« エッセン入りしています | トップページ | ドイツ紀行2018 その2 エッセンシュピール前編 »

2018/12/01

ドイツ紀行2018 その1 エッセン前の観光編


毎年恒例のエッセン旅行記です。

今年の旅程はこんな感じでした。
10月19日(金) 成田発→アムステルダム→ブリュッセル・空港ホテル泊
10月20日(土) ブリュッセル→チューリッヒ→サンモリッツ、ピッツネイル展望台、ポントレジーナ4泊
10月21日(日) ムオタス・ムライユ→セガンティーニ小屋ハイキング
10月22日(月) ディアボレッツァ展望台、モルテラッチ氷河ハイキング
10月23日(火) シュターツ湖サイクリング、サンモリッツドルフ観光
10月24日(水) ポントレジーナ→チューリッヒ→デュッセルドルフ→エッセン・3泊
10月25日(木) エッセンシュピール
10月26日(金) エッセンシュピール
10月27日(土) エッセン→デュッセルドルフ空港→パリCDG空港→パリ観光→パリCDG空港→
10月28日(日) →羽田着→帰宅

エッセン最寄りのデュッセルドルフ空港へのアクセスを考えると、ルフトハンザと同じグループのスイス航空や全日空が使いやすく、毎年利用してきましたが、今年はエッセン入り前の観光地をどこにするかと迷っているうちに、全日空のチケット代がかなり高くなってしまったので、別のルートを模索しました。といっても日本から欧州の空港への直行便はそんなに種類はないのですが、KLMの機内食の評判がよかったのと、比較的安価だったため、今年はオランダから入ることにしました。KLMはエールフランスと同じアライアンスなので、帰路はパリ→羽田便が使えることから、エッセン離脱後にパリ観光をすることにしました。航空券は、成田→アムステルダム経由→ブリュッセルと、デュッセルドルフ→パリ経由→羽田という往復で約18万円、それにブリュッセル→チューリッヒ、チューリッヒ→デュッセルドルフという往復をSwissairで購入して2万円。合計で約20万円でした。

また、今年の観光ですが、恒例のスイスハイキングでまだ行ったことのないところということで、スイス南東部の高級リゾート地であるサンモリッツにしました。物価の高いスイスですが、なかでも国内トップクラスという物価の高さで有名らしい街です。

<<まずはその1、エッセン前の観光編です>>

<金曜日>
IMG_0724
KLM往路の機内食。全日空より格段にうまい。

IMG_0729
KLM到着前の食事。うまい。全日空より格段にうまい。


ベルギーのフライドポテト屋


ワッフル屋。有名なダンドアに行ったんだけど、作り置きの丸型しかなかったので、庶民的なお店に。

IMG_0783
これが四角いブリュッセル風ワッフル。王道のチョコバナナクリームを注文しましたが、クリーム多すぎで気持ち悪くなりました。ブリュッセル風は生地に味がないのでトッピングが基本なのですが、ワッフルではなくトッピングを食べてる気がしてイマイチです。

IMG_0791
こちらが日本でもおなじみのリエージュ風(丸型)。生地に味がありトッピングはありません。こっちのほうが断然うまいです。

IMG_0784
ポテト。ソースはマヨが王道。うまい。

IMG_0754
ブリュッセル中心部にある世界遺産、グランプラス。

IMG_0766
小便小僧

IMG_0789
小便少女


ブリュッセル中央駅。2度の欧州大戦のことが刻まれています。

<土曜日>
IMG_0792
ブリュッセルからチューリッヒへの飛行機の中で、子供がゲームを広げていました。


サンモリッツへ向かうレーティッシュ鉄道は日本の箱根登山鉄道と姉妹鉄道です。


宿泊したホテル。サンモリッツから少し離れたポントレジーナという街に滞在しました。

IMG_0819
チェックイン後すぐ向かった、ピッツネイル。

IMG_0838
サンモリッツ市内の本屋さんの一角にあったボードゲームコーナー。

<日曜日>

ケーブルカーでムオタスムライユに上がりました。焼き栗の販売。

IMG_0848


IMG_0851
ハイキングをしました。砂利道を上ります。

IMG_0864
地元の画家セガンティーニの山小屋。

IMG_0872
大麦の入ったスープがこの地方の名物です。

<月曜日>
IMG_0893
ディアボレッツァ展望台。本来ならロープウェイの営業は昨日までで終了だったのですが、スキー大会の練習コースを解放するため、臨時でロープウェイが延長運行されたおかげで行くことが出来ました。

IMG_0913
モルテラッチ氷河。地球温暖化の影響で年々氷河が後退していますが、○○年にはここまで氷河があったという標識をたどりながら氷河に向かって歩いていくことができます。

<火曜日>
IMG_0935
ホテルの自転車を借りて、シュターツ湖までサイクリングをしました。

IMG_0962
サンモリッツ中心街のホテルのレストランで昼食。

IMG_0965
栗の季節ということでいわゆるモンブランケーキを。


IMG_0968
独仏蘭の3か国語表記のカップカレーライス。

IMG_0970
スイスのカルトドリンクの数々。

IMG_0975
有名なランドバッサー橋。写真を撮るのが難しい。

IMG_0978
チューリッヒに戻りました。

<エッセン編につづく>

|

« エッセン入りしています | トップページ | ドイツ紀行2018 その2 エッセンシュピール前編 »

エッセン」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

毎年楽しく読んでいます。スイスでのハイキングは楽しそうですね。
サンモリッツのあたりは行ったことがありますが、また再訪したくなりました。
スイスは旅行しやすいですよね。

投稿: けがわ | 2018/12/03 00:18

今年のエッセンではお会いしませんでしたね。サンモリッツは良い意味でも悪い意味でも何にもないところでした。自然を楽しむところですね。

スイスはドイツと違って電車が時間に正確なので好きです。

投稿: buqbuq | 2018/12/04 22:26

そうですね。今年は会えませんでしたね。
どこかで会って旅行に関する情報交換でもしたいところです。

スイスは非常に正確なのもそうですが、バーン2000計画によって乗り換え時間が最小になっているのがすごいです。
旅行者にも住民にも使いやすいですよね。日本も真似してほしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B32000%E8%A8%88%E7%94%BB

スイスの鉄道なら以下の本も面白いですよ。
https://www.amazon.co.jp/dp/4330076098

他に鉄道が正確な国だと、オランダが思い浮かびます。北欧諸国もかなり正確です。

投稿: けがわ | 2018/12/04 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36175/67437960

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ紀行2018 その1 エッセン前の観光編:

« エッセン入りしています | トップページ | ドイツ紀行2018 その2 エッセンシュピール前編 »