« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/29

ゲームサークル坂戸 4月24日

土日ゲームが開催されていたのですが、土曜は風雨に負けて不参加。
日曜に坂戸@赤羽へ。

セブンワンダーズ
 現時点で世界ナンバーワンゲーム。慣れてくると1ゲーム15分くらいで終わるので、繰り返しプレイすることによる「飽き」が唯一の弱点かも。
 3人、4人、5人・・・と参加者が増えても大丈夫。閉会直後に2人(BGGバリアントルール)でもプレイしました。2人プレイはオフィシャルだとダミープレイヤー(自由都市)が入るのが余計なので、BGGに投稿されていたダミーなしバリアントがお勧めです。

3人
P1140831

4人
P1140833

5人
P1140834

最後に2人
P1140838


トレド
P1140836
ワレスが作ったバックギャモン風レースゲーム。ルールが比較的簡単なことからワレスフリークからは甘く見られている節がありますが、これがなかなかすごいゲームなんですよ。とにかく勝つためにどうすればいいのかがさっぱりわからない。勝ちパターンが無い!(わかりにくい?)ルールは簡単だけど、勝つのは難しいという、ある意味正統派ゲーマーズゲームと言えると思います。

評価(竹)以前からワレスの最高傑作はトレドであると言ってきましたが、面白さがまだつかめていないため、評価は佳作ということで。ん?何言ってるかわからないって?つまりゲームの素晴らしさと個人的嗜好とのギャップです。


ロードオブルネッサンス
P1140837
最近Tさんがシエラマドレのロードシリーズを持ち込んでいます。そのうちの一作でルネッサンス期の交易をテーマにしたもの。いかにも90年代、いや80年代の古き悪しき、ゲームの典型。交易ルートの設定方法など、ルールが不明瞭なこともあり、手探り状態で作業をやらされている風ゲーム。というより、作業にすらいかない展開。これ以上ないクソゲー。

評価(梅)マネーリザよりひどい。さすがシエラマドレゲームズ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/17

JAGA 4月16日

今月からしばらく夜間開催を見合わせることとなり、10-17時での開催です。


ライズオブエンパイヤ
P1140826

先月の例会でOさんから「難しそうで未消化となっているのでやってみたい」と言われたので持参しました。特殊能力を持つタイルの効果がアイコンだけではわかりにくいので、カード化しています。初プレイの方3人と一緒に4人でプレイしました。11時半から説明をして、17時に何とか終了。長考する方がいたのでちょっと時間がかかってしまいました。

評価(松)ひさしぶりのプレイでしたが面白かったです。Oさんに誘われるまでは、あまりプレイ意欲はなかったのですが、やってみるとやはり面白いですね。特に帝国タイルを使っての人口駒配置と付随する戦闘のルール(システム)は素晴らしいと思います。古典的なエリアマジョリティシステムではありますが、シンプルなルールでありながら、実に悩ましい思いをさせてくれます。改めて傑作のゲームだと思いました。また、プレイ感が先日のアフターザフラッドにも似ている感じがしたのも新しい発見でした。後から動いて少しだけ敵より多く駒を置く(出し抜く)作戦が比較的有効なので、Aターン、Bターンのアクション選択においても、帝国アクションをどのタイミングで行っておくかという中期的な視点が要求されます。一方で、先に動くことで有利な帝国タイルを使用できる面もあるため、状況に応じての対応が求められる点がアフターザフラッドよりも優れている(戦略が幅広い)と言えるかもしれません。

この日はこのゲームだけで時間となりました。
17時終了だと、どうしても時間が足りない感じがしました。朝も早いし、昼食をどうするかの問題もあるし、といろいろ不便に思いましたが、まぁしばらくはこのスタイルで行くそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/09

杉並ボードゲーム 4月3日

日曜日に杉並へ。


ペニーワイズ
P1140814
評価(松)3人で2パターンをプレイ。


アフターザフラッド
P1140819
評価(松)3人でフルターンをプレイできました。時間がかかるかと思われましたが、後半はサクサクと進み、説明込で3時間かからないくらいでした。BGGの書き込みを色々と見ているんですが、どうも時間を稼いでダラダラとプレイし、他プレイヤーがパスした後に、軍隊の侵攻や灌漑と機織りにワーカーを置くアクションを選んで出し抜くというプレイが「強力」らしく、それを緩和するハウスルールがアップされています。個人的には標準ルールでもう少し、そのあたりのバランスを確認したうえで、ハウスルールの導入を決断したいと思っています。


オートモービル
P1140822
評価(松)4人プレイ。今回もT型フォードはさほど活躍せず。個人的には大衆車はあまり好きではありません。高級車と中級車で手堅く稼ぎました。


ビブリオス
P1140823
評価(竹)4人プレイ。得点源は5色なので2色とれば勝てるわけですが、、、、取れると思っていても取れていない色があり、となかなか難しいですね。まずまず良いゲームだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/02

JAGA3月26日&ゲームサークル坂戸3月27日

先月と同じ月末。土曜がジャガで日曜に坂戸。
まずは土曜日。JAGAにて


ペニーワイズ Penny wise
Kさんがネットで見つけてきたチーパスゲームズの無料ゲーム。
ルールは簡単。2人以上何人でもプレイ可能と思われます。
P1140800
・プレイヤー全員に同じ組み合わせのチップを配ります。
 ルールで紹介されているのは以下の4パターン。
 (1)$1×3枚,$5×2枚,$10×1枚
 (2)$1×2枚,$2×2枚,$5×2枚,$10×1枚
 (3)$1×3枚,$3×2枚,$10×1枚,$20×1枚
 (4)$1×4枚,$5×3枚,$10×2枚,$25×1枚
・手番が来たら、チップを一枚場(ポット)に出す。
・出したチップの金額未満のチップを全て取る。(取れないときはチップを場に出すだけ。)
(例:場が$1,$1,$5,$5,$10の時、$10を出したら$1,$1,$5を取る。)
・誰かの手持ちチップが無くなったらゲーム終了。手持ちの金額合計最多の人の勝ち。

評価(松)とても面白いです。ルールを読んだだけではイメージがわかないかも知れませんが、プレイしてみるとこのゲームの深さを感じることができるでしょう。ハナビをプレイした時と同じくらいの衝撃を受けました。ゲームというのはコンポーネントも大事ですが、アイデア一発、切れのあるゲームというのも素晴らしいですね。


ペルガモン
今月のOさん持参ゲーム。遺跡発掘のゲームです。4人でプレイ。
P1140802
評価(竹)前半から中盤くらいまでは相場観とか勝手がわからずにちょっと時間がかかりましたが、後半は慣れてきてテンポよく進むようになりました。さほど目新しい点はありませんが、手番のビッドと得点源となるタイルの組み合わせの妙など、手堅い作品だと思います。


アフターザフラッド
あまりプレイレポートを見かけないワレスのちょっと前の作品。
2年前のゲーム合宿で2ターンほどプレイした際には、戦闘ルールは面白く感じたものの、資源の交換がままならない感じがして、いまいちの感想を持っていました。それ以来プレイからは遠ざかっていたのですが、惚れ惚れするよなコンポーネントを前に一念発起し再度プレイしてみることにしました。
P1140804
評価(松)いやー面白いです。面白い要素が詰まってました。以前プレイした時には、軍隊の拡張の仕方をちょっと間違えていたのと、資源交換に限界を感じていたのですが、改めてよくよくルールを読み直し、プレイしてみたところ、このゲームの着眼点などが見えてきて、面白さがわかってきました。

このゲームの第一の肝は、交易において、資源の価値は上げられるものの、資源の個数は増やせないところにあります。ターンの開始時に配布される「個数」が全てです。この点について「カツカツ感」を感じすぎていたようで、不満を持っていたのですが、その時はルールの勘違いがあったこともあり、今回正しいルールでプレイできたことで、面白さがわかってきました。

以前プレイした時には、帝国を発足させた時に、続けて拡張も出来ると勘違いしていたため、登場と同時に一気に盤上を席巻させていました。このことにより、帝国発足とその後の拡張アクションが1手番で終わってしまうことが多く、それ以外の手番では交易しかすることがなかったのです。

正しいルールは、帝国の発足を終えたら、そこでいったん手番が終わるため、次手番以降に拡張していくことになります。軍隊駒がもったいないと思えば、一つの拡張だけで次のプレイヤーにまた手番を譲り、一周待つことになります。これに交易や労働者の配置アクションが絡んでくるのですが、誰かがパスをしてゲームから抜けてしまうと、以降は余計なコストを支払わないとアクションができません。このあたりのルールのつながりがようやく認識できました。

つまり、だらだらやれば、資源を有効に使えるけれど、かといってやりたいことから急いでやらないと、誰かがパスをした瞬間にコストが増加するので、以降の予定が狂ってしまいます。この「手番の回し方」のマネージメントがこのゲーム第二の肝です。このあたりの感覚は、同じワレスの作品で私のお気に入りである「ビザンチウム」に似ていると思いました。手元にある資源を使用してアクションを回していくという感じがそっくりです。戦闘ルールなどはより面白く、全体としてもスマートにまとまっていますので、ビザンチウムの進化形と言えると思います。

時間の都合で2ターンまでしかプレイできませんでしたが、近いうちにまたプレイしたいと思っています。


ゴールド
メビウス便の新作カードゲーム。
2~3人用という珍しいゲーム。
P1140808
評価(竹)手札を出して場札を取る、というオーソドックスなゲームですが、なかなか楽しめました。空いた時間に2~3人という少人数でできるゲームとしては良いと思います。



明けて日曜日。ゲームサークル坂戸@赤羽にて。

ペニーワイズ Penny wise
P1140809
評価(松)さっそく翌日の坂戸でも4人でプレイして見ました。ツリーフロッグのお金タイルを導入してのプレイです。3(0)単位のチップはさすがに無いので、裏向きにして使うなどの工夫をしてみました。良い感じです。


オートモービル
P1140812
評価(松)最近のお気に入り。初の4人プレイ。3人に比べて生産調整が必要になってきますね。いずれ5人でもやってみたいです。ゲームの完成度は高く、とても面白いゲームだと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »