« ズーロレット(Zooloretto)の魅力について | トップページ | ズーロレット(Zooloretto)の魅力について(その3) »

2011/11/26

ズーロレット(Zooloretto)の魅力について(その2)

ズーロレットはカードゲーム「コロレット」の流れをくむゲームであることは確かですが、単なる焼き直しではない、ということを前回説明したつもりです。「欲しいものを取る。いらないものは取らない。でもなかなかうまくはいかない。」というのがコロレットであり、世間一般にも、ズーロレットに対する理解がそこで止まっているように感じたので、「交換を基軸としたマネージメントゲームである」という見方を提示しました。最初の拡張セットであるXXLが「満室になった檻を空ける」という拡張であったことからも、作者の意図というか、このゲームの方向性が「交換」を基軸にしていることの何よりの証明だと思います。箱入りの拡張セットはこのあと、エキゾチック、ボス、と続くのですが、説明の都合上、先にボスについて触れます。

<拡張セット ボス>
基本セットとXXLにより、お金を稼ぐことを覚えました。しかし稼いだお金が直接VPに結びつくわけではありません。あくまでもVPは檻を満たすことに限定されていました。この拡張セットボスでは、「稼いだお金をVPに変換する」ということが基本コンセプトになっています。

またスポンサーの檻という3枠の檻が登場します。この檻を満たすと、VPチップと1寄付金を得ます。また、お金を払ってワーカーを配置することができるのですが、このワーカーの配置方法によって4通りのVP獲得方法があります。この中に、スポンサーの檻を満たしたときに追加VPが得られるものがあります。ここまで読まれた方はもうお気づきだと思いますが、もちろん複数回実施することが可能です。3枠を満たしてVPを稼いだうえで、4枠、5枠の方へと交換していくというベースラインが確立します。そして稼いだお金で、さらに効率的にVPを稼ぐべくワーカーを配置していくという要素が加わるのです。また、×印のついた動物タイルが1枚ずつ登場します。これは2コインで直接購入可能できるもので、あと1つで枠を満たす場合に役立ちます。こうした要素を俯瞰してみると、やはり、基本~XXL~ボス、、、という流れの中で、このゲームが「交換」を基軸としていることがはっきりと読み取れます。

<拡張セット エキゾチック>
順番が入れ替わりましたが、このエキゾチックは、XXL~ボスという流れにあった、交換によりお金を稼ぎ、稼いだお金をVPに変えていくという基本軸に変化を与えるものです。通り一遍の勝ち筋ではなく、別の視点を盛り込んでいることから、プレイヤーにより多角的な戦略が求められます。

具体的には、4~5色のお客さん駒とジャングルの動物たち(0点)が登場します。売店またはジャングルの動物を引き取ると、ボード上に置かれたお客駒が移動をします。これが売店と同様に、ゲーム終了時にボード上に残っていれば1色当たり2点になりますが、ジャングル動物が配置されるたびに、他のプレイヤーのお客駒が追い出される方向に移動をするため、お客が逃げないようにと、時として得点にならないジャングル動物を受け入れ配置するか、売店を配置しなければなりません。これまでのベースライン上では陽の当たっていなかった「売店」にも付加価値を持たせるなど、別の得点方法をうまく盛り込んでいる拡張だと思います。


簡単ですが拡張についてはこのくらいで。最後に、アクアレットとの比較について、触れてみたいと思っています。

|

« ズーロレット(Zooloretto)の魅力について | トップページ | ズーロレット(Zooloretto)の魅力について(その3) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/53342153

この記事へのトラックバック一覧です: ズーロレット(Zooloretto)の魅力について(その2):

« ズーロレット(Zooloretto)の魅力について | トップページ | ズーロレット(Zooloretto)の魅力について(その3) »