« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/31

ドイツ紀行2013 その3

ミュンヘンでの楽しみの一つが大きなゲーム売り場を有するオブレッターの訪問です。昨年立ち寄った時に衝撃を受けたので、今回も楽しみにしていました。往路をミュンヘン夕方着の直行便にしているのも、この店の営業が夜8時までなので、間に合うように来るためでもあります。

P1190544


P1190506
エスカレーターを降りて地下売り場に来たところです。昨年に比べ、ドイツゲームの主流ではなく、モノポリーやラミーキューブなどの全世界的な定番ゲームが中心になってきているように感じました。


P1190507
昨年あった大きなハバ棚は縮小。


P1190511
ざっと見渡してゲーム売り場はこんなもんです。棚の数が減り、スカスカになった気がします。


P1190510
ネスターゲームのような柔らか生地を使ったゲームなども。ただし40ユーロ位とかなり高額。


P1190516


P1190518


P1190519
田宮のプラモデル、日本仕様のものがそのまま売られています。


P1190520
田宮カラーも充実のラインナップ。グローバルですね。


昨年、初めて訪問した時にその充実ぶりに衝撃を受けたのですが、一年たって訪問したところ、普通のデパートと何ら変わりない在庫状況になっておりガッカリしました。フリーク向けのゲームはほとんどなく、東急ハンズと変わりません。もう訪問する価値はないと思いました。


つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2013 その2

19日土曜の昼12時に成田を発ち、ミュンヘンに向かいました。ミュンヘン到着が現地時間土曜日の夕方17時。ドイツと日本は通常8時間の時差がありますが、10月の最終週までドイツは夏時間を採用しているためエッセンシュピールが開催されるこの時期の時差は7時間です。到着まで5時間+時差7時間で都合12時間のフライトです。ミュンヘン空港到着後、昨年はシャトルバスでミュンヘン中央駅まで直行したので、今年は鉄道を使ってみました。

ミュンヘン空港の建物から案内に沿って外に出ると、広場があり、その先の地下にホームがありました。ミュンヘン空港駅は、「Sバーン」という日本で言う各駅停車列車の始発駅になっていました。2系統の路線が乗り入れており、どちらに乗ってもミュンヘン中央駅方面に向かっています。右回り、左回りというか、経由する地域が異なります。

路線図その1 (クリックすると拡大します)
Myumap

S1とS8があり、ホームには丁度S8が停車していました。向かいのホームからは、10分後にミュンヘン中央駅行きのS1が発車する予定となっていました。S8の方が出発が速かったので、近くにいる人にS8も中央駅に行くのか確認し、路線図も見て乗り込みました。

順調に路線図に書かれたのと同じ駅名を過ぎていき、やがてミュンヘン東駅に到着しました。いよいよ中心部だなぁとワクワクして乗っていたら、なかなか次の駅(中央駅)に着かない。へんだなぁと思っていたらパッシング駅に到着。ん?あれ?中央駅を過ぎてるじゃないか!ということで急ぎ列車降り、中央駅行きに乗り換える羽目になりました。

何が間違っていたのかと、中央駅にあったパンフレットを確認したところ、こんな図がありました。

路線図その2 (クリックすると拡大しますが、写真撮影なのでぼやけてます)
P1200899_2

東駅のあと黄色い路線が中央駅を迂回してパッシングまでつながっていました。おいおい。わからねーよそんなこと。

確かに、ミュンヘンの駅はターミナル駅なので、一方向からしか列車は入れないので、右から左に抜けられないはずだとはうすうす感じていました。でも地下駅があるのかなぁと勝手な想像をしたりして油断しました。他の乗客も同様に乗り換えていたので、間違いではないのかもしれませんが、別の手として、東駅でトラムに乗り換えて中心部に行くか、そもそもS1に乗ればよかったのかもしれません。

P1200900
(追記)路線図2が掲載されている冊子を改めて見たところ、7月から12月にかけての線路工事に伴う路線変更案内のようでした。表紙にオストバーンホフ(東駅)からパッシングと書かれています。したがって、たまたま工事の関係でこのようなルートになっていただけで、通常は路線図1のように中央駅に乗り入れているものと思われます。この冊子がミュンヘン空港駅で配られていればなぁと。車内アナウンスもありましたが、ドイツ語オンリーで理解不能だし。まぁしょうがないか。


ともあれミュンヘンに到着しホテルにチェックイン。とりあえずの旅の目的の一番目、ミュンヘンのおもちゃ屋オブレッターに向かいました。


つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/10/30

ドイツ紀行2013 その1

幸運にも昨年に引き続き休暇が取れたので、今年もエッセンシュピールに参加してきました。これから「ドイツ紀行2013」と題してレポートを連載したいと思います。

昨年は9月になってから行けることが決まりそれから航空券やホテルの手配を開始したのですが、今年は夏頃に職場で休暇の許諾を得ることができたので、お盆の時期に航空券やホテルの手配をしました。昨年訪れた各地がとても良かったので、今年もほとんど同じ旅程を組み、駆け足で過ぎてしまった所などをもう一度落ち着いて見物することにしました。

今回の旅程
19土 成田→ミュンヘン
20日 ミュンヘン→ミッテンバルト(泊)
21月 ガルミッシュパルテンキルヘン(日帰り)
22火 インスブルック(日帰り)
23水 ミッテンバルト→エッセン(泊)
24木 エッセンシュピール(日帰り)
25金 エッセンシュピール(日帰り)
26土 エッセン→ヴァッパータール→デュッセルドルフ→ロンドン→
27日 →成田

ミッテンバルトはドイツ南部にあるオーストリア国境近くの村です。週の前半はここに滞在し、付近の観光をしてきました。水曜日は移動日で、ドイツ北西部にあるエッセンまで北上し、エッセンに3泊ののち、帰国の途につきました。

まず航空券ですが、昨年は成田→ミュンヘン、デュッセルドルフ→フランクフルト→成田という往復で、全日空&ルフトハンザのコードシェア便を使用し約18万円でした。今年はエディハド航空だったか、中東系の航空券が安かった(往復で10~12万円)のですが、ドバイ経由で片道20時間以上の搭乗になることと、往路が土曜に出発して、現地の日曜の夜到着(一日無駄に過ぎてしまう)ということから早々に対象外とし、往路は成田→ミュンヘン、帰路はデュッセルドルフからどこかのハブ空港を経由して成田というルートを探しました。

最初に昨年と同じルートを見たところ、帰路の「土曜夕方フランクフルト発の成田便」が異様に高く、これを選択すると金額がぐーんと上がり、往復で27万円!というびっくり価格が表示されました。さすがに高いので、フランクフルト発はあきらめ他を探したところ、ロンドン経由が比較的安く、帰路をデュッセルドルフ→ロンドン→成田とした場合の往復が16万円台と出ました。昨年よりも安価であったため、これに決定しホテル探しに移行です。

ミュンヘンとミッテンバルトは割愛します。エッセンでは「ホリデーインエッセンシティセンター」というところにしました。最寄りのトラム駅がベルリナープラッツというところで、エッセンの中央駅と並んで、たくさんのトラムが経由している駅です。しかも駅直結でイオンモールのようなショッピングモールがあり便利です。ホテルはこの駅から歩いて5分くらいと近く、さらにさらに、駅とホテルの間にあるガソリンスタンドにコンビニような売店がついていて、コーラなんかを買ってホテルに戻ることができます。エッセンシュピールの会場に行くにも、エッセン中央駅の2つ手前の駅であることから、座っていくことが出来ました。ホテルの朝食もおいしく、明るくいい雰囲気だったのでお奨めです。シュピール参加者も数多く泊まっていて、1階のレストランでゲームを広げている人を見かけましたし、シュピールに来ていた日本人も見かけました。次にまたエッセンに行くことがあれば、このホテルにしたいと思っています。

ベルリナープラッツ駅
P1200763
左がトラムの出入口です。右に見えるのがショッピングモールで、地下でトラムの出入口ともつながっています。


Img_1381
ベルリナープラッツの駅からホテルに向かって少し歩いたところから、駅に向かって振り返った写真です。右側の建物がショッピングモール。左に見える黄色い建物(柱)がガソリンスタンドです。正面の車道の奥に看板が見えますが、そこがベルリナープラッツの交差点です。(一つ上の写真と同じ場所です。)

写真を撮ったこの位置から左に道が出ていて、歩いてすぐのところにホテルがあります。
ベルリナープラッツの駅から徒歩で5分ほど。ホントに近いです。


駅とホテルの間にあるガソリンスタンド
P1200455
ここにコンビニのような店舗があり、スナック菓子や飲み物などを買うことができます。


ホテル
P1200189
バスタブが無く、シャワーであったことと、wifiが極端に遅くなる時間帯(朝8時~と夜10時~、みんなが使うと遅くなる?)があったことがマイナス点ですが、立地や環境などは大いに満足できました。


今回は、いきなりエッセンの町中の写真から始まりましたが、説明の都合上、時間軸は今後前後します。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/27

ドイツ紀行2013 帰国しました

無事帰国しました。おってレポートを書きたいと思っています。
細かいことは昨年のレポートで書いたので、今年は写真中心の予定ですが、まぁどうなるかはわかりません。
出発前にアメリカアマゾンに発注していたメモワールが届いていました。

戦利品一覧
Image_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2013 帰国します

今日は土曜日、帰国のため移動中です。
現在トランジットでロンドンのヒースロー空港です。
45分間、無料wifiが使えます。

Image

まもなく飛行機に乗り、成田に向かいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/26

ドイツ紀行2013 エッセンシュピール 二日目

二日目も終了しました。
本日の戦利品。

Image

エッセンシュピールはあと二日続きますが、私の参加は今日までです。
明日土曜日から日曜日にかけて、ロンドン経由の便で帰国します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/25

ドイツ紀行2013 エッセンシュピール初日

最も興奮する初日が終わりました。
取り急ぎ戦利品の紹介です。

Image

ニコ生の取材を受けましたが、プレミアム会員に登録しないと見れないようで残念。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/24

ドイツ紀行2013 エッセン入りしました。

本日、エッセンに到着しました。
昨年の経験から鉄道の乗り方を当ブログにて紹介したところですが、初日にミュンヘン空港からミュンヘン中央駅に向かう時と、今日、ケルンからエッセンに向かう時の二回、ルートミスによる引き返しをする羽目になりました。ゲルセンキルヒェンってどこだよ一体、って感じで少し焦りました。

明日からいよいよエッセンシュピールです。チェックインしたホテルの一階レストランで早速ゲームをしている人たちが。別のグループは、スノードニアの新版を持っていました。プレス日の今日、買ってきたのかな?

今年も新作がたくさん出るわけですが、最近はまっているのがメモワール44ということで、狙っている新作ゲームは少なめです。

購入予定のもの
昨年の作品ですが、第二版と興味深い拡張が出るスノードニア(プレオーダー済)
ワーカープレイスメントはもうお腹いっぱいなので、今後は大好きな鉄道をテーマにしたものだけを追って行こうと思い、ロシアンレイルローズ
メモワール44や、アウトポストで使えそうな木ゴマ
あと、ワレスの古代戦カードゲームなど、小物や中古は状況により。
アグリコラ系は、アグリコラがあればもういいでしょうということで全パス。

こんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/20

ドイツ紀行2013 ドイツ入りしました。

本日ミュンヘン入りしました。
昨年に引き続き今年もエッセンシュピールに木金の二日間参加します。
エッセン前の観光もほぼ昨年と同じ旅程で南ドイツに滞在します。

ミュンヘンのおもちゃ屋、オブレッターをのぞいてきたのですが、なんかゲーム関係の取り扱いが減っていて、売り場がスカスカな感じ。アンドールの伝説と花火はありましたが、フリーク向けのゲームは殆どありませんでしたし、ハバ棚や、ゲームパーツ類も縮小していて残念な感じでした。ガレリアの売り場なんかとほとんど変わらない感じです。今後はもう訪れることはないでしょう。

オブレッターでは戦利品なし。
ガレリア(デパートというよりもイトーヨーカドーやイオンみたいな感じの大型店)での戦利品。

Image

バトルシップカードゲーム(ミルトンブラッドレー)
1ユーロの特売品。BGGで無事英文ルールへのリンクを発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/17

杉並ボードゲーム10月13日

連休中日に杉並ボードゲーム同好会に参加。

スノードニア
P1190453
評価(松)昨年のエッセンシュピールで発表されたワーカープレイスメントゲーム。鉄道をモチーフにしていて線路を引くんだけど、一本道の登山電車を走らすべく敷設工事をしていくもの。今年のエッセンで、ドイツ最高峰のツークスピッツ登山鉄道を扱ったバリアントが発売される可能性があると聞き及び、昨年訪れた思いから欲しくなりました。購入前にプレイ出来ないかと機会をうかがっていたところ、幸運にもAさんに持参いただけました。

まぁ、なんてことのないワーカープレイスメントゲームですが、やはり鉄道がテーマとなると評価+1って感じで面白く楽しめました。バリアントも含め、今年のエッセンで購入予定です。


メモワール44
オーバーロードシナリオ:マーケットガーデン作戦
2対2の4人戦
P1190462
セットアップの様子。左にある黄色っぽいのがイギリス軍主力部隊。地図中央にアイントフォーフェンとナイメーヘン、地図右にアルンヘムがあります。


P1190465


P1190470


P1190473


P1190476


P1190477
最終的に13-11でドイツ軍が勝利しました。
傑作。その一言です。


ノーザンパシフィック
P1190479
久しぶりにプレイ。複数回やりました。


レジスタンスアバロン
P1190483
手の空いた人が7人になったので、レジスタンスアバロンを。物が無かったので、適当なカードゲームを借りてプレイ。


スタンプス
P1190487
最後にこれまた、久しぶりにプレイ。面白かったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »