところまでなかなか届かないんだよなぁ。8つの鉄道会社(拡張2社を入れたのでこのプレイでは計10社)にはそれぞれ違った特徴があり、画一的な(どの会社をやっても同じような)感じにはなりません。収益の計算がちょっと細かいのでサマルカンドに比べてややこしい感じがする一方、鉄道ゲームらしさが感じられる傑作だと思います。序盤の資金がカツカツな中、厳しく線路を引いていく感じなんかは、歯ごたえのある思考ゲームとして面白く感じました。


プエルトリコ
P1130839
最後にもう一度プエルトリコを4人でプレイ。今度はインディゴ出荷型。またも敗北。

|

« ギャラクシートラッカーバリアントルール | トップページ | JAGA 10/23 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/49705665

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並ボードゲーム (10/10):

« ギャラクシートラッカーバリアントルール | トップページ | JAGA 10/23 »