« ドイツ紀行2013 その5 | トップページ | 国立ゲーム会 11月1日 »

2013/11/02

ドイツ紀行2013 その6

前回の続きです。

これはどこだか忘れてしまったのですが、たぶん、エッセンのベルリナープラッツ駅にあるショッピングモールの本屋さんだと思います。
P1200753

P1200754


帰国便に乗る日に、エッセンからヴァッパータールという街に立ち寄りました。ここは、世界最古の懸垂式モノレールが走っていることで知られています。
P1200870

P1200818
が、運休していました。かつて、けがわさんのレポートでも何度かこの地を訪れたものの、運休していて乗れなかったとの報告がありましたので、事前にホームページを良く調べたうえで行ったのですが、ウェブにそうした情報を載せていないようで、行ってみたら動いていなかったという残念な結果になりました。老朽化が進んでいるからか、定期点検期間が設けられているようで、毎年秋は休んでいるようです。バスが代行運行しているので利用者に不便はないようです。観光列車的な扱いなのでしょう。

P1200830
仕方がないので、街中を散策。色々なチョコレート。入れ歯はやだなぁ。


P1200833
何処の街にもある(?)ガレリアのおもちゃ売り場。

P1200834

P1200836

P1200837

P1200839

P1200840

P1200841

P1200842
カルカソンヌビックボックスは39.9ユーロ。


ヴァッパータールにはショッピングモールの中にトイザらス(・・・をっ!カナとかなが自動変換された!)もありました。
Img_1427

P1200844

P1200845

P1200846

P1200847

P1200848
トイザらスは割と充実の品ぞろえでした。


ヴァッパータールの街中を歩いていたら奥まったところに、おもちゃ屋さんを発見。
P1200849

P1200850

P1200851

P1200853

P1200854


ヴァッパータールの本屋さんの一角。
P1200866


結局、色々とお店を見て回りましたが、取り立てて買いたいものはありませんでした。基本ドイツ語版だしね。先に少し紹介しましたが、ミュンヘンのガレリアで1ユーロの特売で売られていたバトルシップカードゲームだけでしたね、結果的に街中で買ったゲームは。そういった意味では、やはりドイツと言えど、エッセンシュピールの会場こそが、ゲームを買うに値するように思います。


つづく。

|

« ドイツ紀行2013 その5 | トップページ | 国立ゲーム会 11月1日 »

エッセン」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おお、ヴッパータール!
あの町はこじんまりしていて良いですよね。
写真のゲームショップも懐かしいです。
いつかはモノレールにも乗ってみたいです。確かエッセン前後の時期は学校の秋休みと重なるとかで運休だと聞いた気がします。となると、エッセンとは別の機会に行かなければならず、ハードルが高い・・・

投稿: けがわ | 2013/12/02 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/58500979

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ紀行2013 その6:

« ドイツ紀行2013 その5 | トップページ | 国立ゲーム会 11月1日 »