« インドネシアクォリティ | トップページ | London / treefrog games »

2010/10/31

ゲームサークル坂戸10/31

台風が来る中、週末は坂戸へ。

まず、土曜日。私を含め参加者は3人だけ。二人対戦のウォーゲームを始めることになり、私は退散。明日出直すことにしました。

あけて日曜日。昼ごろ到着。


スルージエイジ(Through the ages)
P1130862
長年積読ゲームになっていたものの、BGGでやたらと評価が高いので一念発起し、ここ2~3日でカードの和訳シールをペタペタと貼り付けました。あわせてルールを読み込み、4人でのフルゲームを初めてプレイすることが出来ました。

今まで初級ゲームと上級ゲームをプレイしたことはあるのですが、戦闘系の指揮官をあまり活かせる展開ではなかったので、ぜひフルゲームでの通しプレイをやってみたいとは思っていました。しかし、カード和訳をカードに貼っていなかったのでは、プレイに支障が出るかと思い、工作をすることにしたのです。

長くかかるゲームだろうという予想はありましたが、案の定、この日のプレイでは説明こみで6時間かかりました。

評価(竹)まぁまぁですね。フルゲームをやってみた限りでは、分量多すぎ、プレイタイム長すぎです。はっきり言って、Age3は不要です。現代ネタなので歴史的フレーバーも減少します。フルゲームでは、戦争と空軍が盛り込まれるんですが、戦争は軍事に力を入れていないプレイヤーがいると、一回の戦争でVP数十点が移動するので、それだけでゲームが決まってしまいます。このため、使えるんだけど、あえて使わないという遠慮プレイをすることになってしまい、意味をなしていません。また空軍もボーナスにすぎないのでなくても影響はありません。さらに言えば、Age3に出てくるその他カードもボーナス系とやたらコストの高い軍備系くらいなもの。Age2の軍備ですら満足に配備できなかったので、とてもそんなところまでは必要ないと思いました。もしフルでやるのなら、各Ageのカードから10枚ずつくらい抜いておくくらいでもちょうどいいのかもしれません。とにかくボリュームが多すぎに感じました。Age3を抜くとなると、上級ルールと同じになるのかな?Age2までで充分。これでも3~4時間はかかるかと思います。あと、4人というのもちょっと多かったのかも。2人だとガチゲームなので、マルチテイストを残しつつスピードアップを図るとすれば3人が適正なのかなと思いました。もう一回くらいやってもいいかなと感じましたので、次は3人上級ルールか、3人フルルールでただし各Ageから10枚ずつカードを抜く、あたりでやってみたいと思います。

最後に、一応この日のゲーム展開をば。
農業と鉱山の開発を軽視していたため、どちらも「2」生産(技術)で止まってしまい苦労しました。ゲームの後半は、1駒あたり2資源にしかならない生産設備のため、資源や食糧供給が低レベルで留まってしまい、新しカード(技術)のプレイや、都市等の建築がほとんど出来なくなってしまいました。スコアもドべでした。指揮官は、ハンムラビ→ナポレオン→ゲームデザイナー。政治体制は→先生→君主制。アグリコラのように、進化パターンをある程度研究しないと太刀打ちできないゲームだなと感じました。他プレイヤーではなくゲームシステムにまずは完敗です。

|

« インドネシアクォリティ | トップページ | London / treefrog games »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

複雑なマネジメントと戦争は、一緒のゲームにしないほうが良いのでは。
せっせと地道にマネジメントしても、一回戦争をすればパァですからね。
さりとて、軍備増強を前提にすると、マネジメントの幅が大きく制限されるし。

投稿: KOW | 2010/11/01 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/49900516

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームサークル坂戸10/31:

« インドネシアクォリティ | トップページ | London / treefrog games »