« 調布のあな 1月4日 | トップページ | 杉並ボードゲーム 1月11日&2月1日 »

2015/01/14

立川ぼどげ会 1月10日

例年1月の連休はジャガ合宿に参加してきましたが、都内のゲーム会に参加したほうがたくさんのゲームが出来そうに思えたので今年は合宿を回避しました。連休初日の土曜に第3回目の開催となった立川の例会に参加しました。



インフェルノ
P1230678
評価(竹)
最近日本語版が発売されたカードゲーム。リードされたカードの色か数字が同じものを順に出していき、出せなくなった人がそれまでに貯まった場札を失点としてすべて引き取るというもの。6ニムトのように時には妥協して引き取ることも必要で、ハラハラドキドキ感も同じように味わえます。佳作。



グラスロード
P1230681
評価(ダブル松)
資源リング有りの開拓系という風貌から、どうせアグリコラの焼き直しだろうと高をくくって敬遠してきましたが、プレイしてみてびっくり。これは面白い!「魔法にかかったみたい」に似たシステムという触れ込みも耳にしていたので、アクション選択のバッティングなんかがあるとは思っていましたが、「魔法に・・・」の何倍も面白くなっています。

「魔法に・・・」ではアクション選択の結果が、単独成功、無難に追従、失敗の3段階ありましたが、単独成功したとしても得られる効果が地味でちっとも嬉しく(面白く)ありませんでした。バッティングシステム自体は良いものの、ゲームとして爽快感がないという非常にもったいない作品だっただけに、同種のシステムを組み込んだこのゲームにもあまり期待はしていませんでした。

グラスロードも基本構造は「魔法に・・・」と同じです。カードプレイにより得られる効果が変化し、得られた資源をVPにつなげていきます。しかしながら、より優れている点として、1)15種あるカードのバリエーション、2)カードプレイの手番順による有利不利が解消されるとともに、カードを出す順番が重要で悩ましい読み合いの要素になったこと、3)泥棒など相手の資源を減らすマイナス要素のカードがないこと、4)様々な効果を発揮する豊富な建築物、5)ガラスとレンガが自動的に生産される革命的な発想の資源リング、等々が挙げられます。また、感情移入しにくい魔法系ではなく、ワクワクする開拓系というテーマと融合させたことも良かったんだと思います。

1ラウンドが終わったところでゲームの全体像が見えてきました。15枚あるカードから5枚のカードを選ぶ時の悩ましさ・ワクワク感はたまらないものがあります。プレイしていて思わずニンマリ。会心のヒット作だと思います。そういえばこれも2013年エッセンの作品ですね。2013年のエッセンはホント最高の当たり年でした。つくづくそう思います。ロシアンレイルローズ、ネイションズ、ルイスクラーク探検隊、そしてこのグラスロードと、近年気に入ったゲームはほぼすべてエッセン2013の作品ばかり。早速購入しました。



ノーザンパシフィック
P1230687
評価(松)
子供連れの家族と一緒に。久しぶりにプレイしました。



セブンワンダーズ+バベルの塔
P1230691
評価(竹)
拡張のバベルの塔には2つのルールバリアントがあるらしいのですが、そのうちの一つ、バベルの塔ルールで。手番にできるアクションに塔の建設が加わりました。各自塔のパーツを3枚(タイル)持ってゲームスタート。お金を得る時と同じく、プロットしたカードを捨て札にすると塔のパーツを一つ共通のボード上に作ることができます。塔のパーツには、全員に適用されるルールが書かれており、別のパーツで上書きされるまでそのルールが適用されます。ルールには、建築や資源購入のコストが増減するもの等があり、プレイが楽になるものと苦しくなるものの両方があります。セブンワンダーズ自体、完成されたゲームなので、拡張セットでもゲームシステムを大幅に変える意図は無く、スパイス程度の変化にとどめている点は好印象です。基本ルールを知っていれば気分に合わせて好きなルールを取り入れられるので敷居は低く、良い拡張だと思いました。



コヨーテ
P1230693
評価(竹)
インディアンポーカーのシステムでブラフ(ライアーズダイス)。インディアンシステムというだけで、とりあえず面白くなるので、このゲームだからという部分はありませんが、面白いには面白いです。手軽にできるブラフ。カードが長方形で持ちやすくまた見やすいし、裏面にカード構成が印字されているなど、プレイアビリティに気配りがされているのはさすがです。日ごろから様々なゲームをプレイしているゲーム好きが制作にかかわっていることでプレイヤーの立場に立ったものづくりができるという好例。カードテキストが小さくて読みにくいわ、役の組み合わせに規則性が無くて覚えられないわ、ゲームプレイに全く必要のないヒストリカルノートがカードに書かれているわで、プレイアビリティが最悪な三国志カードゲーム「Sangoku」を作った方々に是非手に取ってもらいたい逸品。心理戦が好きな方にお薦め。



バサリカードゲーム
P1230697
評価(竹)
バサリのカードゲーム版。すごろく要素もカードにしてしまうことでボードをなくすことに成功しました。内容は、ボードゲーム版とほぼ同じ。面白さも同じ。プレイ前にバリアントルールを入れた方が良いという提案がありそれに従いました。ボード版の移動アクションにあたる商人(?)のカードの効果が弱いため、あまり進めなかった時には勝利点を与えるというものです。確かに一理ありますが、私は、商人、得点、宝石という3つの選択の価値を均一にする必要は無いと思っているので、オリジナルルールで良いんじゃないかと感じました。例えば宝石のアクションが強いとしても、強いアクションはバッティングしやすくなるんだから、それでバランスが取れると思うんですが、、、。まぁお好みでどうぞ。



Rail USA
P1230710
評価(松竹)
ウィンサムゲームズのエッセンセット2014より。これもまぁいつもの(?)キューブ株ゲームです。パリスコネクションのように、線路駒と株駒が兼用。6つの鉄道会社が出てきますが、登場順が決まっていて、第1ターンは赤と青、以降のラウンドで緑、黄色、紫、黒と順出てきて最後にもう1ターンで計6ターンのゲームです。スタートプレイヤーから順番に以下のフェイズを行います。1)登場している鉄道株を一つ得る、2)株を持っている鉄道会社の線路を合計で8個引ける(3人プレイの場合)、3)盤上の都市に置かれた物資キューブ(白)を別の都市まで運びリンク数に応じた収益を得る。

BGGのコメントに、パリスコネクション+蒸気の時代という例えがありましたが、まさにそんな感じのゲームです。物資を運ぶ際に、自分が株を持つ鉄道会社をうまく使ってリンクを稼ぐ所や、同じ鉄道会社の株を持ち合うプレイヤーとの共闘など、おなじみの要素が比較的簡単なルールと時間で楽しめる良いゲームだと思いました。



ハバナ
P1230714
評価(竹)
13枚のアクションカードのうち2枚をプロットし順番に解決。アクションカードでお金や労働者、資材を手に入れ、場に並べられた得点タイルを購入していきます。カードに書かれた数字の組み合わせでプレイ順が決まるなどなかなか面白いシステムで楽しめました。中米をモティーフにしていることから、泥棒系のアクションがあるのがちょっと好みではありませんが、まずまず面白いゲームだと思います。

|

« 調布のあな 1月4日 | トップページ | 杉並ボードゲーム 1月11日&2月1日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

『コヨーテ』の良さより『Sangoku』へのダメだしだけが印象に残りました。
『バサリ』は読み合いよりも「6でろシステム」だったので、カードにしたのはいいかもしれませんね。
見つけたら購入しよう。

投稿: トンデモブラウ | 2015/01/15 09:21

『コヨーテ』はやりたいと思っています。
『Sangoku』は買おうと思ってたんだけど、イエサブで手にとったらカードテキストが細かいのでやめました。

投稿: KOW | 2015/01/15 21:27

コヨーテは、まぁブラフなんですが、サイコロいらずのブラフということで持ち運びが楽なのが良いです。ブラフは自分のダイス目だけが分かり、コヨーテは自分の数字だけが分からないという、正反対の情報なのにプレイ感が驚くほど似ているのが面白いです。

Sangokuについては、ツイッター(@buq2)に少し書きましたが、カード効果と所属勢力、武器名を大きな文字にした差し込み用カードと役のチャートを自作しました。(投稿者buqbuqのリンクをクリックすると写真が見れます)

ユーザーインターフェイスは最悪ですが、ゲームそのもののポテンシャルは高いと思っています。それだけに非常に勿体無い作りです。1、2、3月のジャガには行けそうにないのですが、次に会えそうなタイミングで持参しますのでやってみましょう。

投稿: buqbuq | 2015/01/15 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/60974919

この記事へのトラックバック一覧です: 立川ぼどげ会 1月10日:

« 調布のあな 1月4日 | トップページ | 杉並ボードゲーム 1月11日&2月1日 »