« 杉並ボードゲーム同好会 8月16日 | トップページ | 立川ぼどげ会 8月30日 »

2015/08/23

立川ぼどげ会 8月22日

立川駅の南ではこの週末夏祭りが開催されていてにぎわっていました。
そんな中、ボードゲーム例会に参加。



曼荼羅
P1240177
評価(松竹)

現在まで大ヒット(?)している「枯山水」が東京ドイツゲーム賞の大賞で、この「曼荼羅」は特別賞を受賞したものだそうです。テーマは仏教思想に基づく輪廻転生なんでしょうか?よくわかりませんが、選択できるアクションに飢餓道、人間道、修羅道など仏教的世界観の名称が用いられています。

各プレイヤーは丸い木駒(ディスク)を最初は3個(だったかな?)持っています。これをワーカーとして順番にアクションボード(写真左方の小さいボード上)に配置していきます。選択できるアクションはカードになっていて、一定のルールに従い各ターンに4枚並べられます。また、毎ターン1枚ずつ正方形のタイル(○と線が描かれたもの)もアクションボードに並びます。この正方形のタイルがターンの終わりに、大きなゲームボード(3×3の9マス)の空きマスに置かれ、ボード上にネットワークが作られて行きます。自分の丸駒を一筆書きでたどれた数(最長のもの一か所のみ)が得点になります。

選択できるアクションには、自駒を増やす、タイルを回転させる、配置済みの駒を入れ替える等々、要するに一筆書きネットワークを作るための、あるいは邪魔するために必要と思われるアクションがそろっています。正方形のタイルには、様々な模様というか線のパターンがあるので、隣り合っていてもつながっているとは限らないところが面白いです。

また、一般的にワーカープレイスメントゲームは、ワーカーを増やしたもの勝ちという傾向にありますが、このゲームでは、ゲーム終了時に置ききれなかったワーカーがかなり大きな失点になるので、ほどほどにしておかないと痛い目にあいます。このあたりのルールがよくできていると思いました。

難点としては、アクションカード(○○道)の文字が小さいことくらいでしょうか。毎回思うんだけど、カードに説明を全文書き入れる必要は無いということが、なぜ多くの(特に日本人)デザイナーはわからないんでしょうか。例えば「ワーカー+1」とだけ大きく書いてあれば視認性もよくなるのに、小さい字で全文載せています。詳しい説明はルールブックに書いておけばいいんです。このおかげで、ワーカーを置くたびに、「回転はどれだっけ?」と一枚一枚のカードを手に取り、小さい文字を確認しなくてはなりません。「タイル回転」とだけ書いてあればどれだけプレイしやすいか、このゲームに限ったことではありませんが、今後の作品作りにはぜひ取り入れていただきたいです。

ゲームとしては、ネットワーク系が好きだということで下駄をはかせている分もありますが、枯山水よりも曼荼羅のほうが面白いと思います。ゲームとしての面白さではこちらが大賞だと思います。ただ、見た目の地味さというか怪しさから万人受けするのはやはり枯山水のほうかなと。また枯山水と違って曼荼羅は2人プレイができないので、購入を躊躇しています。(一人が2陣営を持てばいいんでしょうけど。)

それともう一つ、好みの分かれる部分として、結局タイルが回転させられたり、タイルが移動したり、駒が入れ替えられるんだったらどこに置いても一緒でしょ的な感想を持つ人が出てくるでしょう。ネットワークを作るためのワーカー配置・アクション選択が「より多くの駒を置いたほうの勝ち(同数の場合は先置き勝ち)」という洗面器ゲームなので、合わない人もいると思います。実際プレイしてみると、それらすべてのプロットに勝てるわけではないので、どうしてもこれはというアクション1つに注力することになります。限られたアクションを駆使して勢力図を塗り替えていくというかなりシビアな思考ゲームです。(ルールは4ページくらいですが、やや説明不足の感があり理解しずらかったです。)


スノードニア
P1240186
評価(松)
今年のエッセンでオーストラリア大陸横断拡張パックが発売されることを受け、久しぶりにやりたくなりました。基本のスノードニアを舞台したカードセットで5人プレイ。


レースフォーザギャラクシー
P1240187
評価(松)


エイジオブクラフト
P1240189
評価(竹)
サイコロを振って施設カードを買い、その効果によってサイコロが増え、、、、という拡大系ダイスゲーム。プレイ感としては、ハンマーワークスのシティビジョンとか、王への請願、街コロといったゲームに似ています。ぞろ目を出すというよりも、たくさんの目を用意するという数勝負的な部分が斬新に感じました。なかなかおもしろかったです。


タイムライン動物編
P1240190
評価(梅)
テーマはファウナですが、プレイ感はなんてったってホノルル(さいたま)に似ています。各動物カードの裏には体長、体重、寿命の3つの数字が書かれており、スタートカードである人間の数値より大きいのか小さいのかを考えカードを一列に並べていきます。シリーズものでいろいろなテーマが出ていますので、好きなジャンルのものなら楽しめるのではないでしょうか。私は地理派なのでホノルルやさいたまの方が好みです。


アドラングランド
P1240193
評価(竹梅)
遊園地を作るカードゲーム。手札として配られるカードには遊園地に設置するアトラクションが書かれています。場札に隣り合うように手札から配置し、隣り合うカードが持つアイコンにより得点やペナルティ(カード)を得ます。高得点(集客)を稼げるカードは往々にしてペナルティ(待ち時間、建設費など)も大きいのですが、他のプレイヤーも高得点を狙っているので、大量得点のタイミングでそのプレイヤーがペナルティも丸ごと引き取っていきます。ペナルティはあまり気にしなくてもいいのかなと感じました。

|

« 杉並ボードゲーム同好会 8月16日 | トップページ | 立川ぼどげ会 8月30日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/62141151

この記事へのトラックバック一覧です: 立川ぼどげ会 8月22日:

« 杉並ボードゲーム同好会 8月16日 | トップページ | 立川ぼどげ会 8月30日 »