« ゲームサークル坂戸 7/30,7/31 | トップページ | JAGA 8月20日 »

2011/08/08

7 islands

今週一週間は夏休み第2弾でお休みです。
そんななか、ゲームマーケット2011春にて販売された時には注目していなかったものの、ネットでの評判を聞きつけ、再販版を申し込んでいた「セブンアイランズ」が届いたのでプレイしてみました。

セブンアイランズ 7 Islands
P1150695
ドミニオン系のゲームです。特徴をざっと紹介します。
・基本となるカードが数種類あって、これらはどのゲームでも常に使用します。
・それ以外に毎回異なるデッキとして16種のうちの8種を使用します。
・さらに7種類の島ボードうち1つを使います。
・島ボードには5か所くらいのクエスト(駒置き場)があって、カードプレイによってそこに駒を配置することができます。クエストに、指定された駒がたまるとそこの効果が得られるようになります。たとえばVPがもらえる、食糧がもらえる、カードが引ける等といった具合で、通常のカードプレイにありそうな効果のほか、最大配置により高いVPが入るなど、競争の要素も盛り込まれています。
・カードは16種しかありませんが、島ボードに5種程度の効果があるため、実質16+5×7=50程度のバリエーションがあると考えられます。この島ボードのシステムはなかなかよくできていて、全プレイヤーが同じ効果を争えることから競争が生まれることの面白さ、また各プレイヤーにとっては、島を探索(クエスト)すること=5択のカードが発動する、のと同じであり、その時に最も欲しい効果をその都度選べるという使い勝手の良さが味わえるという点で、ゲームがより面白く感じます。

評価(松)2人プレイで、初めての島、次の島、そして1~2人専用の怪獣ランドと3ゲームプレイしてみました。最初のゲームでは、あまり面白さがわからず、ドミニオンに対抗してあえて作るほどのゲームなのかなぁと思いました。2ゲーム目では、デッキも島も変わりだんだんと慣れてきたこともあっても面白くなってきました。島の効果も最初の島は少し地味なので2番目がお勧めです。そして最後に怪獣の島。プレイヤー2人が協力して怪獣と戦います。(実際に攻撃するわけではなく、こちらの資源がなくなる前に、VPカードを買い切れれば勝ち、といったもの。)これがまた面白い!毎手番開始時に怪獣が島を動き、止まったマスに書かれた怪獣アクションが発動します。食糧やVPをかっさらっていったり、せっかく配置していた駒が飛ばされたりと、結構手ごわい!のですが、通常のプレイと違った面白さがあります。

これはドミニオン亜種の中でも最も面白いゲームなんじゃないかと思います。(他のプレイ経験は、バルバロッサ、くにとり、サンダーストーンくらいですが。)すでに再販分も売り切れのようですが、拡張セットを今後展開して欲しいと思いました。(中に英語ルールが入っているということは、海外展開するのかと思いましたが、国内分で売り切りってどういうこと?海外展開しないのなら英語ルールはいらなかったような気が・・・。)

|

« ゲームサークル坂戸 7/30,7/31 | トップページ | JAGA 8月20日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

 お邪魔します。

 7 Islands 面白いですか。
 興味はあったんですが、まだプレイしてないんですよ。
 ここ読んで、プレイしてみたくなりました。

投稿: はねはね | 2011/08/09 10:35

初期デッキで何度か怪獣島に挑みましたが結局勝てませんでした。
怪獣ポイントが進んでしまうと、すべての効果がX倍になるところがきついです。
事実上2倍になった時点でもう息の根が止まりかけます。8までのカウンターはいらないんじゃないかと思いました。

すっかりあきらめて、通常?の島で遊ぶようにしています。

投稿: buqbuq | 2011/08/10 17:44

懐かしすぎる

http://www.youtube.com/watch?v=gp8po7Y9TAw&feature=related

投稿: しおき | 2011/08/15 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/52425136

この記事へのトラックバック一覧です: 7 islands:

« ゲームサークル坂戸 7/30,7/31 | トップページ | JAGA 8月20日 »