旅行・地域

2015/05/23

エッセンネタについて

今更ながらですが、過去3年(回)にわたり参加したエッセンシュピール関係のレポートについて、「エッセン」というカテゴリータグを付けましたので、ブログの右側にあるカテゴリー選択のところで「エッセン」を選んでいただければ、選び出されるようになりました。幾分か見やすく(探しやすく)しましたのでご興味がある方はどうぞ。


<備忘録>
ココログで該当記事を複数選択した後、下の方にあるメニューでカテゴリーの設定を実行すると一括変換できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/01

ドイツ紀行2014 その4

早くも最終回、まとめ編です。

今回でエッセンは3回目、現地の雰囲気にも随分と慣れてきたと感じます。しかしながら過去2回の時もそうでしたが、毎回鉄道に関しては何らかのトラブルが起きています。さすがに今回は手慣れた感じでトラブルもなくスイス編からずっと過ごしてきたのですが、帰国日になって、ドイツ鉄道がまさかのストライキを起こすという事態が生じました。

エッセン入りと前後して、テレビのニュースでやたらとジャーマンウィングス(ルフトハンザ系のLCC)の機体が出てきていたので、航空会社がストをやるらしいという雰囲気はそれとなく感じていました。シュピール2日目の帰り際、能勢さんと会った際に、「明日ドイツ鉄道ストらしいよ」と言われビックリ。とはいえ、帰国便はエッセンからほど近いデュッセルドルフ空港からだったので最悪タクシーで何とかなるなぁとは思っていました。

帰国日の土曜日、ケルン観光をしようと思っていました。朝ツイッターを確認すると、どうも本数制限をしながらではあるが鉄道は動いているらしいとの情報が入ったので、ケルンに行ってみることにしました。フィアホーファープラッツからトラムでエッセン中央駅へ、そこからは30分に1本くらいのペースで電車が動いていた感じです。とりあえずデュッセルドルフ空港駅へ向かい荷物を預けることにしました。コインロッカーが見当たらなかったので、空港に隣接する駐車場にある手荷物預かり所にてスーツケースを預けて、ケルンに向かいました。

ドイツ鉄道で移動する際、ICEという特急に乗る場合と、RE(急行)以下のクラスに乗る場合とで、切符の値段が違います。券売機で切符を買う時に、どの電車に乗りますか?と直近の列車の時刻が表示され選択できるようになっています。ICEの出発時間はすでに来ていましたが、5分遅れと表示され、乗れる雰囲気だったので「ICEにも乗れる切符」を買ってホームに向かったところ、目の前で扉が閉まってしまい、乗り遅れ(涙)。間引き運転をしてる関係から、次の列車は50分後のRE。デュッセルドルフ空港駅でしばし待ちぼうけを食らいました。

ケルン観光の様子
P1230505
ライン川クルーズの豪華客船が多数停泊していました。


Img_2215
チョコレート博物館


P1230526
5ユーロ位で、自分の好きな材料を組み合わせたオリジナル板チョコを作ってもらえます。


ケルンでは、チョコレート博物館などを巡って観光を楽しみ空港駅に戻りました。この時は5分後に来るREの切符を買ったところ、またも乗り遅れてしまい次の列車は1時間後。これでは間に合わないので、30分後に来るICEに乗りたいところですが、切符を変更しなくてはならないわけです。ところがDBの窓口は大混雑。銀行のように順番カードを引いてみんな待っている状態。このままこの切符で乗ってしまおうかと悩んだその時、「ローカル切符専用カウンター」という2~3人しか並んでいない窓口を見つけ、これはチャンスとばかりに並んでみました。ケルンからデュッセルドルフ空港までの切符は長距離ではなくこの地域の切符ということもあり無事にそのカウンターで変更手続きをすることが出来ました。

でもって、無事ICEに乗れたのですが、座席が自由席なのかどうかがわからない。結構空席があったのですが、表示板に「g.g.f.reserviert」とかなんとか表示されていました。基本的に指定予約が入っている場合には「ケルン~エッセン」等と座ってはいけない区間の表示がされています。2年前にICEに初めて乗ったときは、ブログにも書いたと思いますが「フリーなんとか」っていう表示だったので、今回の乗車時にもその表記を探したのですが、すべて「ggなんとか」になっていました。近くのご婦人に「座ってもいいんですかねぇ?」と聞いてみたら「たぶん大丈夫だと思うわよ」と言ってもらったので、座ることにしました。辞書を引いたところ、ggfの意味は「if necessary」。必要に応じて予約席ですみたいな感じで、結局良くわかりませんでした。その後無事空港駅に着き、帰国の途に就きました。


P1230548
デュッセルドルフ空港にあるアイスクリーム屋「モーベンピック」


Img_2246
スイスのフランチャイズだと思いますが、シングルコーン1.8ユーロ。バニラを食べましたが激ウマ!(濃いめです。清里の清泉寮系ではなく、那須の南ヶ丘牧場系のソフトクリームに近い感じです。)


今回の旅行で飲食物について個人的な発見というか覚醒というかがありましたので少し紹介します。一つ目はカリーブルストです。一昨年、初めて食べたときに、かなり味付けが濃いこともあって、あんまりおいしいとは思わなかったのですが、今年改めて食べてみて思ったのが、ケチャップベースで胡椒っ辛いこのソースが、関西風お好み焼きのドロソースの味に似ているなぁということです。お好み焼きの味かぁと思うと、これが結構イケます。付け合せはパンかフライドポテトを選べるのですが、断然ポテトがおすすめです。ソースの辛さを良い感じで中和してくれます。ああ、これはうまいなぁと、カリーブルストに目覚めました。

P1230496


もう一つは炭酸水です。当地でミネラルウォーターを買う際、日本人はガス入りに慣れてないし、美味しいと思っていなかったので、これまでは避けていましたが、ペプシゼロとか、コカコーラゼロを愛飲している身としては、炭酸をゴクゴクできれば満足なので、なにも甘くなくてもいいんじゃないかということに気が付きました。そこで冷えた炭酸水を、コーラを飲む感覚で風呂上りにゴクゴクとやってみたところ、のど越しの満足感は同じものが得られました。これならコーラよりも健康的だし良いじゃんと、その良さに気付いた次第です。ガス入りの水はミネラルウォーターと比べちゃいけないんだなと。当たり前だけど炭酸飲料だと思って飲めばおいしくいただけます。

最後に、エッセンシュピールに行く意義について触れたいと思います。

うーん、正直、中古ゲームはもう期待できません。日本で人気のありそうなゲームってそもそも現地でもそれなりの値段がしますので、決して安い買い物ではなくなってきています。それに今の日本のボードゲームファンって、昔のゲームにそんなに興味というか関心が向いていないですよね。新作がどんどん出版され新しいものへ関心がシフトしている昨今、一昔あるいは二昔前のシステムのゲームをわざわざやりたいとは思わなくなってきているんじゃないかなと感じています。

また、新作についても、特にホビージャパンが怒涛の新作ラッシュで11月には主要タイトルを日本語訳付きで販売するという状況です。帰国してルールを読もうかと思っているころには、国内でも購入できるので、重い思いしてわざわざ現地で買ってくる意味はありません。

日本で販売されない中小メーカーの作品であっても、海外通販で容易に手に入りますので、限定数量となっている拡張セットだったり、大好きなゲームのプロモだったりを手に入れられるのがせいぜいかなぁと。あとは、たくさんのゲームに囲まれるあの雰囲気を楽しむ、恒例行事としての体感、前後の日程に組み込む観光旅行、そういったものとの「合わせ技で一本(=行く価値がある)」になるという感じがします。ゲームを買うだけの目的でのエッセン旅行は最初の1回くらいは良いかもしれませんが、何度も行く価値はないなぁという気がします。


モントルーにて
P1220853
列車の窓から無理矢理撮影。ビルエヴァンス他、各種ライブアルバムの表紙として有名なシオン城。

P1220962
サンタナ


P1220912
そして、フレディ!


来年も、年に一度の息抜きというか、リフレッシュのために、欧州を訪問するという恒例行事の一環としてのエッセン参加が出来ればいいなぁとは思っています。

そんな感じで、今年の旅行記は終わります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/29

ドイツ紀行2014 その3

シュピール編です。

P1230049


P1230052


P1230053

会場は昨年に引き続きトラムの終点メッセウエスト駅側から入場です。切符購入後、一番大きなホール3から入場。ホール3の奥の方でホール1と2に隣接しています。ホール1と2を突き抜けると開放的なガレリアが有り、その先にホール4(一部のみ使用)がありました。ホール3には大手企業のブースが、ホール1には中小、ホール2には中小とコスプレ、コミック系、そしてホール4には小、とざっくりこんな感じでした。

開場直後は比較的すいていることから、購入したいもの、プレオーダーしていたものをどんどん購入していきました。ロシアンレイルロードの拡張を手に入れようと、ホール3のハンスイングリュックのブースに行ったところ、「うちはホール3とホール1の2カ所にブースを展開していて、販売はホール1の方でやっている」と言われました。会場は結構広いので、あっちこっち歩かされると結構疲れます。ホール1のハンスのブースに行ったらスタッフが二人いてそれぞれに長蛇の列。

P1230085
ハンスのブースでの長い購入列。

カルカソンヌのプロモボックス(?)他、さまざまなグッズやプロモを販売しているので大人気でした。これだけ並んでるんだから、もっとスタッフ増やせよ・・・と並んでる誰しもが思っていたと思います。5ユーロで拡張を買ったところ、カルカソンヌの街タイルエッセンシュピール2014バージョンをいただきました。通常の街タイルに置き換えて使うんだろうけど、カルカソンヌ持ってない・・・。

P1230089

もともと新作よりも、拡張やプロモが目当てでしたが、意外にプロモの価格も馬鹿になりません。無料のものもありますが、5ユーロくらいで追加タイルなんかが売られています。持っているゲームのものだからとあれこれ買い集めると、それこそ100ユーロとか、すぐにでも越えてしまう勢いです。だったら本体というかボックスゲームの新作を買った方が良いと思います。だいたい1つ30ユーロくらいですから、プロモを5~6個買うならね。よほど好きなゲームのものに限るなど選別も大事です。持っているだけで、別に好きでも無いゲーム、やりもしないゲームのプロモをあれこれ買ってもしょうが無いでしょう。プロモ貧乏にならないように注意しましょう。入場してすぐのところにシュピルレイのブースがあって、ズーロレットのプロモが売られていましたが、4ユーロで、いろいろなゲームのオリジナルプロモを1つのシートにまとめたもの。必要なのはズーロレットのタイル一つだけなので購入は見送りました。560円は高いでしょ。


以下、ざっと会場の様子を写真で紹介します。

P1230066
デイズオブワンダーのブースでメモワールの戦術本他、絶版品以外は販売されていましたので、欲しかったモジュール類を購入。


P1230070
この場で売っていたわけではないのですが、ラベンスバーガーから出ていたルディガードーンの宇宙マンカラ「スペースウォーク」のフランスだったかスペインだったか版。ゲームマテリアルの紹介展示品としてディスプレイされていました。この版だったら買いなおしたいと思いましたが、会場では売ってませんでした。


P1230315
ロックフェスティバルでの客の立場を再現したカードゲーム「レディトゥロック!」客席後方からステージ最前列をめざし群衆をかき分けて進んでいきます。途中お邪魔カードで「モッシュピット」などが形成されたりしますが、「フライングサーフィン(大玉ころがし)」カードで乗り越えることができます。あとバラードがかかると自然消滅(笑)・・・といった具合に結構シュールなシチュエーションが再現できて面白いです。20ユーロで売られているけどこのブースで買えば12ユーロ!と言われ悩んだ結果、2日目に買いに行ったら10ユーロで売ってくれました。


P1230077
ウィンサムゲームズのブースにて。ジョンボレーさんから優しい声で「センキュー」と言っていただけました。


P1230235
ステファンフェルドがサインしていました。


P1230179
ダイスを使ったプロレスゲーム「ルチャドール」の第二版が発売されました。面白そうだったので初日にタッグマッチプレイをさせてもらいました。その時は購入の決断が出来なかったのですが、二日目にも見に行ったら、初日に一緒に戦ったイラストレーターの人が顔を覚えていてくれて再戦に誘われました。2回もインストしてもらいプレイして分かったのですが、決めのポーズを繰り出したら「ルチャドール!」、椅子攻撃だったら「チェアー」等と皆で大声出してノリノリでプレイするのが正しい(楽しい)スタイルのようです。


P1230433
ノリノリで説明してくれました。


P1230434
この人がゲームのデザイナー。購入したパッケージにサインしてもらいました。


P1230435
この人がレスラーのキャラクターデザインをした方。タッグマッチを一緒に戦いました。



P1230156
クイーンゲームズの新作「グリード」をプレイしました。100枚くらいあるカードの中から、ゲームごとに一定の枚数(20枚程度)をランダムに取り出します。これを各自に均等に配り、カードドラフトをしていきます。最終的に手札となったカードを用いてお金を稼ぎ、そのお金や必要な条件を満たすカードプレイをすることで、ギャングとしての支配(縄張り)を増やしていく、そんなゲームです。カードの組み合わせでコンボのようなものができます。例えば、このカードは10000ドルもらえる、こっちのカードは5000ドルでピストルアイコンが手に入る。ピストルアイコンがあれば○○がもらえるカードがまた別にある、、、、というような感じです。うまく順番を組み合わせてカードをプレイしていくことで条件を満たして色々なものを手に入れてきます。2~3ゲームやってみましたが、今一つ突き抜けない感じがしましたので、まぁそこそこ級のゲームかと思います。


二日目の午後、そろそろ帰ろうかと思っていた頃にМ隈さんに会いました。数字と色が書かれた二つのさいころを振り、出た組み合わせのカードを早くとるかるた系ゲームや写真のようなアクションゲームをプレイしました。
P1230450
頭に取り付けた人間クレーンを用いて、カードに書かれた形にプラスティックの資材を積み重ねるゲームです。


それから恒例の中古ブース情報です。年々寂しくなっていると噂されていますが、今年は昨年にも増して(?)弱体化していました。全部で4~5店舗しかなく、扱っているゲームもよく目にするものばかりでいまいちな感じでした。開場当初、アベカエサルが3個とシュミット版のアクワイヤが4個積まれているお店がありましたが、翌日には無くなっていました。あとルネサンスの君主(90ユーロ)が昨年から引き続き売れ残っていたのを確認したり、とそんなもんでしょうか。ウォーゲームについても在庫は豊富ですが、ボロボロのガンスリンガーが70ユーロ、ボロボロのタイタンが80ユーロとかなり高額です。こんなんじゃ売れないよなぁと思う一方、サルベージし尽くされてしまった?感のある中古ブースの凋落を残念に思いました。


(今年はクリックしても写真は大きくなりません→大した物無いし、いいよね。)

P1230081
遠くにルネサンスの君主が見えます。

P1230113
ガンスリンガーとタイタン。高い!


P1230119


P1230405


P1230425


P1230406


P1230407


P1230126
3人用バックギャモン


P1230189
よくわかんないけど、おもちゃの大型ピストル専門店。


P1230137
スパイラルポテトに初挑戦しましたが轟沈。油っこいので一人で食べるのはきついです。


P1230142


今年のレポートはあっさりと、まとめ編に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2014 その2

スイスは良い国でしたが、とにかく物価が高いというマイナス面もあります。それからスイスだけでなくドイツにも共通することですが、野菜や果物の摂取が難しく、意識してサラダやフルーツを取るようにしないとパンと肉、チーズだけの代わり映えの無い食事になってきます。

一応スイスではこんなところに行ってきたということで写真を数点掲載したところで、具体的な観光話はバッサリと省略しドイツ編に入ります。

P1210586


P1210620
4か国語表記です。


P1210855
左の山がアイガー。えぐれている感じがしているのがかの北壁。


P1210940
アルプスの氷河が岩山を削り滝として流れ落ちるトリュンメルバッハの滝。


P1220301
バッハアルプゼーという場所にて、逆さシュレックホーン。


P1220743
007映画の私的ベスト作品である「女王陛下の007」で敵のアジトとして作られたシルトホルン。


<ドイツ編>

今年はスイスのジュネーブから飛行機でデュッセルドルフに入りました。過去2年はエッセン入りの前に南ドイツに滞在していたことからエッセンに向けて7時間近くかけ電車で北上していましたが、今年は気分を変えて飛行機にしてみました。スイス中央部からエッセンまで鉄道だとやはり7時間程度かかります。デュッセルドルフは空港は問題が無いのですが、空港駅が要注意。スリの被害報告が過去のレポートでも散見されています。特に背負っている荷物などに注意を払いながらRE(急行)にてエッセン入りしました。


P1230256

今回エッセンで宿泊したのは「ウェルカムホテルエッセン」です。エッセン中心部のトラム環状を時計の文字盤に例えると、エッセン中央駅が6時、ラトハウス(市役所駅・ショッピングモール併設)が3時、今回のホテルは2時の位置になります。昨年泊まったホテルは10時の位置で、その折り利用していたベルリナープラッツ駅(ショッピングモール併設)が11時の位置です。料金は、2名利用3泊素泊まりフリーWifi2台可で4万5千円強でした。このホテルは食事が別料金でかつ高い(朝食一人13ユーロ前後)ことから素泊まりを選択しました。

エッセンには、3時の位置にラトハウスと、11時の位置にリンベッカーという二つのショッピングモールがあります。規模はリンベッカーの方が大きく(3階建て)、フードコードも充実していますが、ラトハウス(1フロアー)にはレアルという7~22時まで営業している巨大なスーパー(ホームセンター級の広さ)があります。リンベッカーはイオンモールのような感じで、ラトハウスは商店街というか駅の地下街のようなイメージです。昨年はリンベッカーを発見し、驚き、感動したのですが、一旅行者ですし、洋服やら何やらのショッピングをしないのであれば、ラトハウスのようにスーパーが充実しているところの方が実際に購入する(必要な)ものがあるという点では優れているように思います。おしゃれなカフェや、ウィンドウショッピングを楽しむならリンベッカーがお薦めです。

ウェルカムホテルエッセンはラトハウスの一つ先のフィーホーファープラッツというトラムの停留所から直ぐのところにあり、ラトハウスからも徒歩5分くらいと至近です。ドイツ滞在中はとにかくパンとチーズの食事に明け暮れるので、醤油や米の味が恋しくなります。一昨年の初エッセンの時にはラトハウスで見つけたアジア料理のフランチャイズ店の野菜中華丼に出会い生き返った気がしました。以来、エッセン滞在時には欠かさず食べています。昨年泊まったホテルも便利でしたが、ラトハウスにあるこのお店に欠かさず通っている身としては、歩いて5分ほどで行けるウエルカムホテルの方が自分には合っていると思いました。今年はホテル予約の動きが速かったにもかかわらず、ウェルカムホテルはなかなか満室にならなかったので、予約は取りやすいホテルだと思います。来年以降も行く機会があれば、ウェルカムホテルにしようと思います。

エッセンには水、木、金と3泊したのですが、夜食はラトハウスのアジア料理店に水、金の2回と、木曜に話題のペッパーコーンに行きました。エッセンに行った人たちが度々口にする「ペッパーコーン」ですが、中央駅から繁華街を10分ほど歩いた街の中心部にありました。看板にニューヨークスタイルステーキと書かれていたので、なんだぁ、アメリカ風なのかぁ・・・と思いながら入店しました。

事前情報で、ノリの良い店員さんがいるとか、シュピール開催期間中は混んでいて入れない等と耳にしていましたが、特段そんなことはなく、余裕のある店内に静かに入店。店を間違えたのかなぁと最初は不安でした。行った時間が早かったのかな?(18時過ぎ頃だったと思いますが。)


P1230260
名物?のステーキ。ハンキングテンダー350グラム(26ユーロくらい)

パンチの効いた塩味のヒレステーキで抜群にうまいです。どうでしょう、日本で3500円出して、このクラスのお肉が食べられるかというと厳しいかもしれません。株主優待がある関係で、ステーキの宮にたまに行くんですが、ヒレステーキを食べても、肉の味がしないんだよねぇ。

P1230262
こちらは魚料理。カレイのフライのようでした。3000円くらいだと思います。


ラトハウスにあるアジア料理のお店
P1230029
いつも店先で焼きそばを炒めている小柄なおじさんが満面の笑みで迎えてくれます。英語が通じないので身振り手振りで注文しなくてはならないところがネックですが、そんなことを気にさせないニッコリ笑顔が最高です。


P1230030
これがお気に入りのベジタブル中華丼。900円くらい。

朝食はラトハウスのスーパーやパン屋などに朝買いに行き、ホテルに持ち帰って食べました。

そんな感じで、シュピール編へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/28

ドイツ紀行2014 その1

エッセン参加も今年で三回目となりました。恒例?のエッセンレポートです。といっても、今年は他のレポートも増えてますし、あっさりと振り返りたいと思います。

今年は4月頃、早々に休暇の許可を得ることが出来たのですが、その時点でエッセンのホテルを検索したところ、結構埋まっていて、昨年宿泊したホテルはすでに満室でした。年々参加者が増えている証拠なのか、とりあえず予約だけする人が増えているのか、まぁ良くわかりませんが、出だしはそんな状況でした。

また、エッセン入りする前の観光ですが、今年はスイスアルプスを見に行くことにしました。

今回の旅程
11土 成田→チューリッヒ→グリンデルワルト(泊)
12日 ユングフラウヨッホ他観光
13月 トリュンメルバッハの滝、ミューレン観光
14火 フィルスト、シルトホルン観光
15水 グリンデルワルト→モントルー→ジュネーブ→デュッセルドルフ→エッセン(泊)
16木 エッセンシュピール
17金 エッセンシュピール
18土 エッセン→ケルン→デュッセルドルフ→
19日 →成田

航空券は全日空のサイトで購入し約21万円。以下のとおり計3回搭乗しました。
・成田→チューリッヒ(スイス航空)
・ジュネーブ→デュッセルドルフ(ジャーマンウイングス)
・デュッセルドルフ→成田(全日空)

スイスはスイスフランが公式通貨でユーロが使えないため、成田空港でユーロの他にスイスフランの両替もしていきました。ともに5万円ずつくらい両替し、その他にクレジットカードや、以前のレポートでも紹介した「PLUS」機能で、現地のATMから現金の引出しをしました。

スイスは初めて訪問しましたが良かったです。ドイツよりも清潔だし、トイレも無料だし、電車(の時間)は日本以上に正確です。日本以上と感じたのでおそらく世界最高だと思います。それから観光地の看板がドイツ語、フランス語、英語の3か国語表記が基本で、さらにイタリア語が書いてあることもあります。マルチリンガル環境が当然であることに感動しました。

グリンデルワルトからモントルーに向かう電車では、ドイツ語圏からフランス語圏に代わる移動だったのですが、ある駅を境に車内アナウンスの順番がドイツ語-フランス語-英語の順番であったのが、フランス語-ドイツ語-英語の順番に代わるとともに、車掌さんがフランス語を話すようになりました。世界に出るとやっぱり英語だけではだめだなぁというのは常々感じていることですが、ことスイスについては、ドイツ語とフランス語そして英語とおそらくイタリア語をも自在に使い分けている人々を見るに、ドイツ語とフランス語「くらい」出来なきゃしょうがねぇなぁ(通用しねえんだなぁ)と思いました。勉強しましょう。


そんな感じで、続く。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/10/19

成田に着きました

Image

帰国する土日に、ドイツ鉄道がストライキを起こした関係で、列車が間引き運転され、移動に多少の混乱を来たしましたが、無事帰国しました。

今回のエッセンシュピールにて購入したものをまとめておきます。

ロビンソンクルーソー拡張 ビーグル号航海記 30e
ウィンサムゲームズの2014エッセンセット 100e
スノードニア拡張 ネクロポリス 7e
ロシアンレイルローズ拡張 5e
アグリコラ拡張 フランスデッキ 12e
メモワール44 戦術本 35e
ドミニオンプロモ プリンス 5e
ロビンソンクルーソー プロモ ビーストカード 5e
ルチャドール 30e
アイバーエンジン 25e
レディトゥロック 10e
メモワール44 D-Day landings 30e
メモワール44 砂漠/雪原マップ 15e
メモワール44 地中海パック 25e
蒸気の時代 拡張マップ ヨーロッパ/アメリカ 2e
レイルウェイオブザワールドカードゲーム 20e
レイルウェイオブザワールドカードゲーム拡張 2e
木の駒 2.75e
スリーブ 2.5e

計363.25eかな。今年は初めてウィンサムのセットをエッセン受け取りにしてみました。それでも100ユーロはやっぱり高い。

貰った(無料)のもの。
ファイブトライブス プロモ 魔人カード
ロビンソンクルーソー プロモ スコープ
ルイスアンドクラーク プロモカード
ズーロレット プロモカード
アグリコラ プロモ Lデッキカード
カルカソンヌ プロモタイル
シュピールボックスマガジン(切り取り式のボナンザがついてました)

以上です。

ブルゴーニュの追加シート(BGGのプロモとSpielboxのバックナンバー)が欲しかったのですが、会場内では売っていませんでした。それ以外は買おうかどうか迷ったものは取りあえず購入したので満足しています。

今年は、現地の様子がツィッターで報告されるなど、多くの方が速報されていたようですし、レポートも多数書かれることと思いますので、例年のような連載レポートは必要ないかなと思っています。落ち着いた所で、ざっと感想程度を書こうかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/18

エッセンシュピール2日目

2日目も無事に終わりました。

2日目の戦利品です。
Image

結局メモワールものや安かった鉄道ものを購入。新作では2日続けて試遊したルチャドールと、アイバーエンジン、そしてロックフェスティバルをモチーフにしたカードゲームを購入しました。ロックなカードゲームはトンデモブラウさんにドンピシャ(うける)とおもいます。今度やりましょう。

明日の晩、デュッセルドルフから帰国しますが、ドイツ鉄道がストライキらしく、タクシー移動を余儀無くされそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/10/17

エッセンシュピール初日

一年で最も熱い?一日が終了しました。

初日の戦利品

Image

デイズオブワンダーのブースで、メモワール44の戦術本が買えるとは思いませんでした。もともとフランス語で出版されていたもので、長らく英語版が待たれていたものです。近々出版されるとは耳にしていましたが、エッセンで手に入れるとは。重いです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/16

エッセンに到着しました

エッセン入りしました。いよいよ明日からシュピールが始まります。
昨年に引き続き、なぜかエッセンの時期になると、Memoir44に興味が湧いてしまい、ユーロゲームへの盛り上がりがイマイチになっていますが、そんな中での今年の購入計画をざっと紹介します。

購入予定 (PO...プレオーダー)
ウインサムゲームズのエッセンセット PO
ロビンソンクルーソー拡張ビーグル号航海記
スノードニア拡張パック PO
ロシアンレイルローズ拡張
アグリコラ フランス拡張デッキ

主だった所は以上で、あとはプロモ類やアクセサリー類を予定しています。傾向として、拡張ものが中心です。新作の多くが日本に続々と入って来ますので何も重い思いをして持って帰る必要がありませんし、ワーカープレイスメントをシステムの中心に据えた資源換金系のマネージメントゲームはお腹いっぱいなので全パスの予定です。アグリコラのパックがあれば十分です。

今年は例年にも増して?日本人参加者が多いようなので続々とレポートがあがることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/31

ドイツ紀行2013 その18 (最終回)

では、今回のエッセンシュピールのまとめです。

昨年に引き続いての2回目の参加でしたので、余裕をもって見て回るつもりでいたのですが、実際に現地に行くと、興奮もあり、まだ見ぬ新作ゲームへの興味からか、かなり血走った目をして会場内を回ってきました。また、今年は例年と違ったホールを使用していて、総面積は広がったらしいのですが、私は狭くなったように感じました。


今回のゲーム関連戦利品のリストです。

(ミュンヘンのガレリア)
バトルシップカードゲーム 1euro

(エッセンシュピール)
Field of glory 12euro
Russian railroads 40euro
Snowdonia 本体+ユングフラウ等パック英語版+ブリタニアブリッジ 50euro
Snowdonia ユングフラウ等パックドイツ語版 10euro
Snowdonia ダホーディルラインパック 5euro
Ugo 10euro
Das buch(カタンブック)48euro
ヘッジロウヘル(メモワール44拡張)45euro
木の駒 22.18euro+13euroくらい?
ポテトマン 5euro
カタンマップ(バイエルンとルール地域)4euro
花火シート 0.5euro
ズーロレットプロモ 0euro
フレッシュフィッシュ26euro
ヴィンチ18euro
海賊ダイス7euro
電力会社プロモ0euro
アグリコラプロモ0euro
スノードニアプロモ0euro
以上


中古ゲーム店の写真をたくさんアップしましたが、昨年に比べて、お店の数は減ったように思います。けがわさんからも昔に比べて相当減ったと聞きました。昨年は十数件あったように思いますが、今年は7~8件だったんじゃないかと思います。エッセンと言えば中古ゲームを格安で手に入れられるというイメージがありますが、やはりプレミアがついているものも多々あります。

P1200689
例えば、再掲になりますが、このお店の写真中央上部に、ビックボスと、サンタフェが写っています。試しにいくら?と聞いたところ、ビックボスが190ユーロ、サンタフェも90ユーロ位だったと思います。


P1200691
また、こちらの写真の右端上に、ツリーフロッグのルネッサンスの君主があったのですが、こちらは90ユーロと言われました。

「ナインティ」と言われましたが、私の耳では違いがよくわからなかったのでひょっとしてと思い、「19?」と聞き返したら、目を丸くして「ノット、ナインティ~~~~~ン!」と言い返されました。

こんなふうに、中古市場の価値が確立しているものは相当高いです。だから、写真ではたくさんの中古ゲームが写っていますが、どれもこれも安いわけではありません。よって、そんなにポンポンと売れていくわけではありません。


P1200328
このメトロポリスも84ユーロなんでしょうかねぇ?いや、2を消していて14ユーロか。84に見えるけど。


P1200266
今回、カタンブックを買いたいと思っていたところ、最初のお店に3つ在庫がありました。どれも新品でそのうちの一つ目の箱を開けたら58ユーロの値札がついていました。ちょっと高いと思い、周回してから再度戻り買うことにしたのですが、別の在庫を開けたら48ユーロの値札が入っていました。さっき見たのと10ユーロ違うけど良いの?と聞いたら構わないということで購入しました。ゲームの外箱に値札のシールを張っているのもあれば、箱の中に金額を書いたメモが入っている場合もあります。

その後、別のお店でシュリンクパック状態のカタンブックが38ユーロで売られていたのを見かけ、少しがっかりしましたが、、、。まぁこのように、お店によって値段が違いますし、同じお店の中でも値段が違うことがありますので、焦って買わないほうが良いかもしれません。


2回目のエッセン訪問を終えて感じることは、やっぱ良いところだなぁと。ドイツの屋台で売られているホットドッグとか、ジャガイモ料理とか、美味いんだよねぇ。そういうのにも魅かれ、また行きたくなるのです。来年も休暇が取れればまた行きたいと思っています。


<おまけ>
Img_1215
インスブルックのショッピングモールのトイレの洗面台。手をかざすと水が出てきます。排水は円周の溝へ自然と流れていきます。蛇口からの水が止まるときに少しだけ円の中央に水が残るようになっています。初めて見ましたがスタイリッシュでインパクト大。素晴らしかったです。


Img_1178
ガルミッシュパルテンキルヘン郊外のパルトナック渓谷。


Img_1281
インスブルックの街並み。例年まだ雪は積もっていないようです。昨年は訪問直前に雪が降ったので、山に行ったら一面の銀世界でした。


<おしまい>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧