エッセン

2017/11/12

ドイツ紀行2017 その2

エッセン編(最終回)です。

エッセンでの宿泊ですが、今年はいつものウェルカムホテルではなく、ベルリナープラッツそばのホリデイインにしてみました。ホリデイインにはエクスプレスとシティセンターという二つのホテルが互いに近くにあり、3年くらい前に泊まったのとは別のホリデイインに初めて泊まってみました。(朝食付きというのも魅力だったので。)ただ、通いなれたラトハウスのショッピングモール(ホリデイインからだと遠い)が好きなことや、朝食がいまいちだったこともあり、次回はまたウェルカムホテルに戻そうと思います。

今年はエッセンには3日目の土曜日も参加しました。順不同で会場の様子などを紹介します。

P1270446
メモワール44と同じシステムの第一次世界大戦版「グレイトウォー」のフランス軍拡張の歩兵フィギュア(水色)がデモで展示されていました。


P1270486
昨年購入したオークダイスタワーのカラーパネルが売られていました。


P1270491
新作ではないのですが、スペインのメーカーの古代戦カードゲーム。カードが部隊を表していて、ミニチュアゲームのユニットのようにゲージで測り、カードを機動させるものです。


P1270492
こちらも同じメーカーの第二次世界大戦(欧州戦線)のカードゲーム。4×3のグリッドが用意され、そこに部隊カードを配置し、機動させるもの。箱の中に、組み合わせて作る厚紙のフロアボードがついていますが、布マップも売られていました。


IMG_4612
中古屋の様子


IMG_4613
スノードニアの「お茶」版。デモが紹介されていました。


IMG_4614
ゲーム用テーブル。うちはこたつですが、こういうのも欲しいなぁと毎年思います。


IMG_4566
2日目(金曜)の朝、往きのトラムでMさんに会い、一緒にゲームをして回りました。頭につけたマグネットで自分の色の球を取り便器に入れるもの。


IMG_4570
Tummple! ダイスを振って出目に対応した積み方(縦、横、側面など)をし、崩した木片の数が失点となるゲーム。面白いのは出目により、白と黄色のおはじきを積むことがあります。白はただの邪魔ですが、黄色が置かれた木片には以降、何も(木片も、おはじきも)乗せることができなくなります。このため、ゲーム中、何度かやばい状況が生まれては、また楽な状況になりと、メリハリが生まれます。これはバウザック系のゲームの中でもなかなか面白いと思いました。20ユーロ。


IMG_4572
昨年のクラスクに続き、今年はこの「ボンク」が流行っていました。2対2のチーム戦で、パチンコ玉3個持ち。スロットから投入し、ボード中央に置かれた木の球をはじいて敵陣に入れればゴール。面白いんですが、4人専用ゲームであることと持ち運びの問題があります。


IMG_4577
アイスクールのジャンボ版。


IMG_4578
ブードゥープリンス。二人でもできるトリックテイキングゲーム。まぁまぁだったかな。


IMG_4580
Nさんが、台湾メーカーのブースを手伝っているらしいということで行ってみました。


IMG_4581
そのメーカー一押しのフォトフィニッシュ。ゲームマーケット秋でも販売するそうです。めくったカードに書かれたダイス目により、車が進むんですが、どの車が一番遠くまで進むのかを瞬時に判断して、その組み合わせをプロットし、答え合わせをするひらめきパズルゲーム。なかなか面白かったです。


IMG_4585
ファランクスゲームズがデモプレイをしていた潜水艦の協力ゲーム。興味を持つ人も多いと思いますが、メーカーがファランクスということで非常に不安。(ディベロップ不足というか、いまいちなゲームが多い。)


IMG_4597
インドネシアのメーカーがいくつか面白そうなゲームを扱っていました。これはフェスティバルという同時プロット先移動ゲーム。


IMG_4599
バティックという伝統工芸(ろうけつ染め)の制作をモチーフにしたゲーム。


IMG_4646
病人に薬を届けて治療するゲーム


IMG_4604
持ち込み数が少なかったため、エッセン受け取りのプレオーダーで全商品がエッセン前日に完売というパンダザウルスゲーム。そのなかでもコースターパークというジェットコースターを作ってビー玉を転がすゲームに注目が集まっていました。欲しいという人がブースをひっきりなしに訪れていました。先行生産分のみの持ち込みだったようで、本格供給は12月ごろとのこと。私も興味を持ったのですが、パーツの競りが、親の指値一発勝負であったり、また、組み立てたレーンの上を、うまく球が転がらないようで、BGGでもクソゲー評価になっています。(4点台)今後、通販で買おうかどうかすごく悩んでいるゲーム。


IMG_4625
3番ホールの割と目立つところにブースを出していたTACTIC社。新作のチケットトゥライド系ゲームが面白そうで説明を聞きお試しプレイをさせてもらいました。共通の場に出ている「出発地&目的地カード(ベルリンからパリへ等)」を達成して得点を稼ぎます。先の例だと、ベルリンとパリのカードを距離の分だけプレイ(支払)できればいいのですが、他のバスが路線上に残っていると、追加のカードを支払わなければなりません。平たく言えば、ルートが渋滞するチケットトゥライド。迷ったけど買いました。25ユーロ。作者もいたのでマップにサインをもらいました。


IMG_4637
クラマー氏がサイン会をしていました。


<飲食編>

P1270470
今年は3日とも、ガレリアにあるこのスタンドで昼食を買いました。常に行列していて人気があります。


P1270472
ブラットブルスト。(焼きソーセージwithパン)


IMG_4592
カリーブルストを注文した際、付け合せはポム(ポテト)と言ったのに、先にパンをのせてしまったので、ポテトが別注文になってしまった様子。


IMG_4626
エッセンでの夜食。毎年必ず複数回行くお気に入りの中華。ラトハウスのショッピングセンターにあるアジア料理店(タイカリーデリ)です。ショッピングモールはほかにもありますし、アジア料理を出す店もたくさんあると思いますが、ここが一番おいしいと思います。ライスかヌードルか選ぶんですが、隣の人がミックスを食べていたので、注文してみたら作ってくれました。


IMG_4649
昨年発見したバームクーヘン。エッセン会場にて。4ユーロ。2年目ということもあり、今年は1回しか買いませんでした。


IMG_4651
これまた恒例の、デュッセルドルフ空港、メーベンピックのアイスクリーム。帰国前に必ず食べます。200円くらいと安く、とてもおいしいです。


<今年の戦利品>

IMG_4560
初日の戦利品。


IMG_4629
2日目の戦利品


IMG_4653
3日目の戦利品は、機内手荷物として持ち込みました。


IMG_4662
今回の戦利品一覧その1


IMG_4663
今回の戦利品一覧その2


IMG_4664
今回の戦利品一覧その3


以上です。おしまい。
休みが取れたらまた来年も行きたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2017 その1


毎年恒例のエッセン旅行記です。

10月20日(金) 成田発→デュッセルドルフ→チューリッヒ空港近隣ホテル泊
10月21日(土) チューリッヒ→フィルスト観光→インターラーケン・4泊
10月22日(日) ゲルマーバーン乗車→アーレシュルフト渓谷→メイリンゲン観光
10月23日(月) ロイカバード・スパ入浴
10月24日(火) フィーシュ→エッギスホルン・アレッチ氷河→ベットマーアルプ・ハイキング
10月25日(水) インターラーケン→チューリッヒ→デュッセルドルフ→エッセン・3泊
10月26日(木) エッセンシュピール
10月27日(金) エッセンシュピール
10月28日(土) エッセンシュピール→デュッセルドルフ空港→
10月29日(日) →成田着→帰宅

今年の往路は成田→デュッセルドルフ便が一番安かったので往復とも同じ成田発着のデュッセル便にし、初めて空港まで車で行ってみることにしました。駐車場は空港併設のオフィシャルのもので上記日程で駐車料金は約1万円でした。スカイライナーで行くよりも少し高くなりますが、特に29日の帰りの日が土砂降りだったので車で帰れて楽でした。 (往路の中央道が渋滞で、調布インターから成田まで3時間もかかり、少し焦りましたが。)

また、例年は土曜日発で行くのですが、迷っているうちに飛行機代が値上がりし始めたので、金曜から休みを取って行きました。成田→デュッセル→チューリッヒ、チューリッヒ→デュッセル、デュッセル→成田、の行程で17万円弱でした。

エッセン入り前のスイスですが、毎年アルプスの山々を見ながらハイキングをしています。例年10月の3週目くらいで夏シーズンが終わってしまうのですが、今年の場合はロープウェイやケーブルカーなどの交通機関が10月22日で終了してしまうものが大半だったので、土日で運行が終わるところを優先し、通年営業しているようなところを月・火で回るようにしました。

出発前の情報では、土曜から火曜にかけて雨がちな天気予報であったため、ハイキングは難しいかなと落胆していたのですが、結果的には、日曜と月曜に少し崩れましたが、天気に合わせてスケジュールを調整するなどして、うまく立ち回ることが出来ました。


<<まずはその1観光(スイス)編です>>


<金曜日>
IMG_4042
金曜夜はチューリッヒ空港に近いホテルに宿泊しました。30分間隔で無料シャトルバス送迎(片道10分程度)があります。朝食がなんと朝4時から提供ということで、翌日は早朝から移動が可能です。到着した日の夜に無理して目的地に鉄道移動するよりも、一泊して翌朝の早い時間に鉄道移動する方が得策と考え利用しましたが正解でした。


<土曜日>
IMG_4072
インターラーケンからベルナーオーバーラント地方に入り、フィルストという観光地へ。新しくフィルストウォークという崖沿いの散策路ができていました。


IMG_4101
名峰シュレックホルン。風があり湖面に(逆さシュレックホルン)は映りませんでした。


P1270200
ブランコ式のものは以前乗りましたが、新しいアトラクションで、スーパーマンの格好で鳥のように滑空できるもの。体験しました。


IMG_4118
その後、バギーで下ります。これも新アトラクション。


P1270210
さらに、バイクで下ります。ツェルマットで乗ったことがありますが、フィルストにも登場。


P1270216
変わり種パター。これは老若男女楽しめていいですね。


P1270230
その後メンリッヒェンという丘に行きました。雪山は左から、アイガー、メンヒ、ユングフラウです。


IMG_4173
スイスは物価が高く飯はまずいです。これはインターラーケンオスト駅すぐ近くの中華料理屋のもので味はよかったです。この中華丼風のもので2000円です。


<日曜日>
IMG_4177
ゲルマーバーンという最大斜度106度を誇るケーブルカー。


IMG_4224
アーレシュルフト渓谷


IMG_4251
メイリンゲンの街ではお祭りをやっていました。シャーロックホームズ博物館のすぐ横にあった移動遊園地のアトラクションの数々。


IMG_4252
メイリンゲンはメレンゲ発祥の地です。


IMG_4254
メレンゲを使ったスイーツ。


<月曜日>
IMG_4288
この日は滞在期間中一番天気が悪かったので、ロイカバードという温泉に行きました。水着を着て入る温泉プールです。


IMG_4271
ロイカバードへ向かう途中の景色。ブドウ畑など。


<火曜日>
P1270286
この日は快晴。エッギスホルン展望台に、アレッチ氷河(世界遺産)を見に行きました。前日降った雪の影響で苦労しましたが、なんとか岩の道を進みました。


IMG_4445
アレッチ氷河。遠くに見えるのが、アイガー、メンヒ、ユングフラウです。ちょうどメンリッヒェンとは逆側からの景色です。


P1270380
その後、ベットマーアルプという村まで雪まじりの道をハイキングをしました。遠くの方に小さくポツンと、とんがっている山はマッターホルンです。


<水曜日>
IMG_4537
この日は移動日です。スイスからエッセンへ。ペッパーコーンで恒例のステーキを食べました。お店に入るとき名古屋のNさん一行と会いました。


IMG_4540
後ろの方の席に、ステファンフェルド氏と思われる方がいました。


IMG_4543
さっそくスーパーで豆を大量購入。これで職場へのお土産はばっちりです。
同じメーカーのピーナッツも意外とおいしくて、赤い方だったかな。塩味のやつ。次回はこれも大量買いしたいです。

というわけで、エッセンシュピール編に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/02

ドイツ紀行2016


毎年恒例のエッセン旅行記です。

10月8日(土) 羽田発→フランクフルト→チューリッヒ泊
10月9日(日) ライン滝観光→インターラーケン(滞在)
10月10日(月) ブリエンツ・ロトホルン鉄道(SL)→トレッキング
10月11日(火) グリンデルワルト、シーニゲプラッテ観光
10月12日(水) ハルダークルム観光→ジュネーブ→デュッセルドルフ→エッセン
10月13日(木) エッセンシュピール
10月14日(金) エッセンシュピール
10月15日(土) デュッセルドルフ観光→デュッセルドルフ空港→
10月16日(日) →成田着→帰宅


チューリッヒ北方にあるライン川唯一の滝
IMG_2994


ブリエンツロトホルン鉄道
IMG_3018


尾根沿いを6時間かけてトレッキングしました。
P1260247


エッセンシュピールに向かう人たち
P1260650


今年初めて気づいたバームクーヘン(揚げパン+メロンパンに近い味でうまいです)
P1260610


キャプテンソナー
P1260652


プレイヤーマットが各種売られていました。
P1260673


周りにスコアリングトラック(クラマーフレーム)が印刷されているものもありました。実際には使いにくそうだけど。
P1260675


ミニチュアゲームTANKS
(簡単なプラモデルを組み立てる必要があります)
IMG_3175


会場の様子
P1260694


初日の戦利品
IMG_3217


二日目の戦利品
IMG_3220


今年は、豆をお土産にたくさん買いました。これ、ホントに美味しいんだけど、日本で手に入らないんだよね。
IMG_3118


以上です。
各種レポートが上がっていると思いますので、今年はあっさりと終わります。
来年も行けたら豆を大量に買いたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/10/16

帰国しました

取り急ぎ今年の戦利品です。

Image_2

ウィンサムのエッセンセット2016 100ユーロ
クイーンゲームズのバーゲン3個で20ユーロ
イスタンブール拡張#2 15ユーロ
P.I. 10ユーロ
フラムルージュ 30ユーロ
アメリカンレイルローズ 15ユーロ
オークのダイスタワー 18ユーロ
アクリルのダイスタワー 27ユーロ

以下、プロモなどの無料のもの
ドミニオンプロモ サウナ
カルカソンヌ Spiel16タイル
スノードニア プロモカード
スカイ島 プロモタイル
ズーロレット プロモ スカンク
エヴォリューション プロモ トカゲカウンター
ラウタペリの袋

ざっと235ユーロでした。例年に比べ購入量が少なかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/13

エッセン入りしました 2016

先ほどエッセンのホテルにチェックインしました。
今年はデュッセルドルフからの鉄道もスムーズにいきました。
明日からいよいよエッセンシュピールですが、前評判を見る限り欲しい新作が全くないという失望感で一杯です。

現時点での購入候補は、毎年プレオーダーしている定期購読のようなウィンサムのエッセンセット、イスタンブールの拡張、ロシアンレイルローズの拡張、スノードニアの拡張、5ユーロで売ってたらP.I.、、、位なもんでしょうか。買おうと思っているのは既存ゲームの拡張と叩き売りの旧作位なもんで、これより魅力的に思える新作が皆無です。

と言いながら、明日の戦利品はどうなるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/04

ドイツ紀行2015 その5

まとめ編ですが、まとめといっても、まぁその他もろもろを写真を交えて紹介します。


これが、エッセン中心部ラトハウスのショッピングモールにあるお気に入りのアジアンフード店です。
いつも焼きそばを炒めている小柄なおじさんが愛嬌たっぷり。エッセン滞在中は毎年必ずここで2回は食事をします。
IMG_1973


ATMなんですが、土曜の夕方にお金を下ろそうとしたら受け付けてくれませんでした。確か土日はATM駄目だったというレポートをどこかで読んだような記憶が・・・。
手持ち現金が数ユーロになり焦りましたが、翌日曜の昼に試してみたら無事下ろすことができました。土曜(日曜も?)の夕方以降はATMが使えないので注意です。
P1250221


今回初めて日曜まで現地に滞在したのですが、ベルリナープラッツにある大きなショッピングモールが丸々お休み。
日曜にショッピングモールが閉店しているなんて、日本では考えられません。
本当に日曜はどこもやってなくて、最後に少しカードゲームでも買おうかと思っていたのですが、結局買えませんでした。
P1250232 


これまでドイツ最終日はケルンに立ち寄ることが多かったのですが、今年はデュッセルドルフを観光してみることにしました。
P1250240

オランダ風フライドポテト専門店
P1250241 


マヨネーズとケチャップがあるのですが、ほとんどの人がマヨネーズを注文していました。
最初にケチャップを頼んだので、改めてマヨネーズも注文。右のトレイはカリーブルストです。
IMG_2076

ライン川沿いにはカフェというかオープンテラスのビアガーデンがありにぎわっていました。
IMG_2086 


ライジーファーのケーキで一休み
IMG_2089 


ライン川沿いにあるタワーに上ってみました。
IMG_2115



というわけで、今回もスイスに行き、マッターホルン観光をたっぷりとしてきました。ツェルマットの街はとても雰囲気がよく、また泊まったホテルのサービスもよかったです。
2016年もまたスイスに行きたいなぁと思っています。


日本人橋からのマッターホルン
IMG_0917 


ゴルナーグラードの展望台から見たモンテローザ(中央のふたこぶ)とリスカム(右)。
モンテローザの両側に流れるのがゴルナーグラード氷河。
IMG_1159


レマン湖の噴水
IMG_0284 

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2015 その4

シュピール編続きです。


ゲーム大賞受賞作のホーマスツアーに似た自転車レースのゲーム
P1250060 


ミニチュアバトルゲーム
戦車の砲塔が可動します。
P1250063


ゲーム用テーブルも売られていました
P1250070


ボードゲームギークのライブ配信ブース
IMG_2008


アクセサリー類
昨年は見かけませんでしたが、今年は大々的に売っていました。
ただし、結構いい値段しますので、買うまでには至りませんでした。
P1250095

P1250096

P1250097


中古ブース
P1250105


5ユーロのたたき売りゾーン
ハイジとペーターをここで見かけ、一応購入しました。
P1250110


P1250124


P1250125 


シエラマドレのブース
P1250143 


エイリアンフロンティア関連商品
IMG_2020 


カスタマイズトークン関係
P1250151


P1250152


カメラ目線でポーズをとってくれました。
食べ物を持参し、食べながらプレイする人も多いです。
P1250176


メガシビライゼーション
P1250177


P1250192 


WWEのプロレスゲーム
P1250194 


モンバサのルール説明をするおじさん。
クルクルポテトを持ったまま、ずーっと説明し続けていました。お手拭きに油が染み出て真っ黄色。
一口も食べることなく、一生懸命説明している姿に感動し、ここでモンバサを購入しました。
P1250195


ザンベジ川
カードを使ったボートレースのゲーム。ドイツ人カップルと、ブースの人と4人でプレイしました。
IMG_2058


メガシビライゼーションのプレイ風景
IMG_2059 


カードのイメージはこんな感じです。
IMG_2064


今年は木、金、土と三日間参加しました。
P1250210

まとめに続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2015 その3

シュピール編です。基本的に写真だけですが、キャプションが付いているものもあります。
クリックしても写真は拡大しません。まぁ良いよね。 量が多いので2回に分けます。


初日の朝は小雨交じりでした。
IMG_1917 

ワレス御大によるシップスのインスト風景
P1240959

「一緒に写真を」とお願いしたら、快く撮らせてくれました。
IMG_1922

Heroes of Normadie イベント用ビッグコンポーネント
第二次世界大戦を扱った戦術級ゲームですが、ゾンビと戦うモジュールもあるようです。
P1240961

コマンドアンドカラーズやメモワール44と同じシステムの第一次世界大戦版。
BGGでも評価は高いようですが、塹壕戦なのとプラモデル風のコンポーネントに躊躇。
P1240965 

スプロッターのブース。フードチェーンマグネイトが山積み。
散々迷って購入は見送りましたが、3日目には売り切れていました。
P1240978 

ドイツスカート協会のブース。物欲しそうにしていたらバッグをくれました。
P1240986

中古ブース
P1240992


P1240993 

毎回18系鉄道ゲームを販売しているブース。
P1250002 

中古ブース
P1250009


P1250012

トラムバーン。プレイしました。
P1250021

カルカソンヌ丘を越えて(邦題はカルカソンヌ農場になったようですね)
これもプレイしました。
IMG_1939

スピードカップス
カードをめくり、イラストの色の配置のとおりにいち早くカップを並べるもの。プレイしました。
子供と一緒に家族で楽しめるゲームです。
P1250024

ギップフェルストゥルマー(シュタインボックの山登り)
フリーゼ作のバースト系ダイスゲーム。絵柄にひかれプレイしました。
IMG_1944

スチームローラーズ
ダイス版の蒸気の時代(スチーム)
プレオーダーしていたので購入しました。
IMG_1964 

ワレスの「P.I」がとうとう5ユーロになっていました。山積み。
IMG_1965 

二日目だったか、三日目だったか、エッセン中央駅のトラム乗り場。
会場へ向かうトラムのホームは入場規制をしていました。
IMG_1995

クイーンゲームズの販売コーナーの一角。
1つ10ユーロ、3つで20ユーロ等のまとめ買いバーゲンをやっています。
時間によって適宜ゲームが入れ替わるので、暇を見つけては見に行きました。
P1250038

7番ホールだったかな?今回拡張となった奥の方のホール。
同人ゲームというか、手作り感のあるプロトタイプ風のゲームを扱う小さなメーカーが机に並んで出店していました。
P1250045

イタリアのメーカーによる、ミニチュアを用いた精緻な戦術級ゲーム
IMG_2007 

The 7th continent
P1250053
おそらく2016年もっとも話題になると思われるパラグラフアドベンチャーゲーム。今回のエッセンではプロトタイプによるデモプレイが行われていました。
地形等が書かれたカードに選択肢(655などの数字)が書かれていて、選んだ進路なりアクションに書かれている数字のカードを次にめくるという、アドベンチャーブックゲーム風のもの。テールズオブアラビアンナイトなんかが好きな方には良いんじゃないでしょうか。キックスターターで出資を募っていて、拡張パックの案内も出ていたと思います。個人的にも注目しています。

プレイ風景なんですが、よく見えないですね。
P1250054 


その4に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/03

ドイツ紀行2015 その2

エッセン編です。

水曜日に、ジュネーブから空路デュッセルドルフ入りした後、列車に乗ってエッセンに向かいました。デュッセルドルフ空港駅の券売機でエッセンまでの切符を買おうとしていたら、クレジットカードが受け付けられず、まごまごしていたら、若い兄ちゃんに、「エッセンに行くなら5人グループ券を買ってあるので一緒に行かない?」と誘われました。普通に買うと12ユーロくらいの距離のところを1~2ユーロ安い値段を提示されたのですが、一緒に行動しなくてはいけないし、なんかめんどくさいので断ったところ、このほうが安いのになぜ一緒にいかないんだ?という感じで不思議そうにしていました。

手持ちのユーロ(現金)はなるべく使いたくなかったのですが、この時はカードを受け付けなかったので、やむなく現金で切符を購入し、列車でエッセンに向かいました。例によってドイツの鉄道はよく遅れるので、ホームで少し待ってから乗車。順調にデュイスブルグまでやってきました。次はエッセンのはずですが、なかなか着かない。なんかおかしいなぁと思っていたら見慣れない駅に到着。ホームを見ると「アルテエッセン」の文字が。うぉー、今年も北回り路線になってしまったのかぁとしばし悶絶。帰国後に分かったことですが、事故の影響でエッセン周辺の鉄道線は迂回ルートを取っていたようです。でもそんなことは分からないので、北回りでやがてエッセン中央駅に行くのかもと、もう一区間乗ってみることにしました。

そして着いた駅が、、、
IMG_1908
ゲルゼンキルヒェン!!
一昨年も来たよ!(詳しくはドイツ紀行2013を参照)

さすがに二度目ということもあり、勝手知ったるなんとかで、アルテエッセンまで鈍行で戻り、トラムを使ってエッセン中心部に行くことにしました。

ウェルカムホテルエッセンに到着。お気に入りのアジアンフード店があるショッピングモール「ラトハウス」に近いことと、wifiが早いこと、宿泊費が比較的安いこと、等の理由で昨年に引き続き今年も宿泊しました。エッセン滞在中の食事はこんな感じでした。

到着した水曜の夜食 ケバブサンド
IMG_1909

エッセン会場での初日木曜の昼食 カリーブルスト
ポテトの下にぶつ切りのソーセージがあります。
P1240981

エッセンシュピール初日 木曜の夜食
ラトハウスのショッピングモールにあるお気に入りのアジアンフード店にてベジタブル中華丼
IMG_1974

エッセンシュピール二日目の昼食
P1250087

金曜の夜食 ペッパーコーンにてハンキングテンダーステーキ
IMG_2030

エッセンシュピール三日目の昼食 ポークステーキバーガー
P1250181

土曜日の夜食 アジアンフード店で、今度は麺にしてみました。
P1250218


シュピール編はその3で。まとめて写真をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ紀行2015 その1

だいぶ日が空いてしまいましたが、2015年のエッセンを振り返りたいと思います。エッセン参加も4回目(年目)になりました。
2015年は曜日に恵まれ、体育の日の休日を利用する事が出来、例年よりも一日長く現地に滞在することが出来ました。また、往路で羽田の深夜便を初めて使ってみました。

<2015年10月の旅程>
2金 自宅→羽田(深夜)
3土 羽田(午前1時)→フランクフルト
→ジュネーブ(レマン湖の噴水観光)
→ローザンヌ→キュリ(ワイン畑観光)
→ローザンヌ→ツェルマット(泊)
4日 ツェルマット(マッターホルン観光)
5月 ツェルマット(マッターホルン観光)
6火 ツェルマット(マッターホルン観光)
7水 ツェルマット→モントルー(クイーンエキシビジョン観光)
→ジュネーブ
→デュッセルドルフ
→エッセン(泊)
8木 (エッセンシュピール)
9金 (エッセンシュピール)
10土 (エッセンシュピール)
11日 エッセン→デュッセルドルフ(ライン川岸観光)
→デュッセルドルフ空港
12月 →成田


航路は「羽田→フランクフルト→ジュネーブ、ジュネーブ→デュッセルドルフ、デュッセルドルフ→成田」の3回(4区間)で、6月に全日空とルフトハンザのサイトで航空券を購入しました。往路を「羽田→フランクフルト→ジュネーブ」と一括で購入すると往復で25万くらいと表示されたので、「羽田→フランクフルト」と「フランクフルト→ジュネーブ」を別々にしたところ、往復で18万まで下がりました。この辺りの仕組みがよく分からないのですが、まぁ分割したり一括にしたりと色々と試してみると金額が変わるようです。

・全日空のサイトで約15万円 羽田→フランクフルト、デュッセルドルフ→成田
・ルフトハンザのサイトで約3万円 フランクフルト→ジュネーブ、ジュネーブ→デュッセルドルフ

これまでの経験から、航空賃は往復で18万円位を目安にしていたので、羽田深夜発のドイツ直行便という人気路線でありながら、手頃な金額で購入できたと思います。この後、秋にかけてこの便はどんどん値上がりしていましたので、来年以降もこの区間を使うなら早めに購入した方が良さそうです。

日本とドイツの往復は、全日空とルフトハンザとの共同運行なので、ルフトハンザのサイトでも購入できたのですが、座席指定が出来ませんでした。昨年利用したスイス航空も座席指定が出来ませんでしたので、こうしたサービスは日本の航空会社の方が進んでいるのかもしれません。(ルフトハンザは便と予約クラスによって無料または有料で座席指定が出来る場合があります。またスイス航空はスイス航空の会員登録をし、スイス航空のサイトから購入すれば出来る場合があるようです。)

10時間以上にわたる長距離路線なので座席指定は必須です。そして必ずトイレに行きやすい通路側を取るようにしています。帰路のデュッセルドルフ→成田便は座席が3・3・3という悲惨な配列で、窓際の人なんか10時間以上トイレに行けないことを覚悟しなくてはなりません。

往路について、これまで日中の便で日本を発っていたので、機内ではなかなか眠れなかったのですが、夜中の1時頃に羽田を出発する便にすれば退屈な機内の時間の大半を寝て過ごせるのではと期待していました。確かに昼の便に比べるとうとうとはしますが、やはりぐっすり寝ることは出来ず、結構きつかったです。帰路は昨年から使い始めたデュッセルドルフ夜8時発の成田直行便ですが、こちらは往路以上にきつかったです。なんか足がむくんで寝るに寝られず。まぁ現地での滞在時間を最大限に活用するにはこの路線しか無いのでしょうがありませんが・・・。

昨年に引き続き、エッセン入りする前の観光はスイスにしました。スイスは物価が高く、感覚でいうと日本の2.5倍位です。労働者の最低時給は2000円以上だとか。色々と出費はかさみますが、ドイツ以上に洗練されていて、きちんとした大人の国という印象なので気に入っています。美しいアルプスの山々を目当てに今年もスイスに行ってきました。時系列に沿って、ざっとスイス観光の様子を写真で紹介し、エッセン編はその2で紹介します。

ジュネーブ レマン湖の噴水(ジェッドー)
IMG_0224

レマン湖北岸に広がる世界遺産のワイン畑(グランヴォー、ラヴォー地区)をめぐるトレインツアー
IMG_0338

ツェルマットの街から見たマッターホルン
P1240502

マッターホルン
IMG_0868

ハイキングの途中で出会った羊たち
IMG_1550

モントルーにあったミューラー(だったと思う)というスーパーのゲームコーナー
IMG_1736

続き
IMG_1740
メモワール44(フランス語版)が72スイスフラン(約8700円)で売ってました。基本的に物価が高いのでゲームも高いです。

モントルー湖畔にあるカジノ
IMG_1745

このカジノの中に、クイーンのメモリアルスペースがあり、ゆかりの品が展示してあります。
IMG_1754

カジノの横壁に移設された、伝説のマウンテンスタジオの扉。
世界中のファンが寄せ書きをしに来ています。
IMG_1855

モントルーのマクド。
IMG_1874

グリュイエルチーズバーガーのセットを買ってみました。
IMG_1886
ダブルクォーターパウンダークラスのバーガーです。単品16.99スイスフラン(約2000円)!
だいたい、ふつうのハンバーガーやフィレオフィッシュが単品11.99スイスフランだったので、1スイスフラン120円として1500円!
バーガー1つ1500円ですよ。セットのポテトとドリンクは2フラン程足すだけでいいのですが、それでも1800円くらいですかね。
私が食べたグリュイエルバーガーはポテトとドリンクがついたセットで約2400円!高い!世界一高いマクドナルドという噂は伊達ではなかった!!
ちなみに、味は普通です。チーズのクセがやや感じられました。

エッセン編へ続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧