« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014/03/23

memoir 44 d-day landing

D-day70周年記念の今年6月、デイズオブワンダーから、メモワール44の拡張パックが発売される見込みです。

定価35ドルで、ブレイクスルーマップの6枚セット!

http://www.boardgamegeek.com/thread/1142343/new-memoir-44-d-day-landings-battle-maps-hit-the-b

まともにプレイするには、基本セットが6~12個、各モジュールが○個必要とか。
2マップシナリオなどもあるようなので、まぁ買おうとは思っていますが・・・。


以下、BGGから借用



| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲームサークル坂戸 3月22~23日

連休の中日と最終日は坂戸@赤羽会館に参加。


<土曜日>

ヒストリーオブザワールド
P1210269
評価(松)久しぶりにやりたくなって持ち込みました。3人でプレイ。最少人数でしたが、ダウンタイムが皆無でサクサク進みました。これはこれでありかと思いました。面白かったです。


アメリカンレイルズ
P1210273
評価(松)先週のジャガでプレイしたアメリカンレイルズのインディーズ版を持参。ヒストリーに引き続いて3人でプレイ。先週の教訓から一株20ドルくらいを目安にとアドバイスしてスタート。ところが30~40ドル近い値付けが乱発するなど、波乱の展開に。終わってみれば値付けが高すぎたようで、30ドル以上ぶっこんでいたところは収支マイナスでした。やはり20ドルくらいで出降りの判断をしていた方が良かったようです。



<日曜日>

ビックファイブ
P1210281
評価(竹)とりあえず二人で、そして三人でプレイしました。佳作。


小早川
P1210284
評価(松)三人でプレイ。


エクリプス
P1210293
評価(松)三人プレイ。最終決戦は起きず。


日曜日の例会には、はるばる静岡より「はなぴ~」先生が数年ぶりに参加されました。GJのフリードリッヒをプレイされていました。フリードリッヒは、別卓で、帝王M崎さんもプレイしていましたが、両卓とも一日がかりのプレイになっていました。


赤羽会館はこの四月よりしばらく改修工事のためお休みだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAGA 3月15日

雪とかいろいろあったので、ジャガには今年初参加。


ドミニオン
P1210254
評価(松)この日は、陰謀+暗黒時代。


アメリカンレイルズ
P1210259
評価(松)シカゴエクスプレスのインスパイヤ系。(通算5版かな?)同人時代の4版を持っていますが、若干ルールが変更されていました。4人でプレイしましたが、相場がわからず惨敗。一株当たり20ドルくらいが相場かなと思いました。


ネイションズ
P1210261
評価(松)せっかく持ち込んだのでとプレイに誘ったら4人集まり、マックスの5人プレイ。といってもフルの8ターンは長いので、ハーフの4ターンでお試しプレイ。


レンフィールド
P1210263
評価(とりあえず梅)トリックテイク。絵柄はもっとポップにした方が人気が出るような気がします。悪くはないんだろうけど、とっつきが悪い感じがしました。少しやり込んでみる必要があります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉並ボードゲーム 3月2日

レポートが大分たまってしまいましたので、ダイジェストで。


サンフランシスコケーブルカー
P1210240
評価(竹)軽く二人でプレイ。


Dark darker darkest
P1210242
評価(梅)クイーンゲームズのゾンビ系ゲーム。あまり面白さがわかりませんでした。


ヴィンチ
P1210247
評価(竹)ふとこの手のゲームをやりたくなって、スモールワールドに興味がわいたのですが、テーマ的にこっちかなと。発売当初に数回プレイしましたが、記憶はおぼろげ。昨年のエッセンで買ってきました。そしてようやくプレイ。無難に面白かったです。


P.I.
P1210250
評価(竹)久しぶりにやると面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/16

ゲームサークル坂戸 2月22日、23日

二日連続で参加しました。


<土曜日>

エクリプス
P1210207
評価(松)3人プレイ。テーマはスペースファンタジーですが、ガチガチのリソースマネージメントゲームだなぁと、改めて思いました。特に終盤の激突。この日は起きなかったのですが、適当に配置していると領土が全滅する可能性もありうるので気が抜けません。やればやるほどシビアさを実感。30年前のウォーゲーム全盛期のころにあったヒストリカル系マルチプレイヤーズゲームなんかと比べても展開の派手さで負けていません。システムのエレガントさについては言わずもがなというか隔世の感が・・・。マルチゲーム好きのウォーゲーマーにこそお薦めの逸品。


ラストチャンス
P1210211
評価(竹)久しぶりに持参してみました。


パシフィックタイフーン
P1210212_2
評価(竹)これも久しぶりにプレイ。


激闘川中島
P1210215_2
評価(?)ウォーゲームをやってみたいという方とお試しプレイ。ちょっと変わったルールがあって興味深かったです。


<日曜日>

ネイションズ
P1210216
評価(松)4人プレイ。途中協議終了。


テラミスティカ
P1210225
評価(竹)世評の高いこれを買ってみました。最初のゲームとしておすすめの組み合わせで3人プレイ、続けて、好きに選んでの3人プレイと都合二回プレイしました。

時系列で言うと、2011年のエクリプスの後、2012年の作品ということで、エクリプスの影響が多少あったのか、プレイヤーボードによるリソース管理システムが取り入れられています。ルールも別にむずかしくなく、アグリコラ~エクリプス~テラミスティカと、だいたい同じくらいのルール分量かなと感じました。種族ごとの特殊効果以外は、ゲーム中にルールブックを参照することはありません。

で、面白いのか?っていうところですが、うーん、まぁ面白いには面白いです。戦闘が無いので、全滅の危機感が無いことと、ターン数が6ターンと短いことから、エクリプスに比べてプレイ感はマイルドで軽いです。このあたりは、高評価につながるところでもあるのですが、賞を取るほどかなぁ・・・というのが私の感想です。選択できる種族が14種あることによってゲームごとの展開の多様性をうたっていますが、結局はどの種族でも、お金と労働者(白駒)を使って、住居→交易所→・・・とアップグレードしていく建築パターンは同じです。例えるなら、ハンバーグステーキを何ソースで食べるかの違いでしかありません。もっともこれはエクリプスなんかでも言えることですが。

このゲームで一番残念な所は、またしても、ま・た・し・て・も!あの私の大嫌いなメディチシステムを導入していることです。4つの教団への貢献度?を競うボード。ゲームデザイナーが楽をしたところですね。もう少し考えろよなぁ・・・(エラそう)。安易にこのシステムを使わないで欲しいと思っているのは、まぁ私だけかと思いますが。とにかく、この教団チャートのシステムさぇなければなぁと。自分でこの部分の代用システムを考えるか。

ルールは簡単なので、一般の皆様方には、お薦めできるゲームです。


マンモス
P1210239
評価(竹)最後にこれを4人でプレイ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »