« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/24

最近購入したゲーム

久しぶりに海外通販で購入。


P1230765

このうち、ティチューのみ国内(書泉グランデ)で購入。

ロールフォーザギャラクシーはやっと買えました。アメリカアマゾンが扱っていないので単品だと送料がバカ高くなりがちで買えずにいました。

ブルフロッグはミントとニアミントがあって、若干安かったニアミントを買ったら、若干使用感ありの中古で、株を置くタイルと借金タイル?がそれぞれ一枚欠品でした(涙)一応販売店にも問い合わせていますが、無いと言われるのが落ちでしょう。メーカーに聞いてみるしかないかなぁ・・・。まぁゲームができないわけではないし、最悪自作すればいいんですがね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/02/07

杉並ボードゲーム 1月11日&2月1日

杉並のレポートが2回分たまってしまったのでまとめて。


<1月11日>
会場に到着後すぐに高円寺にバイクで向かい、すごろくやで二つゲームを買ってきました。


ビースティーバー
P1230715
評価(竹)購入したゲームその1がこれです。繰り返しプレイしているうちにキャラクター能力がだんだんと頭に入ってきました。良いゲームだと思います。



グラスロード
P1230718
評価(ダブル松)購入したゲームその2。傑作だと思います。



In Flanders Field
P1230720
評価(竹梅)ワレスの第一次世界大戦ゲーム。博物館で販売されている歴史お勉強ゲームらしく、ゲームとしても教育系。手番にサイコロを3個振り、そのうちの2つの出目合計に対応する番号枠に置かれたカードを手に入れます。さらに続けてサイコロを振ることもできますが、すでにカードが取られていてカードがない場合などはバーストに。また、プレイヤーは英軍という位置づけなので、敵である独軍のカードはマイナス効果となっており、それを取らざるを得ないケースもでてきます。取得したカードをベースとして、ダメージカウンター併用のすごろくゲームになっており、自駒をいち早くゴールマスに持ち込んだプレイヤーの勝利。まぁゲームにはなっています。ちょっと冗長な感じがするので、ゴールマスを少し手前にしてもいいかも。



ビースティーバー
P1230723
何度かプレイしました。



天九(トランプ代用)
P1230724
評価(松)トランプで代用しました。天九の3人プレイ。



グラスロード
P1230725
この日2回目のプレイ。



<2月1日>

エイリアンフロンティア
P1230733
評価(松)4版と迷って木駒の3版を昨年手に入れました。アップグレードキットも3版対応の木駒版(1版)を注文したのに、届いてみたらプラスティック版(2版)。メールで問いただすと最初から在庫がない(表示を間違えていた)と言われ、紫のプラスチック駒がだぶついてしまいました。その後エッセンのこのメーカーのブースで木駒拡張を見つけたのですが15ユーロだったか20ユーロ(定価)だったので購入は断念。だって紫の木駒(ドーム)8個が欲しいだけなんだもん、高いよ、とまぁそんな状況のマイセットです。

最近になって、キックスターターの拡張がようやく発送されているようですが、私はそちらには手を出していません。だいたい、このゲームの拡張って、プレイヤー固有能力と秘密目的カードの追加だけなので、買ったら買ったで和訳作ってカードにつけなきゃいけないのが面倒。ランダム配布なので使うかどうかも分からないし。システムが大きく変わるわけではないので、とりあえずは様子見です。

ゲームの方はなんと5人プレイ。ダウンタイムが長くはなりますが、ゲームとしては成立しますし問題はありませんでした。プレイヤーのコロニーは、木駒とプラスチックと好きな方を使ってもらいましたので混在していますが、かえって見た目が良くいい感じでした。家で2人でやった時よりも面白く感じました。5人は極端かもしれませんが人数が多い方が楽しいですね。


ラングフィンガー
P1230738
評価(梅)かつて私がダメゲーの烙印を押したもの。その時の教訓よろしく、毎ターン必ず換金する作戦で逃げ切り勝利。うーん、どうなんでしょう。このゲーム、カードをためての追い込み作戦が利かない(届かない)ところがやはり問題かと。


エアロプレーンズ
P1230743
評価(松竹)これまた久しぶりに持ち込みました。ここ最近のゲームラッシュの影響か、ちょっと前のこのクラスの作品になると、さっぱりプレイしたという記録を見かけないですね。まぁゲームとしても突き抜ける面白さがあるわけではありませんが、プレイすると面白いことは間違いないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »