« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013/12/31

ドイツ紀行2013 その18 (最終回)

では、今回のエッセンシュピールのまとめです。

昨年に引き続いての2回目の参加でしたので、余裕をもって見て回るつもりでいたのですが、実際に現地に行くと、興奮もあり、まだ見ぬ新作ゲームへの興味からか、かなり血走った目をして会場内を回ってきました。また、今年は例年と違ったホールを使用していて、総面積は広がったらしいのですが、私は狭くなったように感じました。


今回のゲーム関連戦利品のリストです。

(ミュンヘンのガレリア)
バトルシップカードゲーム 1euro

(エッセンシュピール)
Field of glory 12euro
Russian railroads 40euro
Snowdonia 本体+ユングフラウ等パック英語版+ブリタニアブリッジ 50euro
Snowdonia ユングフラウ等パックドイツ語版 10euro
Snowdonia ダホーディルラインパック 5euro
Ugo 10euro
Das buch(カタンブック)48euro
ヘッジロウヘル(メモワール44拡張)45euro
木の駒 22.18euro+13euroくらい?
ポテトマン 5euro
カタンマップ(バイエルンとルール地域)4euro
花火シート 0.5euro
ズーロレットプロモ 0euro
フレッシュフィッシュ26euro
ヴィンチ18euro
海賊ダイス7euro
電力会社プロモ0euro
アグリコラプロモ0euro
スノードニアプロモ0euro
以上


中古ゲーム店の写真をたくさんアップしましたが、昨年に比べて、お店の数は減ったように思います。けがわさんからも昔に比べて相当減ったと聞きました。昨年は十数件あったように思いますが、今年は7~8件だったんじゃないかと思います。エッセンと言えば中古ゲームを格安で手に入れられるというイメージがありますが、やはりプレミアがついているものも多々あります。

P1200689
例えば、再掲になりますが、このお店の写真中央上部に、ビックボスと、サンタフェが写っています。試しにいくら?と聞いたところ、ビックボスが190ユーロ、サンタフェも90ユーロ位だったと思います。


P1200691
また、こちらの写真の右端上に、ツリーフロッグのルネッサンスの君主があったのですが、こちらは90ユーロと言われました。

「ナインティ」と言われましたが、私の耳では違いがよくわからなかったのでひょっとしてと思い、「19?」と聞き返したら、目を丸くして「ノット、ナインティ~~~~~ン!」と言い返されました。

こんなふうに、中古市場の価値が確立しているものは相当高いです。だから、写真ではたくさんの中古ゲームが写っていますが、どれもこれも安いわけではありません。よって、そんなにポンポンと売れていくわけではありません。


P1200328
このメトロポリスも84ユーロなんでしょうかねぇ?いや、2を消していて14ユーロか。84に見えるけど。


P1200266
今回、カタンブックを買いたいと思っていたところ、最初のお店に3つ在庫がありました。どれも新品でそのうちの一つ目の箱を開けたら58ユーロの値札がついていました。ちょっと高いと思い、周回してから再度戻り買うことにしたのですが、別の在庫を開けたら48ユーロの値札が入っていました。さっき見たのと10ユーロ違うけど良いの?と聞いたら構わないということで購入しました。ゲームの外箱に値札のシールを張っているのもあれば、箱の中に金額を書いたメモが入っている場合もあります。

その後、別のお店でシュリンクパック状態のカタンブックが38ユーロで売られていたのを見かけ、少しがっかりしましたが、、、。まぁこのように、お店によって値段が違いますし、同じお店の中でも値段が違うことがありますので、焦って買わないほうが良いかもしれません。


2回目のエッセン訪問を終えて感じることは、やっぱ良いところだなぁと。ドイツの屋台で売られているホットドッグとか、ジャガイモ料理とか、美味いんだよねぇ。そういうのにも魅かれ、また行きたくなるのです。来年も休暇が取れればまた行きたいと思っています。


<おまけ>
Img_1215
インスブルックのショッピングモールのトイレの洗面台。手をかざすと水が出てきます。排水は円周の溝へ自然と流れていきます。蛇口からの水が止まるときに少しだけ円の中央に水が残るようになっています。初めて見ましたがスタイリッシュでインパクト大。素晴らしかったです。


Img_1178
ガルミッシュパルテンキルヘン郊外のパルトナック渓谷。


Img_1281
インスブルックの街並み。例年まだ雪は積もっていないようです。昨年は訪問直前に雪が降ったので、山に行ったら一面の銀世界でした。


<おしまい>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/30

ドイツ紀行2013 その17

これで最後です。

<中古ショップの写真は全てクリックすると拡大します>


P1200578


P1200579


P1200580


P1200581


P1200582


P1200584


P1200585


P1200588


P1200589


P1200619


P1200688


P1200689


P1200692


P1200699


P1200701


P1200702


P1200703


P1200704


P1200705


P1200706


中古ショップの様子は以上です。

次回、最終回? まとめを予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2013 その16

つづきです。


P1200412


P1200414


P1200418


P1200419


P1200420


P1200421


P1200422


P1200423


P1200424


P1200425


P1200426


P1200428


P1200429


P1200430


P1200431


P1200433


P1200434


P1200435


P1200438


P1200573


P1200574


P1200575


つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/29

ドイツ紀行2013 その15

中古ゲーム続きです。


P1200332


P1200333


P1200359


P1200361


P1200368


P1200369


P1200370


P1200371


P1200372


P1200375


P1200384


P1200390


P1200393


P1200395


P1200398


P1200400


P1200402


P1200405


P1200406


P1200407


P1200408


P1200409


P1200410


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2013 その14

少し間が空きましたが、エッセンシュピールでの中古ゲーム販売店の様子を紹介します。
写真は大体時系列順ですが、同じ店に何度か足を運び、そのたびに写真を撮ったので、同じ店の写真が間を開けて何度か出てきます。また、ある程度選別しましたが、ダブリの画像も多少あるかもしれません。量が多いので4回くらい続くと思います。

<写真はクリックすると拡大します>

P1200260


P1200261


P1200262


P1200263


P1200266


P1200268


P1200270


P1200305


P1200306


P1200310


P1200311


P1200318


P1200319


P1200321


P1200322


P1200325


P1200326


P1200327


P1200328


P1200329


P1200330


P1200331



つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/16

ゲームサークル坂戸 12月14日、15日

本年最後の例会です。


<土曜日>
この日は、メモワール44のオーバーロードマップのシナリオをK氏と2戦しました。


メモワール44
ラッツインアファクトリー
Rats in a factory
P1210069
セットアップ


P1210076
市街戦なので、両軍とも建物をいくつか押さえています。

P1210085
ジェルジンスキートラクター工場をめぐる攻防。

P1210087


P1210088


P1210092
終了時の様子。トラクター工場を占領したドイツ軍の勝利。



2戦目
ソードオブスターリングラード
Sword of stalingrad
P1210093
裏面マップ。ソ連軍が市街地を占拠しており、ドイツ軍がそこに襲い掛かります。中央にある5へクスの丘が、ママエフ墓地です。

P1210095


P1210097
ドイツ軍中央突破。ママエフをブレイクスルー。

P1210100


P1210101
ママエフを突破するも、後続戦力が続かず。

P1210105
独軍は右翼から中央へ戦車を移送。

P1210108


P1210110


P1210112
工場群を押さえたソ連軍の勝利に終わりました。
都合、2戦プレイしましたが、市街戦はものすごく面白いです。またやりたい。



<日曜日>

スノードニア
P1210118
評価(松)基本パックで5人プレイ。。昨年のエッセンで初版が出たゲームですが、2版が今年のエッセンで発売されました。なぜか国内に入ってきていませんが、このゲームなんか、日本語版が作られてもおかしくない(良いゲームだ)と思います。

帰ってからBGGを調べたところ、ルール間違いがありましたので書き留めておきます。
コントラクトカードが無くなった時の処理です。前回プレイした時は、捨て札をリシャッフルして再利用していたのですが、その後、先日のジャガでプレイされていたのを見かけた際、カードがなくなった以降は再利用せず、「晴れ」としてプレイされていたように見えたので、この日もリシャッフルせずプレイしました。この点についてBGGに質問が上がっており、デザイナーから「リシャッフルする」との回答がありました。カード置き場に晴れマークが書かれているのは、万一、リシャッフルしても、すべてのカードが買われて、山札を作れなくなった際の「保険」として晴れが書かれているに過ぎないとのことです。JAGAで見かけたプレイでも、もしかしたら、山札自体がすべて購入されていたので「晴れ」としていたのかもしれません。

ま、いずれにしても、とても面白いゲームです。純粋な今年の新作ではありませんが、ロシア鉄道と双璧の傑作鉄道ゲームだと思います。


テンパス
P1210120
評価(竹)Kさん持込み。引き続き5人で。久しぶりにワレスのこのゲームをプレイしました。悪くはないんだけど、あまりリプレイ欲がわかないゲームですね。この日初めてお越しいただいたお二人の方には好評だったようです。まぁそこそこ面白いには面白いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/08

杉並ボードゲーム 12月8日

日曜日の杉並ボードゲーム。久しぶりの顔ぶれの他、新規参加者(・・・は2名とも未プレイのまま帰宅されたようでしたが)や短い時間ながらも夕刻過ぎに参加された方2名など様々でした。

プレイタイムが2~3時間程度のゲームが好まれる傾向がある会なので、お越しいただいてもタイミングにより1~2時間はお待ちいただくこともありますが、必ずメンバーシャッフルのタイミングがありますので、ゆるりとゲームを眺めながらお待ちいただき、場の雰囲気に慣れていただければと思います。


ロシアンレイルローズ
P1210040
評価(松)3人戦。「サンクトペテルブルグ線」を活用して何とか勝てないか?と言うテーマでやってみました。BGGにはこの作戦をとったら惨敗したとのレポートがありましたが、やはり伸びきらず勝てませんでした。ドラゴンボール(オレンジ玉)を二つ取るところまでは良いのですが、「掛ける2」がイマイチなんだよなぁ。そこまで行くんであれば、ナチュラルレールを出すことになる→だったらシベリア線ももう少しがんばれば白ジャンボレールが出る→結局シベリア線もやる、ということになります。うーん。戦略が固定化しそうになったら、サンクト線を上書きアップデートする拡張タイルが出るかもしれませんね。そうなるとまた面白いんじゃないかと。エンジニアの拡張タイルとか、差し替えの列車など、さらに言えば、舞台をドイツに変えても良いので、個人ボードの差し替えもあり得るかな?まぁいろいろ出来そうですね。今年のエッセンの新作ボードゲームではこのゲームくらいしかやってませんが、近年まれに見る完成度の高さだと思います。ルールやプレイに理不尽さが無いのが良いです。


メモワール44 イースタンフロントパック
スターリングラード レッドバリケードファクトリーコンプレックス
P1210042
C&Cナポレオニックのプレイ経験があるOさんと対戦。ノーマルのワンマップシナリオですが、勝利条件が一般的な6メダルではなく、10メダルと長丁場になっています。デイズオブワンダーのホームページには、シナリオごとのレーティングやコメントが掲載されているのですが、東部戦線の中でもかなり好評なシナリオでしたのでプレイしてみました。


P1210045
スナイパーが、「らしい」動きを見せてくれます。戦車に接敵されると攻撃できなくなるあたりがなかなかにシュールです。防御側としては使いやすいのですが、攻撃部隊では無いので、ドイツ側としては使い方が難しかったです。


P1210046


P1210048


P1210050


P1210051


P1210052
例によって、攻撃側は圧倒的な戦力を持っていますが、防御地形に阻まれ、思うようには進撃できず。ソ連側にリーチがかかったところで、起死回生のトラクター工場奪取(プラマイ2点の移動)をもくろむも、一歩及ばず敗北。10-6位のスコアだったと思います。次は、オーバーロード版のスターリングラード戦をプレイしたいと思っています。


フレッシュフィッシュ
P1210055
けがわさん絶賛のゲーム。エッセンで売られていたので買ってみました。アンパンチドで26ユーロ。なるほどルールは簡単なのですが、自動的に作られる道のルールの判定が難しいです。けがわさんのレポートや説明をネットで色々と読みあさった結果、次の結論に至りました。

 「盤上のとある空き地に建物が置かれたと仮定して、不都合が生じる場所が別途生じるのであれば、その不都合が生じる場所には道路が置かれる。」というチェックを常に行う。

 ここで言う「不都合」とは、次の2点です。
 1)道路が分断される
 2)建物が道路に面さない

 この考え方でプレイして問題が生じなかったので大丈夫かと思います。


P1210057


P1210064
評価(竹)何度かプレイして、あーなるほどね、と。どういうゲームかわかってきました。軽いタッチのパズルライクなゲームなのですが、タイルの展開を読み切る域にはなかなか達しません。アブストラクト好きな方には受けると思いましたので、けがわさんはお好きなんだろうと。まぁ私も面白いとは思います。何度かやって、全勝。案外向いているのかもしれません。


ティンダハン(テストプレイ)
P1210060
評価(竹梅)最近日本語版がでたカードゲームを、シュティッヒルンのカードを使ってテストプレイしてみました。面白かった製品版を買おうと思ってのお試しです。続くバストスもそうなのですが、いまいち面白さのポイントがわからず。


バストス(テストプレイ)
P1210061
評価(竹梅)なにをしたいのか、ゲームのテーマが良く見えません。つまらなくはないと思いますが、今一盛り上がりませんでした。


セブンアイランズ
P1210065
評価(竹)最後にこれを。超久しぶりのプレイですね。発売当初は絶賛していましたが、結局ドミニオンがあれば他はいらないや、ということで手放してしまいました。やはり島の探検ボードのルールは良くできていると思います。まずまず面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/02

ゲームサークル坂戸 11月30日、12月1日

週末の土日、2日ともゲームサークル坂戸@赤羽会場に参加。


<土曜日>

マミさんのティロ・ディエース
P1210003
評価(竹梅)バースト系のカードゲーム。再版されたファブフィブの様にダメージカウンターはカードを重ねることで表しています。順にカードを出し、合計数値を宣言。10を超えるとバーストです。これだけだと既存ゲームのパクリゲームでしかありませんが、他とは違う特徴的なルールが一つあります。残りの体力が0になっても脱落しません。0以外のプレイヤーが一人になるまでゲームは続くのです。また、0になったプレイヤーも、10を作ることが出来れば体力が1回復。逆転もあり得る点で良いゲームだと思いますが、ゲームが長引くというデメリットも。また、この手のゲームでお約束の「カードをプレイする際には書かれているセリフを大声で言いながら行うこと。」というルールがない。それじゃだめじゃん。だったら何のためにセリフを書いているんでしょうか?


WarParty ウォーパーティ
P1210012
評価(竹)ファンタジーウォーゲームの新作。4つの種族がゲームボードの四隅に居を構えており、そこからエリア支配を行うべくボード上を勢力拡大していきます。対面の2種族同士が味方となる2:2のチーム戦です。

ユニットには、攻撃力などの数値が書かれており、さいころを一つ振ってその数値以下を出せば1ヒット。相手は防御力数値以下をだせば防げますが、出せなければ除去。戦闘システムはハウスディバイデットとかインペリウム(良く知らないけど)とかに近いシステムかと。で、このくらいでやめておけばいいのに、ボード上に散らばる山や森を探索できるという要素を盛り込んだため、ゲームの焦点がぼやけてしまっています。ゲームに勝利するためにはボード上のエリアをたくさん支配することが大事なのですが、そこに探索というロマンを持ち込んでしまったこと、また、3駒だけ持てるヒーローの経験値という、どこかのポイントカードのような貯めても貯めてもレベルアップしないシステムを導入していることが、残念な点です。このあたりのフレーバーは別に良いのですが、ゲームを面倒にしているだけなので、ハウスルールなりで、スッキリさせてくれればと思います。

とはいえ、なんの変哲もない平坦なマップでの殴り合いの部分が、結構面白く白熱します。ゲームは12ターンの時間制なので、見た目のボリュームほど重くはなくプレイ感は軽いです。色々な意味でもう一つ、惜しい感じのゲームですが、再戦したいと思わせる何かがあります。10回、20回とやり込むと面白さがわかるゲームかもしれません。


ロシアンレイルローズ
P1210014
評価(松)キエフ作戦で行きました。キエフの+20点タイルのことを、これまで「キエフ工場」と呼んでいましたが、キエフの手前にあるので、キエフじゃないよね。という話をしながらのプレイでした。

それと、まぁどうでもいいことかもしれませんが、このゲームのタイトルはロシアンレイルローズです、複数形ね。でも国内のブログやツイッターなどで見かけるのは全て語尾が「ロード」になっています。もう今更ですが、「ロード」でタイトルは落ち着きそうですね。



<日曜日>

メモワール44 オーバーロードシナリオ
キャプチャーオブトブルク

セットアップの様子 (この写真のみ、クリックすると拡大します)
P1210018
評価(松)チーム戦をやりたかったのですが、プレイ希望者が集まらなかったので、トンデモブラウさんとの2人プレイ。42年の6月だったかな?枢軸軍がトブルクを奪取した戦いです。セットアップを見ていただくと分かるように、枢軸軍が数では圧倒していますが、このゲームでは、手番に最大3枚のカードしか配分できないので、活動できるユニット数は両陣営とも基本、差異はありません。そう考えると、たくさんの部隊がいても、全てが一度に動けるわけではなく、耐久力が多いくらいにとらえておいた方が良いのかもしれません。逆に言うと、数が少ないからといって、必ずしも不利かというとそうではないということです。


P1210020


P1210022


P1210023


P1210024
いけ!メッサーシュミット!


P1210025


P1210028


P1210030
15点先取のゲームで、最後は13対13と拮抗したところから、連合軍が2点を獲得し、勝利しました。プレイ時間は2時間ほどでしょうか。そんなに負担の大きなゲームではないので、オーバーロードシナリオでも二人プレイはありですね。次は、東部戦線、特にスターリングラード市街戦をやってみたいと思っています。


・街コロ
・街コロ+街コロ拡張
P1210034
評価(竹)基本セットで3人プレイ、その後、拡張を入れての3人プレイ。拡張は初めてプレイしましたが、カードの種類が多すぎて一度のプレイでは全体像が把握しきれませんでした。色々な作戦が組めるとは思いますが、種類が多すぎて困惑。ゲームごとに、3~4種類ランダムに抜くくらいが良いように思いました。


ポテトマン
P1210038
評価(松)5人プレイ。うーん、一色だけ2人が出せるというルールが、「ぬるい」です。カードプレイ時の選択の幅が広がってしまいます。4人でタイトにプレイする方が面白いと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »