« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014/01/26

ゲームサークル坂戸 1月25日

土曜日一日だけ参加。今回の会場は王子駅の北とぴあ。


エクリプス
P1210147
今更ながらエクリプスを購入しました。先日「ウォーパーティ」をプレイした際に、部隊編成をする国取りマルチってやっぱりいいなぁと思ったのがきっかけです。ただこの手のゲームは、往々にしてアメリカンテイストバリバリのしちめんどくさいシステムになりがちなので、洗練されたユーロシステムを取り入れているものがあれば欲しいなぁと思っていたところ、エクリプスがどんぴしゃに思えたので購入しました。2011年の作品と少し前のものではありますが、ルールを読んでいる段階でもニヤニヤしてしまうくらい面白さを感じることが出来ました。この日は狭い会場だったので、1テーブルしか使えませんでしたが、何とか3人プレイが出来ました。


P1210156
探索で古代文明の強力パーツを手に入れ、かなり有利な戦力を手にすることが出来ました。


P1210157
ゲーム終盤の様子。余裕をぶっこいてモノリスを4つ作ったのですが、最後に反撃にあい、領地を手放すことに。宇宙ベースによる防御戦術で領土を守った黄色プレイヤーが勝利しました。


評価(松)箱の大きさや、プレイの様子などを見るに、大掛かりなゲームとみられてしまい、敬遠されている方もいるかもしれませんが、ボリュームで言うと、アグリコラと同じくらいだと思います。拡張の方向性やテーマなど、ベクトルの向きは違いますが、プレイ感は似ているように思いました。SFテーマのゲームはどうしても旧きアメリカンの香りが漂い、めんどくさいシステム(プロット、大量のテキスト入りカード、特殊ルール)を採っているような先入観が私にはありますが、このゲームは、ことシステムについては、ガチガチのユーロスタイルを採っており、とても気に入りました。アメリカ人が作っていたら絶対「紙幣」が入っていたところだと思います。(ユーロ万歳!)

人気タイトルということもあり、拡張も次々出ているようなので、注目していこうと思っています。少人数でプレイしても面白いのが良いですね。この日のプレイは約3時間でしたが、あっという間で冗長感はありませんでした。


マンモス
P1210160
評価(松竹)以前ジャガで一度プレイし、そのシステムに感銘したゲームを購入しました。エクリプスに引き続きの3人プレイです。31枚のタイルを場にぶちまけたらラウンド開始。「場にあるタイルから好きなだけ取る」か、「他人のタイルを全部取り少なくとも一枚を場に返す」のどちらかを繰り返すだけ。これが不思議と収束します。よく比較される「もっとホイップを」より数段面白いと思います。ゲーム史に残る革新的なゲームだと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2014/01/19

JAGAゲーム合宿 1月11日~13日

毎年恒例のジャガ合宿に参加しました。今年は伊豆熱川の先、片瀬白田というところで行われました。ざっとダイジェストで紹介します。


宿の外観
Img_1632


熱川の間欠泉
Img_1639_2


初日の夜食
Img_1642


初日夜のパーティーゲーム
Img_1643


コンコルディア
Img_1648_2


犯人は踊る
Img_1652


舞星
Img_1653


ペアーズ
Img_1655


ストーリーズ
Img_1657


ウボンゴダイス
Img_1658


二日目の昼食
Img_1659


名物の肉チャーハン
Img_1662_2


付近の様子
Img_1665


舞星
Img_1672


スノードニア
Img_1674


二日目の夕食
Img_1677_2


マリア
Img_1682


京都
Img_1687


さらに、帰り際に犯人は踊るをもう一回プレイしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/01/13

新年ゲームパーティー 1月2日

毎年恒例、新年ゲームパーティ@上石神井に参加しました。


5本のきゅうり
P1210122
評価(竹)エッセンの会場で、何か小品がプレイされているなぁ、、、とは思っていた2Fシュピールの新作カードゲーム。簡単なルールで面白いです。会場でプレイしてくれば良かったと後悔。(買ってくれば良かった。)ただ、セブンワンダーズ問題(と私が勝手に命名している現象→1ゲーム中に同ゲームを複数回行うため、飽きやすい傾向が生じること。)を含有しているため、そこがやや難点かと。


エスカレーション
P1210123
評価(竹)久しぶりのプレイでしたが、面白いですね。バースト系。


カッツェンジャマーブルース
P1210125
評価(竹)最近リメイクされましたね。まずまず面白い。


ぼくらの火星
P1210129
評価(竹)メタルフィギア版を4人でプレイ。ロボット?駒をボードに置きエリアマジョリティが取れた資源のチャートがメディチのシステムで上がっていき、VPにつながります。うーん、「メディチ」は良いゲームだと思いますが、私が考えるメディチの良い部分というのは競りの部分とお金&VPをトラックにしているところです。逆にピラミッドチャートを駆け上る得点システムはあまり好きではありません。このゲームでもその部分が個人的には好きになれませんが、一般的には面白いと感じられるかと思います。私が世評の高い「ツォルキン」を全く評価していないのも、このメディチ式ピラミッド得点システムを導入しているからです。


ミッドナイトパーティー
P1210131_2
評価(竹)久しぶりにプレイ。盛り上がりました。


アッピア街道
P1210137_2
評価(松)コイン落としの見た目だけのゲームに見えるのですが、タイル選択やレース部分など他にもいくつか見どころがあり、バランスのとれた優等生的ゲームです。ドイツゲームの様々な要素、アクションあり、手番の綾あり、選択あり、レースあり、と一通り詰まっています。ドイツゲームを知らない人に、ドイツゲームとは?と聞かれたときにプレイすると良いのではないかと思います。じわじわと面白い、そんなゲームでした。


ナゲッツ
P1210138
評価(竹)秘密プロットゲーム。最近リメイクされちょっと気になっていました。2人でプレイ。ちょっとした時間にプレイするのに楽しいゲームだと思いました。


バックギャモン
P1210142
帰り際に1ゲームだけプレイしました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »