« 杉並ボードゲーム 8月17日、18日 | トップページ | 杉並ボードゲーム 9月1日 »

2013/08/26

ゲームサークル坂戸 8月24日

久しぶりに赤羽のゲーム会場に参加。

事前に誘い合わせたメンバーが集まり、コマンドアンドカラーズアンシエンツのエピックバトル(メガマップシナリオ)をプレイすることが出来ましたのでざっくりと概要をご紹介します。

コマンドアンドカラーズアンシエンツ(以下、C&C)は、簡単なルールと手軽なプレイ時間(1ゲーム1時間程度)で楽しめる古代戦のゲームです。南北戦争をテーマとしたバトルクライから始まるこのシリーズは、いずれも高い評判を得ている人気ゲームです。C&Cにはこれまでに6つの拡張セットが発売されていますが、残念ながらメーカー在庫切れのものが大半でリプリントが待たれている状況です。私は元々のバトルクライからこのシリーズに入りましたが、C&Cには当初興味を持っていませんでした。バトルクライに比べて兵種が多く、ルールも多いのがめんどくさく感じたからです。数年前に、知人から物々交換で基本セットを手に入れた後もしばらくはプレイしなかったのですが、BGG等でのレーティングの高さや、拡張キットが多数出ていることに刺激を受け、プレイしてみることにしました。

当初懸念していたルールの複雑化については、杞憂に終わりました。一見兵種が多いのですが、軽歩兵3種類(緑丸:槍兵、弓兵、投石兵)が運用上は一緒であることに気がつけば、軽歩兵、外人歩兵、中歩兵、重歩兵の4種しかなく、その違いも振れるダイスの数と戦闘ダイスで「剣」のマークも当たり(Hit)になるかどうか程度の差異しか無く、いたってシンプルです。また、南北戦争等他のシリーズと違って砲兵が無いため、強力な長距離砲攻撃による退却強要とそれに伴う理不尽な「一歩も動かないうちに盤端離脱(除去)」が発生しないことや、ラインコマンド(戦列命令)による全軍前進&攻撃の「らしさ」と「戦線の重要性」などがとてもゲームを面白くしていることに気がつきました。拡張キットが多数出ていることによる、バリエーションの豊富さも繰り返しのプレイに耐えうる魅力だと思います。そしてなんといってもこのゲーム最大の魅力は、白兵戦での「反撃」ルールです。白兵戦攻撃を受けた側のユニットが、全滅せずにその場にとどまった場合に、反撃が出来ます。このルールにより、攻撃側が有利な戦闘システムではあるものの、撃ち漏らした場合には、攻撃側にも甚大な損害が出る可能性があり、またそのために、防御時にも反撃の機会を期待する楽しみが生まれています。

通常の2人プレイでも十分に楽しむことが出来たので、拡張キットを次々と入手しました。拡張キットの#1,#4,#6はクロノノーツで入手したものの、#2と#3がいくら探してもなかなか見当たらない。特に#2は150ドル以上の値段で取引されている上に、出物が全くなく半ばあきらめ掛けていました。一応#2と#3をカップリングしたものをGMTが発売予定ではあるのですが、スケジュールが遅れに遅れ見通しが立っていないこと、またそのセットには、ハードボードマップがついていないので、別途ボードを手配する必要がありさらに手間がかかるのです。そんな折、昨年のエッセンシュピールで、#2の開封済み未使用品を70ユーロで見つけ購入することができました。そして今年の6月付けGMTのニュースレターで周知のあった、GMT返品在庫放出販売にて#3をほぼ定価で入手。最後に#5をクロノノーツから購入し無事コンプリートに至りました。噂では、今後ビザンチン方面へ展開するとか。だとしたらSPQRのシリーズと展開の仕方が同じですね。

拡張の#3には、エピックバトルというメガマップを使ったシナリオとルールが含まれています。ボードを横に2枚つなげ、通常の倍のフィールドを使ってプレイを行うものです。このため、#2と#3には両面仕様のハードボードマップがついていて、2つそろえることで、メガマップが誕生します。マップの片面には二人対戦用の通常のヘクスが印刷されており、もう一面には、片辺が縁取りされておらず、2枚のマップをつなげられるようにヘクスが印刷されています。現在販売されている基本セットにもこのハードボードが1枚入っていますが、私が持っている基本セットは初版なので、厚紙ボード仕様となっており、2枚をつなげることが出来ません。(その分軽いのですが。)

エピックバトルのシナリオでは、両陣営に最高司令官と、左翼、中央、右翼の3人の戦場指揮官を置き、4人対4人で対戦します。8人のメンバーをそろえられない場合には、適宜役職を掛け持ちして、3人対3人や2人対2人、あるいは1対1の2人対戦も可能です。このエピックバトルが好評だったのか、エピック2として、エピックバトル用の専用カードデッキ(100枚)を備えた拡張キットが#5として発売されました。今回は、このデッキを使って、2人対2人(練習)、2人対3人、2人対2人の3ゲームをプレイしました。

カードは最高司令官が持ちます。手番では、1)全軍の行動としてアーミーカードを1枚使用するか、2)各翼(左翼、中央、右翼)に最大各1枚ずつの合計3枚までのフィールドカードを配分するかします。ターン終了時のカード補充が2枚と決まっているので、毎ターン各翼に一枚ずつ配分していたら、手札が徐々に減ってしまいます。そこで、1枚で複数の翼をカバーするカード(ただし効果は弱い)や、アーミーカードを使い手札枚数を回復させていくマネージメントも必要になってきます。

P1190326
1戦目 2人:2人で練習。セットアップの状態。


P1190330
1戦目 途中の様子。いったん打ち切り。


P1190331
2戦目 2:3で陣営を変え同じシナリオをプレイ。セットアップの状態。


P1190340
2戦目 途中の様子。


P1190344
3戦目 2:2で象の出てくるシナリオをプレイ。セットアップの状態。


P1190353
3戦目 追い込まれた騎兵。苦しい!


P1190354
3戦目 ゲーム終盤の様子。


評価(松松)ダブル松です。二人対戦も面白いのですが、複数プレイヤーでのチーム戦であるエピックバトルはさらに面白いです。一定の制限はあるのですが、相談しながら敵軍を撃破し、ともに喜ぶ楽しさは代えがたい魅力がありました。基本セットのカードでもエピックバトルは出来るのですが、エピックバトルに特化した拡張カードでのプレイの方がお薦めです。

|

« 杉並ボードゲーム 8月17日、18日 | トップページ | 杉並ボードゲーム 9月1日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

実際の戦場に立ったわけではないのでなんですが、雰囲気もよくでてますね。
再現性とゲーム性を両立させたウォーゲームの傑作です。
「6でろシステム」なので出した本人がビックリするような結果で、全軍に波及するところが痺れます。
4人vs4人の最高司令官に憧れます。

投稿: トンデモブラウ | 2013/08/27 07:50

チーム戦がこんなに盛り上がるとは意外でした。
個人的にチーム戦ゲームのブームです。
(他にあるのか知りませんが。)
# GMT "Sekigahara"は、C&C Samurai Battles とは関係ないんですね。

投稿: KOW | 2013/08/27 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/58070198

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームサークル坂戸 8月24日:

« 杉並ボードゲーム 8月17日、18日 | トップページ | 杉並ボードゲーム 9月1日 »