« JAGA 10月17日 | トップページ | ゲームサークル坂戸 10月31日、11月1日 »

2015/10/30

立川ぼどげ会 10月24日

土曜に開催された立川ぼどげ会に参加しました。


かたろーぐ
P1250281
評価(梅)
カタログや広告など何でも良いので7つの選択肢を用意し、親が秘密裏に順位を決めます。親はヒントとして4位が何かを皆に知らせます。その上で、1位が何か、次に2位が何か、、、と順に皆で予想し、当てた数だけ得点するというパーティーゲームです。題材は何でも良いのですが、この日はデパートのスイーツのチラシと、萌えキャラのイラストを使って2ゲーム行いました。本質的には得点を競うゲームでは無く、コミュニケーションツールだと思いますので、ゲームとして評価するべきでは無いと思いますが、やはり人を選ぶというか、当てる側に根拠となる情報が無いところが気になりました。

例えば、スイーツの好みで1位があんこを使った和菓子だった場合に、2位にもあんこ系の和菓子が来るのか、洋菓子が来るのかは、傾向としては推察できますが、親がそれを選んでいるかの確証がありません。わざと読みを外すように順位付けをすることも出来るので、結局当てずっぽうにならざるをえない気がします。とすると、やはり気心の知れた家族や、学校の休み時間にプレイするのに適したツールであり、ゲーム会などでのプレイには向かないんだろうなと思います。


ギップフェルストゥルマー
P1250284
評価(竹)
プレイの指針というか、自分なりにちゃんと狙いを定めてプレイするように心がけると、ゲームがダレないし、俄然面白くなってきます。頂上に向かうルートの内、中央はストレート系で比較的揃えやすいので、登りやすい半面、邪魔もされやすくなっています。一方、左右のルートは、出目の合計が24以上、26以上の様に大きな数字か、11以下、9以下といった小さな数字が求められ、中央に比べやや難易度が高いかわりに、邪魔もされにくくなっています。他のプレイヤーの位置取りなども考えながら、時にはルートの変更も考えるわけですが、なにぶんサイコロ次第なので、そう簡単には思うようなルートを取れないところが、また面白いです。


モンバサ
P1250285
評価(松)
帳簿係のインクマーカーを進める戦略をやってみようと思ったのですが、カードプロットを間違えるなどしてうまくいきませんでした。インクマーカーを進めるためには、本タイルを購入し、自分のボード上に並べておく必要があります。本タイルにはそこに進むため(本タイルの上にインクマーカーをのせるため)に必要な条件と、そこに止まった場合に得られるボーナスが書かれています。条件を満たしている限り好きなだけ本タイルの上を進める(通過できる)ので、同じような条件の本タイルを並べておくと、一気に進めて良いのですが、本タイルに書かれたボーナスが魅力的に思えて、つい刻んで進みたくなります。(通過したタイルのボーナスはもらえません。)その結果、なかなか進まないというジレンマにしびれます。

また、探検アクションを使うと、地図上のエリアに会社の駒を置くことが出来、そこに書かれたボーナスが得られるのですが、2つ(複数)の会社で同じエリアの取り合いをすることで、その都度ボーナスを得るという出来レース(マッチポンプ作戦)が可能です。現実的には、価値のある土地(ダイヤモンド鉱山等)を巡ってしのぎを削る各社の権力争いということを表しているんだと思います。こうしたテクニックが他にもあるのではないかと、なにかワクワクと期待させるものを感じます。プレイする度に何か発見がありそうで、かなり奥深いゲームという気がしています。


オッターノンセンス
P1250290
評価(竹)
前回に引き続き3人でプレイ。6人までプレイできるので、一度大人数でもやってみたいです。


お邪魔者
P1250292
評価(梅)
その昔一度くらいはプレイしているような気がしますが、詳しく覚えていません。この日は6人でプレイ。スタートカードと、3箇所のゴールカードを準備してゲームスタート。ゴールカードの内1枚がお宝のありかです。プレイヤーは手札からカードを出し、お宝に向かって道を繋げていくわけですが、ゲーム開始前に秘密裏に配られる正体カードにより、邪魔をする立場のプレイヤーが紛れています。山札が尽きるまでに無事お宝カードまでたどり着けば、労働者側の勝ち。得点カードを山分けします。道を繋げなかった場合にはお邪魔者プレイヤーに一定の点数が入ります。これを3回やって一番点の高い人が勝利。今回のプレイでは3回とも労働者だったので、淡々とカードを繋げるだけで終わってしまいました。お邪魔者をやらないとこのゲームの面白さは分からないのかもしれません。


カードライン
P1250295
評価(梅竹)
最後に軽く出来るものとしてこれをリクエストしました。動物の寿命で勝負。3枚の手札の内、1枚しか減らせませんでした。

|

« JAGA 10月17日 | トップページ | ゲームサークル坂戸 10月31日、11月1日 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

『オッター・ノンセンス』はいいですね。
最後まで頑張ると周り(特に両隣の下家)に手札がだだバレになるので、ある程度自発的にしゃがまないといけないんですね。
13と1を両隣ではない人が独占していたので、たまたま11以上4以下のない手札で勝てました(笑
一人が強いカードを独占すると、他の人も手札が(その人以外に)強くなるのが素敵。

投稿: トンデモブラウ | 2015/11/02 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/62581560

この記事へのトラックバック一覧です: 立川ぼどげ会 10月24日:

« JAGA 10月17日 | トップページ | ゲームサークル坂戸 10月31日、11月1日 »