« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/17

JAGA 3月16日

この日は盛況で、一時はテーブルが足りない位でした。


思わぬ拾い物
P1180852
評価(竹)Oさん持込みゲーム。まずは軽いカードゲームということでこれを。正統派バッティングゲーム。シンプルな佳作。


ギンコポリス
P1180856
評価(松)続いてもOさん持込みのギンコポリスを5人でプレイ。エッセン2012の新作。正月のジャガ合宿でも夜中にプレイするチャンスがあったのですが、イラストのイメージ(SF系にありがちな、自分勝手な世界観の押しつけ)と、ついたて、リソース駒をタイル上に置いていくさま等を見て、お腹いっぱい感が漂い、プレイを避けていたもの。でもその時プレイしたOさんが、簡単なルールで短時間で終わるというので、プレイに臨んでみました。
 やってみたらこれが面白く、実によくできているゲームだと感心しました。昨秋のエッセン新作の中では、ツォルキン、キーフラワー、カッラーラをプレイしましたが、個人的にはこのゲームを一番評価します。
 アクワイヤではつぶされたホテルチェーンにお金が入り、カナイ製作所のラブレターでは捨てた札の特殊効果が発揮しますが、このゲームも、すでに場に出ているタイル(を潰して)上に新しいタイルを載せると、つぶされたタイルの特殊効果が使えるようになります。このあたり、うまくできてるなぁと感心しました。
 世間で評価がうなぎのぼりのツォルキンやキーフラワーは、プレイしていて何か楽しくないんだよなぁ。うまく言えないけどワクワク感がないというか、箱庭系なのに拡張性に乏しいというか。まだカッラーラからは多少なりとも楽しさを感じることが出来ましたが。ギンコポリスには、ワクワク感と拡張性を感じられるのです。5人では少し人数が多かったかもとOさんが言ってましたので、次は3~4人でやってみたいと思います。このゲームは購入することにしました。


ドメモ
P1180858
4人で軽く2ゲーム。


サンファン
P1180861
これまた4人で軽く2ゲーム。久しぶりにプレイしましたが、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/13

杉並ボードゲーム 3月3日

杉並の様子をダイジェストで。


貨モッツア
P1180833
午前中に4人でプレイ。


ドメモ
P1180834
これも4人だったかな。


ダチョウサーカス
P1180835
インストに回り、4人でプレイしてもらいました。


レースフォーザギャラクシー+拡張1+拡張2
P1180840
最近ハマっています。初の5人プレイ。資源はエッセンで買ってきた木製トークンを使用して表しています。このゲームの最大の魅力は多彩なカードとその組み合わせ。この点で言えば、ドミニオンやアグリコラの魅力にも通じるものがあります。両ゲームのファンの方にはこのゲームもお薦めです。スピード感もあり、戦略も多彩。繰り返しプレイしたくなる超絶傑作ゲーム。


ドミニオン
P1180842
初めてプレイされる方お二人と、三人で基本セットをプレイ。


ラブレター
P1180847
四人プレイ。


セブンワンダーズ
P1180851
最後にこれを七人でプレイ。緑戦略で勝利。久しぶりにプレイしましたが、やっぱり面白いですね。一度売ってしまったのですが、また買いなおそうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/02

ゲームサークル坂戸2月24日

日曜のみ参加@赤羽


ボーナンザ
P1180816
評価(竹)この日は集まりが悪く、午後になってフリーの人が3人になったのでプレイ。リオグランデの英語版には拡張の豆が数種入っているのですが、やや量が多いかなぁという印象。30点前後の勝負になったと記憶していますが、得点が大味に。


貨モッツァ
P1180821
引き続き、時間調整用にプレイ。


メルトダウン2020
P1180824
評価(梅)Tさんの持込み。ランダムに組み合わせたマップに自駒をばら撒きゲーム開始。7か所ある原発が次々に事故を起こし放射能をまき散らす中、自分のバス、車、ヘリを移動させて自駒を2か所ある空港のどちらかに運んで逃がすゲーム。クワリ社製のゲームということで、ややパズルチックな要素があるのは相変わらずです。見た目やテーマからヘビーな感じのゲームという印象でしたが、実態は単なる移動ゲーム。初期配置で輸送手段駒(バスなど)が僻地にあるとどうしょうもない部分があります。3~40分で終わる収束性は評価できますが・・・。


P.I.
P1180832
評価(竹)エッセン2012のワレス新作。私にとっては注目作ではあったものの、エッセンに行く往路の飛行機の中でpdfルールブックを読み、購入をとりやめたゲーム。実際にプレイしたところ、ルールを読んだそのまんまの印象でした。まぁ面白いには面白いんですが、突き詰めるとこのゲームは、2分の1の確率まで絞れたところで、他人の動きを見ながら、ギャンブルをして事件解決宣言をするかどうかです。その点で言うと、実力差が同じくらいの人でやらないと、勝負としては面白くないです。単に推理が当たった、わかったで盛り上がるには、毎ゲーム(1ゲームやるごと)に3回事件解決をやるため、飽きやすいように思います。これは丁度セブンワンダーの抱える問題と同じで、あのゲームも、1ゲームで3ラウンドやる構造になっているので、2~3ゲームもやれば、結果として10ゲームやったくらいの体験感というか既視感が漂ってしまうという欠点があります。色々と書きましたが、でもまぁたまにふらっとやりたくなる魅力もあります。そういった点でも、良くも悪くもセブンワンダー的ゲームかと。ワレスだからまずありえませんが、拡張キットなんかが出て、新しい要素が加わると良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »