« 立川ぼどげ会 2月21日 | トップページ | 立川ぼどげ会 3月11日 »

2015/03/21

杉並ボードゲーム同好会 3月1日

杉並にて。


エイトミニッツエンパイヤ(八分帝国)
P1230766
評価(梅)
わずか8手番のゲーム。ヒストリーオブザワールドでも有効な薄く広くの「いっちょかみ」戦略で点を稼ぎます。必要なカードを取らせないカット戦術なども楽しめますが、いかんせんミニゲームなので、お腹いっぱいにできず、どうにもならない感や、これからなのに感の方が強く感じてしまい、あまり面白く感じません。



ペアーズ
P1230774
評価(竹)
1が1枚、2が2枚、、、10が10枚の計55枚のカードで行うバーストゲーム。ピラミッドカードゲームと数字構成が逆なので微妙に代用プレイが出来ないよう(工夫?)されています。引き運だけのゲームではありますが、プレイするとハラハラドキドキを感じられます。



1944 Race to the Rhine
P1230791
評価(松竹)
ポーランドのファランクスゲームズ社の近作。ファランクスゲームズ社製のゲームはあまり良い印象を持っていなかった(面白くない)ので、若干の不安を感じながらも、BGGでの評価も良かったため購入しました。

第二次世界大戦の西部戦線を舞台とした連合軍のレースゲームです。D-DAY(コブラ作戦)後、パリまで解放した米英系連合軍(モントゴメリー、ブラッドレイ、パットン)の3プレイヤーがドイツ国境のライン川(ゴールライン)越えを目指して進軍します。戦場を舞台としたゲームですが、戦闘ルールは簡略化されていて、必要な弾薬や燃料を支払えれば撃破できるのですが、その物資を前線に輸送するのが難しく、基本的にスタート地点からバケツリレーのように前線に輸送しなくてはなりません。ウォーゲームというよりもリソースの輸送に焦点を当てたユーロゲームです。

この日は初めてのプレイということもあり、あらかじめカードデッキの中身は確認せず未知との遭遇を楽しみました。結果として必要以上に慎重になりあまり進軍はできませんでしたが全体の流れをつかむことはできました。突き抜けて面白いわけではありませんが、ファランクスにしてはまずますかなと。ややあっさり目の軽いプレイ感です。



水曜どうでしょうボードゲーム世界編
P1230795


P1230799
評価(梅)
コンビニくじの第2弾世界編。ONちゃんの駒が立ちにくいという欠点がありますが、ゲームとしては一応まとまっています。システムとして破綻はしていません。ただ、持っているカードをやり取りするチャレンジ(サイコロ出目勝負)が頻繁にできるため、ゲームの進行がその都度中断してしまい、テンポが悪い感じがしました。またテレビを見ていないとネタがわからないという基本ファンアイテムであることや、ゲームシステムはただの双六なので、ファン以外は全く楽しめません。

双六のマスやもらえるカードに番組に出てきたセリフが盛り込まれているので、大泉・藤村のノリで読み上げるなどして笑えるファンならギリギリ。二人の掛け合いで笑えないファンなら論外のゲーム。よっぽどのファンであってもたんなる双六というあまり面白くないシステムをだらだらと楽しめる人でないと無理です。



ギャングオブフォー
P1230801
評価(竹)
大富豪系ゲームが好きなので買ってみました。ピーパー等との違いを感じるところまでは行きませんでしたので、類似ゲーム(ティチュー、フランクズー、リッチアンドプアー)と比較しながら今後もいろいろとプレイしてみたいと思っています。

|

« 立川ぼどげ会 2月21日 | トップページ | 立川ぼどげ会 3月11日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/61316980

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並ボードゲーム同好会 3月1日:

« 立川ぼどげ会 2月21日 | トップページ | 立川ぼどげ会 3月11日 »