« エッセンネタについて | トップページ | 杉並ボードゲーム 6月7日 »

2015/05/31

立川ぼどげ会 5月30日

立川ぼどげ会に参加しました。持参ゲームはコロッセウム、キャスタウェイズ、ノスフェラトゥの3点。このうちノスフェラトゥを7人と8人でプレイできました。



ひとひら
P1230984
評価(竹)
ゲームマーケットで販売されていた(?)同人ゲーム。袋の中から花びらを模したビーズを好きな数取り出す。3回までチャレンジでき、合計8個まで。取り出したビーズの色の組み合わせでバーストあり、ボーナスあり。各自ついたての前と後ろの二つのエリアを持っていて、ゲーム終了時にそれぞれのエリアで色と個数に基づき得点します。

ゲームとしてはなかなかよくできていて、それこそ20世紀中にドイツのメーカーから発表されていたとしてもおかしくないと思います。キレだけでコクが無かった90年代のクニツィアテイストが感じられました。惜しむらくはボーナスアクションが書かれた説明カードが若干読みにくいこと。特大アイコンとキーワードくらいでシンプルにした方がよかったんじゃないかなと。このゲームに限りませんが、カード効果の詳しい説明はルールブックに書いてあれば良くて、カード自体にはシンプルに「交換」とか「ついたての中へ」くらいの言葉で十分だし視認性もよくなります。3枚(両面)しかないんだし。「このカードは何だっけ?」と言いながらいちいち小さい文字を読み直すのは手間。もちろん、このへんは好みの問題だと思いますが。



A touch of Evil
P1230991
評価(竹梅)アメリカンテイストたっぷりのファンタジーホラー系ゲーム。例によって、「そこ」へ行き、イベントカードをめくるというアメリカ人が大好きな「おみくじ」ゲーム。テーマが魔法使いなのか、ゾンビなのか、クトゥルフなのか、という違いだけで結局いっしょなわけですが、このゲームは、魔獣を倒すという至ってオーソドックスなもの。ゲームボードが荒涼とした線画で雰囲気を出していますが、マス目の指示文が若干読みにくく、改善の余地あり。プレイヤー全員が協力して立ち向かうモードと、個々人で独立して魔獣を仕留めるモードがあるようでしたが、協力モードでやってみました。ルールに特段難しいところは無いのですが、さほど面白いゲームでもありませんでした。まぁ普通かな。良くも悪くもアメリカ式占いゲームなので、テーマ的に合う方はプレイされてみたらどうでしょうか。


ヘックメック
P1230992
評価(竹梅)7人でプレイ。


ノスフェラトゥ
P1230996
評価(松竹)7人と8人で2ゲームプレイしました。一回目はレンフィールド役をやり勝利。2回目は人間役で敗北。

<備忘録>
ドラキュラを仕留める杭を、ドラキュラが持っていた場合の取り扱いについて、この日はドラキュラ側の勝ちというルールにしようと、事前に確認したうえでプレイしましたが、帰宅後に英文ルールを確認したところ、正しくは以下のように取り扱うようです。

・杭を持つプレイヤーがドラキュラだった場合、ドラキュラは杭を使うことができないので、「まだその時じゃない」などと言って別の人に渡す。ドラキュラ以外のプレイヤーが「刺そう」と多数決で決したとしても、最終判断は持っている人(ドラキュラ)が決められるので、多数決を無視して、他人に渡す。

多数決が最終意思表示だと勘違いしていましたが、あくまで持っている人が最終決断するということで、この問題はクリアできますね。

|

« エッセンネタについて | トップページ | 杉並ボードゲーム 6月7日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/61672379

この記事へのトラックバック一覧です: 立川ぼどげ会 5月30日:

« エッセンネタについて | トップページ | 杉並ボードゲーム 6月7日 »